また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

札所28番 橋立堂(ふだしょにじゅうはちばん はしだてどう)

最終更新:suge-gasa
橋立堂 写真一覧へ 秩父28番札所橋立堂です。
28番札所橋立堂 ここから、右に行きます
前回最後に来た、28番札所 橋立堂まで戻って来ました
橋立堂の本尊は馬頭観音で、「札所中唯一の馬頭観世音で、高さ26.5cm、漆箔三眼、三面三臂の坐像で鎌倉時代の逸品だが、現在三臂並びに馬頭を欠いているのが惜しまれています。秩父札所28番の馬頭観音は、六観音・八大明王の一つで、冠に馬頭をいただき、身色は赤で、いかりの相を表し、一切の魔や煩悩を打ち伏せるといいます。」(札所巡りHPより)
基本情報
標高 295m
場所 北緯35度57分37秒, 東経139度03分39秒
カシミール3D
秩父三十四箇所 第28番石龍山橋立堂。
境内に橋立鍾乳洞がある。
駐車場
トイレ
食事

山の解説 - [出典:Wikipedia]

橋立鍾乳洞(はしだてしょうにゅうどう)は、埼玉県秩父市上影森にある鍾乳洞。
秩父三十四箇所28番の石龍山橋立堂に隣接。県内でも唯一の観光洞である。洞内の3分の2以上が竪穴という大変珍しい鍾乳洞で、1936年(昭和11年)3月31日に埼玉県の天然記念物に指定されている。
この鍾乳洞は、全山石灰岩といわれる武甲山の西端の麓に位置しており、長い間の雨水によって溶かされ、洞穴となった鍾乳洞で、洞内は2つの大房に分かれ、いたるところに「鍾乳石」「石筍」「石柱」がある。これらは、弁天大黒、菩薩、五百羅漢などの名称があり、古くからの信仰の跡を残す。所有者は橋立堂である。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「札所28番 橋立堂」 に関連する記録(最新10件)

奥武蔵
  76    3 
2021年05月09日(日帰り)
関東
  36    4 
2021年05月09日(日帰り)
奥武蔵
  95    9 
2021年05月08日(日帰り)
奥武蔵
  55    6 
2021年05月08日(日帰り)
奥武蔵
    1 
2021年05月08日(日帰り)
奥武蔵
  14    1 
2021年05月04日(日帰り)
奥武蔵
  17    6 
2021年05月04日(日帰り)
奥武蔵
  19    8 
2021年05月03日(日帰り)
ページの先頭へ