また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > HB1214さんのHP > 日記
2020年06月30日 12:15滝めぐり全体に公開

滋賀県の滝 48(クロ滝)

高島市眦隋審川-鉢の木谷-別当谷にある「クロ滝」です。

比良山の名のある滝としては、一番マイナーな滝ではないだろうか。
「山と高原地図」には記されているが、訪れた人は非常に少ないのではないかと思う。
富坂口から針の木谷の林道を歩くと、ひとつ小さな滝がある。落差5mもないものだがそこそこ絵になる滝だ。
林道が谷をまたぐ橋からも別の小滝が見える。これは滝とも言えないほどの小さなものだが、なぜか三重県大杉谷の「七ツ釜の滝」を連想させる。山梨県尾白川の「神蛇滝」にも似ている。
これは次回の滝紹介で番外編として紹介することにしたい。

「クロ滝」は別当谷を遡るとあるが、「山と高原地図」での滝マーク箇所ではなく、それよりひとつ奥の谷にある。
地図の滝マーク箇所にも滝はあることはあるが、岩が濡れている程度で岩肌にモウセンゴケが生えているもの。これに名前を付けるようなものでもなく、奥の谷にある滝の方が水量も規模も勝り、岩が黒っぽいと言うことで、こちらの方が「クロ滝」で間違いないだろう。もっとも「クロ滝」は黒滝なのかどうかは知らないけれど。

1枚目は林道脇の小滝、2&3枚目がクロ滝

富坂口から林道を30分、のち谷歩き10分でクロ滝に着く。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:50人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ