また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > solosolokunさんのHP > 日記
2021年06月11日 07:21未分類全体に公開

通勤読書[藤裏葉(ふじのうらば)](源氏物語)

[32/梅枝]の次の帖は、[33/藤裏葉]です。

タイトルの由来の歌(古歌)
[雲井の雁]の父親([紫の上]の兄)が「藤の裏葉の」と、口にします。
〈春日さす 藤の裏葉の うらとけて 君し思はば 我も頼まむ〉

(君が心を開いてくれるなら君に任せよう)
以前2人を別れさせていました。


夕霧の歌
〈いくかえり 露けき春を 過ぐし来て 花のひもとく をりにあふらむ〉

(あれから何度春を涙で過ごしてきたことでしょう。今年は花の開く嬉しい春に逢いました)

この帖は、『源氏物語』第一巻の締めの巻となるようです。

【写真】ネジバナ(根都古草/もじずり)
〈芝付の 御宇良崎なる 根都古草 逢ひみずあらば 吾恋ひめやも〉万葉集(東歌3508)
(根都古草の花のように可愛いお前と、逢わないでいたら、こんなに焦がれはすまいものを)

(このへんと思った場所に見当たらず、マンテマ苅られ、そこにネジバナ)居彷人
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:84人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ