また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > solosolokunさんのHP > 日記
2021年10月14日 05:30未分類全体に公開

📖通勤読書[平安かさね色草子]終わり

いくつかのこと
*[後宮十二司]
後宮に仕える女房の組織
(内侍司・蔵司・書司・薬司・兵司・闈司・殿司・掃司・水司・膳司・酒司・縫司)

今回は[闈]の文字に悩みました。
*[闈司(みかどのつかさ)]
内裏内の門の鍵の管理・出納を司どった。

*[掃司(かもりづかさ)]
施設の管理・清掃を司どった。

*[女房の報酬]
一年を二季に分けて、春夏分は如月、秋冬分は葉月に。

*[後宮]建物が十二ある


主人公[明里]の父親はお人好し過ぎて貧乏貴族になってしまい、台風で屋根が壊れて雨漏りするし、その修理代を稼ぐことを主な目的に退路を断った形で、今まで[女房]の居着くことのなかった男3人(イケメン)の住む家に[女房]としてアルバイト的に入ったという設定です。

(平安の装束視点のおはなしは、楽しく読めるラブコメ仕立て)居彷人


[源氏物語]などには、お金の話は出てきませんでした。
(一度だけ源氏は、大金を、亡くなった柏木の父親に渡したことはありました)


【写真】🌿セイタカアワダチソウ
写真△髻僚韻凌目]に見立てると[枯れ野襲]になるのかも?

写真は、今朝の生駒山脈の山際。
見上げると、カモが2羽、首を伸ばして、羽をバタつかせながら南東方面に飛んで行きました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:105人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ