また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > masuko121さんのHP > 日記
2018年07月08日 17:56登山記録(コースタイム)全体に公開

秋田駒ヶ岳(敗退)(2018.7.7)

前日の早池峰山下山後は秋田駒ヶ岳の登山口である国見温泉へ移動 緑色の温泉に浸かり長距離運転の疲れを癒しspa早めに就寝し寝不足解消し登山に備えますsleepy

しかし朝起きると雨模様 東京出発前は東北北部だけ雨ではなく曇りの予報だったので、二日目は東京方面に戻る途中の山をやめて、さらに北上し秋田駒ヶ岳を予定したのですが…前線が予定より上にあがってしまったようでした

お天気は仕方がないので、行けるところまで歩いてだめならそこで諦めるつもりで登ると、風が弱いので特に問題なく花の写真など撮りながら進めます。

本日のメインイベントのムーミン谷では、どこまでも広がるチングルマの大群生が素晴らしい。コイワカガミ・アオノツガザクラ・ウサギギク・ショウジョウバカマなども彩を添えています。そして南蔵王以来のヒナザクラは数は多いもののこんな天気では開いてくれていませんでした。ムーミン谷から男岳への急登では、下部はシラネアオイが多く、上部はミヤマダイコンソウ・ニッコウキスゲが沢山咲いていました。

稜線にでると風が強くなり、男岳方面に進むとさらに強風となったので、あと一歩のところで撤退しました。その後、阿弥陀池方面に下りましたがやはり風が強そうなので分岐に戻り、オノエランの多い稜線で横岳、やや遅めのコマクサと終了間際のタカネスミレの大群生のある大砂嵐から、国見温泉に下山しました。

秋田駒ヶ岳を選んだのは天気予報とムーミン谷の花畑の他に、未見のイワツツジとイワブクロが咲いているからです。イワツツジはムーミン谷が咲き始めで稜線でもかなり咲いていました。イワブクロはやはり男女岳方面に行かないと無理かなと思っていたところ、なぜかポツリと一株だけ咲いていて感動でした スミレも、咲き残りのタカネスミレの他、思いがけずオオバキスミレも見ることが出来ました。

国見温泉登山口(7:05)→横長根分岐(7:45)→馬場の小路コース分岐(8:10)→男岳手前(9:15)→横岳(9:35‐9:40)→横長根分岐(10:15)→国見温泉登山口(10:45)

*雨の影響でカメラが故障してしまい、画質の悪い携帯撮影です。

画像1 ムーミン谷のチングルマ群生
画像2 エゾツツジ
画像3 イワブクロ
訪問者数:96人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ