また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > 今月のおすすめルート > 霞沢岳西尾根[バリエーションルート]
ルートID: r1048 ☃ 雪山 1泊2日 槍・穂高・乗鞍 2017年12月

霞沢岳西尾根[バリエーションルート]

公開日:2017年12月01日
濃い緑山行に最も適した時期 薄い緑山行に適した時期
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
冬期バリエーションルートの入門に最適な霞沢岳西尾根。
徳本峠からのアプローチは雪崩の危険性が高いので、冬期は西尾根または南尾根からの登山になります。
ルート長10.2km
登り標高差1328m
下り標高差1328m
行程概要: 釜トンネル(1315m) → 太兵衛平(1501m) → 霞沢岳西尾根 → 霞沢岳(2646m) → 霞沢岳西尾根 → 太兵衛平(1501m) → 釜トンネル(1315m)
Web Services by Yahoo! JAPAN

【槍・穂高連峰】霞沢岳西尾根[バリエーションルート]の詳細解説

\ おすすめポイント /
  • 穂高連峰の大展望
  • 適度な緊張感を味わえる上部岩稜帯
  • 日本二百名山
モデルプラン
1日目
歩行時間:6時間
上高地口ゲート〜釜トンネル〜上高地トンネル〜太兵衛平〜霞沢岳西尾根〜2050m付近
2日目
歩行時間:10時間
2050m付近〜上部岩稜帯〜霞沢岳〜往路下山〜上高地口ゲート
コース概要 釜トンネルの入口となる中ノ湯ゲートから登山を開始する。
年末年始は長野県警の山岳救助隊と北アルプス南部地区遭対協の係員が常駐しているので、ルートの状況などを問い合わせてみるといいだろう。
釜トンネルと上高地トンネルを抜けると太兵衛平に到着する。
松本砂防工事事務所方面に進むと左側にフィックスロープが設置されている。
ここが霞沢岳西尾根の取付き点だ。
最初から急な登りが続き、雪が深いとラッセルに苦しむことろだ。
忠実に樹林帯の尾根をたどると幕営適地となる2050m地点に到着する。
なお、1900m-2100m地点の間に3箇所ほど幕営できる箇所があるが、2050m地点が一番広く快適だ。
翌朝は早い時間からの行動を心掛けたい。
幕営地を出るとすぐに急登が始まる。
途中にはルンゼ状のトラバース箇所があり、滑落と雪崩には注意したいところだ。
シラビソの樹林帯を抜けると森林限界となり、ナイフリッジの雪稜となる。
このルートの核心部となる上部岩稜帯は+ほどで難しくはないが、万一のことを考えればロープを使用したい。
これを登りきると穏やかな尾根が山頂まで続いている。
帰路は往路を戻るが、上部岩稜帯は懸垂下降で下ることをおすすめする。
計画書提出先 長野県警察本部または松本警察署地域課
※登山口に登山計画書提出ポストあり
宿泊 標高1900m-2100m間でテント泊。
交通 松本電鉄新島々駅よりアルピコ交通バス(高山駅行き:1,550円)にて中の湯バス停へ。
さわんどバスターミナルよりアルピコ交通バス(高山駅行き:800円)にて中の湯バス停へ。
JR高山本線高山駅よりアルピコ交通バス(松本駅行き:1,850円)にて中の湯バス停へ。
平湯温泉バス停よりアルピコ交通バス(松本駅行き:560円)にて中の湯バス停へ。
※中の湯バス停=上高地口ゲート
駐車場 登山口周辺に駐車場は無い。
※坂巻温泉や中ノ湯旅館に宿泊の場合は駐車可能。
(登山口まで送迎あり)
※日帰りでも坂巻温泉に駐車できる場合があるので要確認のこと。
アドバイス 必ず1-2日ほどの予備日を設けること。
釜トンネル周辺に駐車場はないので留意のこと。
旧道は通らず新設された上高地トンネルを通行すること。
西尾根の幕営適地は1900m-2100m地点に点在している。
上部の岩稜帯は-卦蘢度の岩場だがコンディションによっては確保することが望ましい。
同岩稜帯の下りは懸垂下降が安全だ。
簡単だからロープを使わないのではなく、大事に至らないためにロープを使うという意識をしっかりと持ちたい。
サブコース 特になし。
エスケープルート 特になし
宿泊・入浴 《坂巻温泉旅館》
梓川渓谷に建つ秘湯の宿。宿泊はもちろん、日帰り入浴も可能だ。
http://sakamaki.yumori.jp/
おすすめ周辺情報 《とく兵衛》
地元でも人気の蕎麦とうどんの店。寒の時期の蕎麦は美味しいのでおすすめ。
https://goo.gl/maps/7KpNqB1LiUA2
《焼肉酒房バグース》
新鮮な肉と貴重な部位が楽しめる焼肉店。
http://r.goope.jp/bagus/
《十字路》
昔ながらのレストラン。洋食が食べたければまずここへ行くとよい。
https://goo.gl/maps/ygxQVzmuW3s
《パティスリー・シュテルン》
長野県内でも広く知られるスイーツの人気店。季節限定の「アルマジロ」はお土産にも最適。
https://stern-1.com/
1
【1日目】
釜トンネル入口の中ノ湯ゲートから登山開始。
年末年始は長野県警と北アルプス南部地区遭対協の係員は詰めているので情報などを尋ねるとよい。
2
釜トンネルは長く急な勾配が続く。
3
2016年7月に開通した上高地トンネルを抜けると焼岳方面の展望が開ける。
4
上高地トンネルを抜けるとわずかな距離で太兵衛平に到着する。
松本砂防工事事務所の案内表示板に従って右へ進む。
5
砂防事務所へ続く車道をたどる。
場合によっては除雪されていることもある。
6
左手にフィックスロープが下がる急斜面が現れる。
ここが霞沢岳西尾根の取付地点だ。
7
取付から尾根上に出ても急斜面の登りが続く。
雪が深いとラッセルで難儀する箇所だ。
8
雪が少ない場合は歩きやすい踏跡をたどる。
9
初日の幕営地に到着。
1950m-2100mの間に3箇所ほど適地があるが2050m地点が一番広く快適だ。
10
【2日目】
幕営地点から霞沢岳の山頂を目指して出発する。
翌朝は早い時間から行動を開始したい。
11
すぐに長く急な登りとなる。
なおルンゼ状の斜面をトラバースする箇所があるが滑落や雪崩に警戒したいところだ。
12
尾根は痩せているが樹木の密度があるため高度感はさほど感じない。
13
シラビソの樹林帯を登れば間もなく森林限界だ。
14
森林限界に出ると右手に雪庇が張り出した尾根上の登高となる。
15
上部岩稜帯まではナイフリッジが続く。
ここは慎重に行動したいところだ。
16
このルートの核心部となる上部岩稜帯を登る。
+ほどで難しくはないがロープでの確保が望ましい。終了点付近には灌木が豊富にあるので支点探しに困ることはないだろう。
17
岩稜から山頂へ続く頂稜に出る。
素晴らしい展望と高度感だ。
18
山頂へ続く稜線から焼岳を見下ろす。
ここから山頂までは快適な登高が続く。
19
山頂部は広く悪天候時には見極めが難しいので注意が必要だ。
20
やや左手奥に進めば霞沢岳の山頂に到着する。
21
山頂からは穂高連峰の大展望が広がる。
左手には笠ヶ岳から双六岳方面の稜線が続く。
22
南側には乗鞍岳と木曽御嶽山がそびえる。
23
山頂からの下りは岩稜帯の通過に注意を払いたい。
24
核心部の下りは懸垂下降が安全だ。
簡単だからロープを使わないのではなく大事に至らないためにロープを使うという意識をしっかりと持ちたい。
25
幕営地点に戻りテントを撤収して往路を下山する。
26
【入浴】
「坂巻温泉旅館」は駐車場も兼ねて利用できる。
冬期は休業することもあるので営業日を確認のこと。
27
【おすすめ周辺情報】
真冬の蕎麦は美味い。
「とく兵衛」は地元でも人気の蕎麦とうどんの店だ。
28
【おすすめ周辺情報】
「焼肉酒房バグース」では新鮮な肉と貴重な部位が楽しめる。
29
【おすすめ周辺情報】
「十字路」は昔ながらのレストラン。洋食が食べたければまずここへ行くとよい。
30
【おすすめ周辺情報】
「パティスリー・シュテルン」は県内でも知られるスイーツの人気店。
季節限定の「アルマジロ」はお土産にも最適だ。
※上記の情報は変更になる場合があります。最新の情報については、出発前に現地の各関係機関にお問い合わせいただく事をおすすめします。

このルートで登る山/通過する場所

ページの先頭へ