ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 源次郎岳

源次郎岳(げんじろうだけ)

最終更新者 koiz
基本情報
標高 1476.6m
場所 北緯35度41分48秒, 東経138度47分57秒
山頂

源次郎岳の日の出・日の入り時刻

02/27(月) 02/28(火) 03/01(水) 03/02(木) 03/03(金) 03/04(土) 03/05(日)
日の出 6時11分 6時10分 6時9分 6時8分 6時6分 6時5分 6時4分
日の入り 17時45分 17時46分 17時47分 17時48分 17時49分 17時50分 17時51分

源次郎岳 (標高1476.6m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
2
平均気温
-3.9
最低気温
-9.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 6.7 時間/日
降水量 1.7 mm/日
最深積雪 21 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

源次郎岳
源次郎岳に向かう 紅葉がきれいすぎる
源次郎岳分岐
さて林道を左に入り、源次郎岳分岐に上がる
源次郎岳が見えたが ここはすでにルートを外れている

山の解説 - [出典:Wikipedia]

源次郎岳(げんじろうだけ)は、山梨県甲州市にある山である。標高は1,476.6メートル。山梨百名山の一つ。
大菩薩嶺から日川をはさみ、東側に大菩薩連嶺(小金沢連嶺)、西側に日川尾根があり、この尾根の中心となる山である。
山名の由来は、木曾義仲の乳母父である中原兼遠の従臣、岩竹源次郎が源頼朝の手勢に追い詰められ、山頂の南西側の枡岩と呼ばれる大きな岩の上で自害したという伝説がある。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「源次郎岳」 に関連する記録(最新10件)

関東
  10    8  1 
2017年02月15日(日帰り)
奥秩父
  34    33  2 
2016年12月06日(日帰り)
富士・御坂
  21    31  2 
kyookooNobu0109, その他2人
2016年11月30日(日帰り)
奥秩父
  56     39  4 
2016年11月20日(日帰り)
未入力
  
2016年11月05日(日帰り)
奥秩父
  11    7 
2016年10月30日(日帰り)
奥秩父
  53     11 
2016年09月17日(日帰り)
奥秩父
  40    8 
2016年07月16日(日帰り)
甲信越
  22     14 
2016年06月27日(日帰り)
ページの先頭へ