また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

八海山大崎登山口(はっかいさんおおさきとざんぐち) / 大崎口登山口

最終更新:inuyama
大崎口登山口は八海山尊神社の奥にあります。 大崎ダム公園の駐車場は広々たっぷり駐車出来ますね。
八海山尊神社里宮の大崎口からのルートは八海山登山道の一つ。大崎口ルートとロープウェイ山頂駅付近で合流。裏には城内道とある。
食事は八海山大崎口コースの登山口にある、そば処、宮野屋へ。現在3代目。オヤマボクチと、ふのりを使って打つ初代の製法を受け継いでるそうです
大倉口は八海山の登山ルートの中で最も古い登山路である。 山口側の八海山ロープウェイが営業されてからは、大崎口コースが主要路となり、 大倉口コースを利用する人は少なくなったようだが、その分、静かなハイキングが約束される。
再スタートは大崎登山口から、八海山に挑みます。  昔から魚沼三山と呼ばれてきた山群が、国定公園指定後は越後三山と改称され、地理的にも歴史の上でも、由緒ある魚沼の冠称が忘れられつつあるのは惜しい。八海山はその三山の一座で、上越線五日町、浦佐駅周辺から仰望する巨体と、頂稜の岩峰群が人々の視線をひきつける。  登山道は北から大倉、大崎、城内口があり、9合目の千本桧小屋に集結する各コースの合目ごとに、不動尊や猿田彦をはじめ霊神塔の石碑が数多く見られるのは、信仰登山が盛んであった証で、今も白衣姿の信者の登拝を目にする。「八海」の山名については「頂上に連峰八層あり、その形次第に高く階梯を登るが如く、故に昔は八階山と書きし由」とか、「山中に八湖あり、故に八海という、一説に八峡という山中の深谷あり、因って名付く」などの古文書がある。
基本情報
標高 260m
場所 北緯37度07分29秒, 東経138度57分38秒
八海山ロープーウェイを使わずに登るルートの1つ
古くから地元では使われている
八海山尊神社駐車場、宮野屋そば店第2駐車場が利用できる
登山口
登山ポスト
駐車場 神社駐車場100台、宮野屋10台いずれも無料
トイレ

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「八海山大崎登山口」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  70   13 
run100km, その他1人
2018年11月03日(2日間)
北陸
  27    18 
2018年10月18日(日帰り)
甲信越
  
2018年10月13日(日帰り)
甲信越
  76    27  6 
2018年10月08日(日帰り)
甲信越
  41    28  4 
2018年10月06日(日帰り)
甲信越
  67    25 
2018年08月08日(日帰り)
甲信越
  3    8 
2018年07月29日(日帰り)
甲信越
  77    28  2 
2018年07月13日(3日間)
甲信越
  7   23 
2018年06月04日(日帰り)
ページの先頭へ