また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

伊吹山六合目避難小屋(いぶきやまろくごうめひなんごや)

最終更新:alpsdake
基本情報
標高 980m
場所 北緯35度24分45秒, 東経136度23分57秒
・強風で吹き飛ばされた屋根は、2010年春に修復された。
山小屋 避難小屋(トイレなし)
展望ポイント 琵琶湖・鈴鹿山脈

山の解説 - [出典:Wikipedia]

伊吹山(いぶきやま、いぶきさん)は、滋賀県米原市、岐阜県揖斐郡揖斐川町、不破郡関ケ原町にまたがる伊吹山地の主峰(最高峰)標高1,377 mの山である。一等三角点が置かれている山頂部は滋賀県米原市に属し。
古くから霊峰とされ、『日本書紀』においてはヤマトタケルが東征の帰途に伊吹山の神を倒そうとして返り討ちにあったとする神話が残されている。『日本書紀』では「五十葺山」あるいは「膽吹山」などのように記され。かつては修験道においては「大乗峰」と呼ばれていた、新・花の百名山、一等三角点百名山、関西百名山、近畿百名山、ぎふ百山の一つに選定されている。
「伊吹山」の読み方について、国土地理院の登録された山名をはじめ、地図や道路標識などの振り仮名は「いぶきやま」となっており、伊吹山の山麓地域では「いぶきやま」と呼ばれる。一方、「いぶきさん」という呼び方も存在し、滋賀県の伊吹町では「いぶきやま」、美濃尾張方面では「いぶきさん」とする名鑑があるほか、滋賀県内の伊吹山に近い地域では「いぶきやま」、遠い地域になるほど「いぶきさん」と呼ぶ傾向があるとも言われており、岐阜県でも同様の傾向がある。滋賀県、岐阜県、愛知県、三重県の多くの学校の校歌で「伊吹山」に関する語句が歌われている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「伊吹山六合目避難小屋」 に関連する記録(最新10件)

霊仙・伊吹・藤原
  14    48 
2017年11月17日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  41    55 
2017年11月17日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  15    35 
2017年11月13日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  6    9 
2017年11月12日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  10    15  2 
2017年11月12日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  42    34  2 
2017年11月12日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  
2017年11月12日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  36    43  8 
2017年11月12日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  9   20 
2017年11月10日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  1   12 
2017年11月09日(日帰り)
ページの先頭へ