また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

下野国分寺跡(しもつけこくぶんじあと)

最終更新:higashino9

山の解説 - [出典:Wikipedia]

下野国分寺跡(しもつけこくぶんじあと)は、栃木県下野市にある古代寺院跡。国の史跡に指定されている。
奈良時代に聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、下野国国分寺の寺院跡にあたる。現在は整備され、史跡公園となっている。
本項では同じく国の史跡である下野国分尼寺跡についても解説する。現寺院については下野国分寺を参照。
下野市西部、姿川と思川に挟まれた台地上に残る寺院跡である。思川の対岸には下野国庁跡も残っている。一帯は栃木県内最大級の前方後円墳である吾妻古墳・琵琶塚古墳・摩利支天塚古墳が残るように、古代から下毛野氏の本拠地として先進地帯であった。
国分寺・国分尼寺跡は600メートルほどの距離で東西に並んで発掘されており、現在は下野市天平の丘公園として整備されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「下野国分寺跡」 に関連する記録(最新10件)

関東
  
2018年04月29日(日帰り)
日光・那須・筑波
  33    11  2 
2018年04月08日(日帰り)
日光・那須・筑波
  15    3 
2017年08月29日(日帰り)
日光・那須・筑波
  29    9  2 
2017年08月19日(日帰り)
日光・那須・筑波
  75     18  2 
2016年10月10日(日帰り)
関東
  5   7 
2016年04月23日(日帰り)
日光・那須・筑波
  4   8 
2016年01月23日(日帰り)
ページの先頭へ