また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

星ヶ森(ほしがもり)

最終更新:maiko1982
星ヶ森 写真一覧へ 星ヶ森
山門に向いて右後方へ行くと奥の院の「星ヶ森」があります。石鎚山を拝める場所。弘法大師も修行したようです。横峰寺参拝後に向かいます。
基本情報
標高 820m
場所 北緯33度50分07秒, 東経133度06分27秒
カシミール3D
石鎚山の西の遥拝所で、江戸時代中期の寛保2年(1742年)に建立された鉄製鳥居「かねの鳥居」越しに石鎚山を遥拝することができる。
弘法大師が42歳の時、この地で星共の密行をしたことで「星ヶ森」という名になったと言われている。
分岐
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

横峰寺(よこみねじ)は、愛媛県西条市小松町にある真言宗御室派の寺院。山号は石鈇山(いしづちざん)、院号は福智院(ふくちいん)と号す。本尊は大日如来で、四国八十八箇所60番札所。
本尊真言:おん あびらうんけん ばざらだどばん
ご詠歌:たて横に峰や山辺(やまべ)に寺建てて あまねく人を救ふものかな
納経印:当寺本尊、奥の院 星ヶ森・石鈇大権現、四国 (東予) 七福神・大黒天
標高745m付近にあり伊予国では最高所で関所寺、八十八箇所の中で雲辺寺に次いで2番目(本堂の位置で比較)の高さ。本堂の本尊は金剛界大日如来坐像、向って右脇仏は石仙菩薩(しゃくせんぼさつ)、同左脇仏は蔵王権現で、いずれも秘仏であるが、脇陣に安置される右大臣と左大臣像が拝観できる。明治の神仏分離以前は蔵王権現を祀り、その後一時期は石鎚神社の横峰社となった名残りで、本堂の前には一対の狛犬がいる。
湯波と虎杖と白滝の三カ所のいずれかからの険しい遍路道を登るしか行きつけなかったため、麓に前札所のある三つの札所の一つであったが、1984年(昭和59年)当寺より約1.5kmの所まで林道が開通し、あと約30分緩やかな道を歩くのみとなった。その後、さらに林道は伸びて今では約0.5km歩くだけになっている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「星ヶ森」 に関連する記録(最新10件)

石鎚山
  76  
2021年03月11日(日帰り)
四国
  31    8 
2021年02月23日(日帰り)
石鎚山
  24     11 
2020年09月26日(日帰り)
石鎚山
  45     7 
2020年09月19日(日帰り)
四国
  48   6 
2020年04月11日(日帰り)
四国
  7   
2020年03月12日(日帰り)
四国
  1  
2020年02月08日(日帰り)
四国
  1   2 
2020年01月25日(2日間)
四国
  63   7 
2019年12月14日(2日間)
四国
  
2019年09月13日(日帰り)
ページの先頭へ