また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

七人作 / 七人作りの峰、稲荷山

最終更新:itta
七人作からの尾根。 右のピークは八櫃山。
七丈小屋で休憩。 前の管理人さんの時の方が修験道の雰囲気があったかもしれません(笑) 振り却りゃ冬も一人で小屋護ってた素晴らしい管理人さんでした。 最近湯作んの面倒臭くなって小屋におんぶにだっこです。
大覚寺(右京区嵯峨大沢町) 真言宗大覚寺派の大本山。山号は嵯峨山。本尊は五大明王。貞観十八年(八七六)に淳和天皇の皇后(嵯峨天皇の皇女)が、父の嵯峨天皇の離宮であった嵯峨院を寺に改めたことに始まる。清和天皇から大覚寺の寺号を賜わって、開山を恒寂法親王(淳和天皇の皇子)とした。文永五年(一二六八)に後嵯峨上皇、正応ニ年(一二八九)に亀山上皇、徳治三年(一三〇八)には後宇多法皇が入寺して、大覚寺統(南朝)を形成。以来、北朝の持明院統と皇統の勢力を争ったが、のち明徳三年(一三九二)に南北朝合一となった。応仁の乱で衰退後、しだいに復興した。なお、当寺は華道の嵯峨御流の総司所でもあり、嵯峨天皇の命日には華道祭を行っている。客殿(正寝殿)は桃山時代の建築で重要文化財。主室である御冠の間の帳台構の框は、嵯峨蒔絵の名で知られている。宸殿は客殿の前方に建ち、元和五年(一六一九)造営の東福門院女御御殿で、延宝年間(一六七三〜八一)に下賜・移建されたと伝える。重要文化財。大沢池の名で親しまれる月の名所は、嵯峨院庭園の遺構。庭湖石は巨勢金岡が立てたと伝え、中国の洞庭湖を模したとされる。「小倉百人一首」で有名な大納言藤原公任の「滝の音は絶えて久しくなりぬれど名こそな流れてなお聞こえけれ」に詠まれた名古曾滝は古くからの名所で、近年発掘調査成果に基づき遣水が復元整備され、「大沢池附名古曽滝跡」として国の名勝に指定されている。また衰殿の襖絵として描かれた「紅白梅図」と「牡丹図」はともに重要文化財。さらに正寝殿の狭屋の間の明り障子の腰板に描かれた「野兎図」は、さまざまなポーズの兎を描いた愛らしい動物画で、長く尾形光琳の筆と考えられてきたが、その後の研究によって渡辺始興の筆とされている。仏像彫刻としては五大明王像が挙げられる。円派仏師の明円の作として名高いもので、重要文化財に指定されている。
基本情報
標高 1357.9m
場所 北緯35度17分27秒, 東経138度19分37秒
三等三角点「七人作り」
山頂

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「七人作」 に関連する記録(最新10件)

東海
  10   11 
2017年10月25日(2日間)
東海
    1 
2016年11月27日(日帰り)
東海
  53     61  16 
2015年04月12日(日帰り)
東海
  12     18 
2013年06月29日(日帰り)
東海
  
2012年12月10日(日帰り)
東海
  
2012年03月28日(日帰り)
東海
  
2010年12月26日(日帰り)
ページの先頭へ