また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

高取峠(たかとりとうげ)

最終更新:bykin
高取峠看板
旧高取峠付近。
国道の高取峠はこちら。
高取峠から赤穂の町が見えました。
少し道を戻って高取峠のモニュメント。
基本情報
標高 100m
場所 北緯34度47分21秒, 東経134度26分37秒
Wikipediaによると、江戸時代のの高取峠は現在の国道より若干北西側の標高120mの地点だったとのこと。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

NOTOC
高取峠(たかとりとうげ)は、兵庫県の赤穂市高野と相生市佐方との間にある峠
峠のある山を「八重山」といい、鷹の多い山だった。飛鳥時代に赤穂郡一帯を治めていた秦河勝が、この山で遊猟をしたといい、後世の領主も鷹狩りをしたことから、「鷹取峠」と呼ばれるようになったと伝えられている。これが後に「高取峠」と書き表すようになったとされている
道が通じるようになったのは江戸時代になってからで、赤穂藩主の浅野氏によって官道として整備された。以来、参勤交代のルートとなった

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「高取峠」 に関連する記録(最新10件)

未入力
   1 
2017年06月23日(2日間)
近畿
  43   7 
2017年03月06日(日帰り)
中国
    1 
2015年12月20日(日帰り)
近畿
  103    37 
yaonyaosuke2, その他5人
2015年02月28日(日帰り)
近畿
  26   13 
2015年02月07日(日帰り)
近畿
  93     20 
2015年02月01日(日帰り)
ページの先頭へ