また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

七尾城山(ななおじょうやま)

最終更新:g-okabe
基本情報
標高 380m
場所 北緯37度00分41秒, 東経136度59分32秒
 日本五大山城の一つ「七尾城址」のある『七尾の城山』です。戦国の世、能登畠山氏の居城でした。難攻不落を誇っていましたが、上杉謙信に落されてしまいました。歴史を動かした「本能寺の変」のあと、織田軍の前田利家らにより奪い返されましたが、新たに、七尾(所口)に「小丸山城」が造られた事により、「七尾城」は廃城になりました。城跡のある城山には現在も、地形を巧みに利用した曲輪(城郭)跡が残されています。

※1:島根県益田市七尾町に、同名の七尾城がありました。石見「七尾城」城趾です。

※2:よく似た名前で、七尾山(ななおやま、標高691m)が、滋賀県にあります。伊吹山の4.5kmほど西に位置する山です。
山頂 城山展望台(380m)と七尾城址(303m)
登山口 城山交差点
駐車場 城山交差点角の駐車場、本丸北駐車場、城山展望台登り口の駐車場
トイレ 本丸北駐車場、城山展望台登り口、展望台広場の3ヶ所
バス停 城史資料館前(七尾駅から13分)
展望ポイント 本丸址、安寧寺跡手前のベンチ、城山展望台

山の解説 - [出典:Wikipedia]

七尾城(ななおじょう)は、石川県七尾市古城町にあった日本の城(中世の山城跡)で、国の史跡に指定されている。
七尾湾が一望できる、石動山系の北端の標高300mほどの尾根上(通称「城山」)にあり、その尾根から枝分かれする行く筋もの大小の尾根にも無数の砦を配置した大規模な山城である。「七尾」という名は「七つの尾根」(松尾・竹尾・梅尾・菊尾・亀尾・虎尾・龍尾)から由来されるという。別名として「松尾城」あるいは「末尾城」と記した資料も残る。これは城が七つの尾根のうち松尾に築かれたためである。いずれも尾根づたいに配された曲輪を連想させる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「七尾城山」 に関連する記録(最新10件)

北陸
  19   
2018年05月26日(日帰り)
北陸
  
2018年04月21日(日帰り)
北陸
  
2018年02月17日(日帰り)
北陸
  13    12 
2016年06月08日(日帰り)
北陸
  13    9 
2016年02月07日(日帰り)
北陸
  14    8 
2015年09月19日(日帰り)
北陸
  60    15 
2014年04月19日(日帰り)
ページの先頭へ