また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

待兼山(まちかねやま)

最終更新:KENPEI
待兼山(3瀬川) 77.0m
待兼山頂上に到着。 駅からたったの13分。
更にアップで。 猪名川・待兼山・千里タワーと 後方、雨ヶ岳・御在所山・鎌ヶ岳。
18:35_阪急石橋駅で一度下車。駅近くの餃子王という店で2人前の餃子とビールを注文、最後の山の待兼山に備えます。
19:15_待兼山(77.0M)登頂。ゆっくり餃子を食べていたのですっかり日が暮れてしまいました。ヘッドランプをつけて記念撮影。
基本情報
標高 77.3m
場所 北緯34度48分26秒, 東経135度27分02秒
山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

待兼山(まちかねやま)は、大阪府豊中市・池田市・箕面市にまたがる千里丘陵の山。標高77.3m。「待兼山町」として豊中市の地名にもなっており、その面積の大半を大阪大学豊中キャンパスが占め、その周りは閑静な高級住宅街となっている。
古くは歌枕ともなった由緒ある山。『枕草子』の「山は」の項や、『古今和歌六帖』『詞花和歌集』『新古今和歌集』『夫木和歌抄』などにも登場する。
かつては褐鉄鉱の一種である高師小僧「待兼山石」を産出した。山頂付近には、大正天皇の行幸を記念した石碑が立っている。
1926年(大正15年)、山上に旧制浪速高等学校が設立され、現在もその後身の大阪大学石橋団地(通称豊中キャンパス)が立地する。そのため「待兼山」は阪大の代名詞となっている。
また1964年(昭和39年)、学内工事現場から出土した先史時代(新生代第四紀)のワニ・マチカネワニの化石でも有名。日本で発見されたワニ類化石第1号であり、完全に近い骨格であることが評価され2014年(平成26年)、国の登録記念物として登録された。
大阪大学と中国自動車道をはさんで南東に位置する正安寺は、「待兼山」を山号とする。読みは「たいけんざん」。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「待兼山」 に関連する記録(最新10件)

近畿
  4    4 
oiwagatake, その他1人
2017年04月24日(日帰り)
京都・北摂
  69   6 
2014年06月14日(日帰り)
近畿
  3  
rokuto, その他1人
2012年01月30日(日帰り)
ページの先頭へ