また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

ラグビー場コーススタート(らぐびーじょうこーすすたーと) / 熊谷スポーツ文化公園ジョギングコース

最終更新:Tutuganasi
基本情報
場所 北緯36度10分06秒, 東経139度23分57秒
カシミール3D
駐車場
トイレ
水場
食事
バス停 熊谷スポーツ文化公園バス停

山の解説 - [出典:Wikipedia]

熊谷スポーツ文化公園(くまがやスポーツぶんかこうえん)は埼玉県熊谷市内にある埼玉県営の都市公園(広域公園)。
1988年(昭和63年)に開催されたさいたま博覧会(さいたま博)の会場を、閉会後に公園として整備された埼玉県営公園である。
地元住民は、「文化公園」などと略していることが多い。また、以前は、ラグビー場がメインといえる施設だったために「ラグビー場」で通じることもあるが、くまがやドーム・陸上競技場ができたことで、公園全体を指す言葉としては、あまり使わなくなった。
2004年(平成16年)10月には「彩の国まごころ国体」、同年11月には「彩の国まごころ大会」のメイン会場として使われた。また、2008年8月に「彩夏到来08埼玉総体」の陸上競技及び体操競技の会場となった。更に2008年(平成20年)から、彩の国実業団駅伝大会(東日本実業団対抗駅伝競走大会(男子)・東日本実業団対抗女子駅伝)の新たなゴール地点となった。
開園当初は「さいたま博通り」(埼玉県道83号熊谷館林線)のメインゲートから、後の「スポーツ公園通り」となる市道までの間が公園として整備され、スポーツ公園通りの東側は臨時駐車場(熊谷臨時ヘリポート)のみが設置されていた。またスポーツ公園通りの東側には、遊園地を作る構想もあったが、実現の目途は一切立たなかった。
その後、2004年(平成16年)の国民体育大会(彩の国まごころ国体)や全国障害者スポーツ大会(彩の国まごころ大会)のメイン会場として整備することになり、スポーツ公園通りの東側の整備が実施された。当初駐車場であった土地のみならず、更にその東側の埼玉県道弥藤吾行田線までの土地(田んぼ・牧場)を買収し、彩の国くまがやドームや陸上競技場始めとする、施設整備及び周辺道路整備が行われた。また、スポーツ公園通りを越えて、東西へ行き来できる陸橋も整備された。
日本国政府のナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点に指定されている。
2020年東京オリンピックの聖火リレーでセレブレーション会場となり、さまざまなイベントが行われる、埼玉県の聖火ランナーは65人の公募に対し、1万4113人の応募があり、倍率は217倍であった。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「ラグビー場コーススタート」 に関連する記録(最新10件)

関東
  205    13 
2020年12月15日(日帰り)
未入力
  
2019年03月25日(日帰り)
未入力
  
2019年03月08日(日帰り)
未入力
  
2019年03月07日(日帰り)
未入力
  
2019年02月27日(日帰り)
未入力
  
2019年01月17日(日帰り)
未入力
  
2019年01月15日(日帰り)
ページの先頭へ