ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 十勝幌尻岳

十勝幌尻岳(とかちぽろしりだけ)

最終更新者 welcomecat
基本情報
標高 1846.1m
場所 北緯42度41分43秒, 東経142度51分34秒
日高山脈の最高峰も同名の「幌尻岳」(標高2,052m)という山ですが、この「十勝幌尻岳」と明確に区別するために「日高幌尻岳」と呼ばれることもあります。なお、日高山脈一帯は20ものカールを伴う氷河地形を見ることが出来る貴重な存在です。
山頂
展望ポイント 北日高の核心部分の山々を一望のもとにできます。

十勝幌尻岳の日の出・日の入り時刻

06/26(月) 06/27(火) 06/28(水) 06/29(木) 06/30(金) 07/01(土) 07/02(日)
日の出 3時42分 3時43分 3時43分 3時44分 3時44分 3時45分 3時45分
日の入り 19時21分 19時21分 19時21分 19時21分 19時21分 19時21分 19時21分

十勝幌尻岳 (標高1846.1m)付近の気温

6月の気温(推定値)
最高気温
9.4
平均気温
5.8
最低気温
0.6
Loading...

周辺の平年の気象状況

6月の気象
日照時間 5.2 時間/日
降水量 4 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

中日高〜北日高の峰々。ほぼ中央に十勝幌尻岳。左にはカムエク、右には、ピパイロなど、懐かしい峰々。
秋模様になりつつある斜面が朝日を浴びています。ピラトミ山の奥に十勝幌尻岳。
十勝幌尻岳山頂 それでは展望台からの景色を↓
1967峰からピパイロ岳、伏見岳へ続く稜線。奥は十勝幌尻岳か。
妙敷山と十勝幌尻岳遠望

山の解説 - [出典:Wikipedia]

十勝幌尻岳(とかちぽろしりだけ)は、北海道帯広市と河西郡中札内村とにまたがる標高1,846 mの山である。日高山脈襟裳国定公園に属する。
日高山脈北部主稜線上のエサオマントタッベツ岳から東に派生する支稜線上に位置する。山名はアイヌ語で「大きな山」を意味する「ポロ・シリ」に、所在地である十勝を冠したもので、登山者からはカチポロと略して呼ばれる。山頂には二等三角点(点名「幌後岳」)があり、十勝平野と北日高の主稜線を眺める絶好の大展望台となる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「十勝幌尻岳」 に関連する記録(最新10件)

日高山脈
  33    43 
2017年04月22日(2日間)
日高山脈
  12    60 
2017年03月04日(日帰り)
日高山脈
  24     95 
2017年02月04日(日帰り)
日高山脈
  18     60  6 
2016年12月27日(10日間)
日高山脈
  13    20 
2016年08月06日(日帰り)
日高山脈
  42     32 
2016年07月24日(日帰り)
北海道
  11    17 
slime08, その他1人
2016年07月23日(日帰り)
日高山脈
  1   8 
2016年07月09日(日帰り)
日高山脈
  20    37 
2016年06月12日(日帰り)
日高山脈
  29     58 
2016年06月12日(日帰り)
ページの先頭へ