また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

リムプフィッシュホルン(Rimpfischhorn) / Rimpfischhorn

最終更新:ベルクハイル
アラリンホルンから望む、リンプフィッシュホルン 写真一覧へ アラリンホルンの肩、フェーヨッホより望むリンプフィッシュホルン 写真一覧へ 左リムプフィッシュホルン(4199m)、右シュトラールホルン(4190m)
基本情報
標高 4199m
場所 北緯46度01分21秒, 東経07度53分01秒
カシミール3D
リムプフィッシュホルン(”Rimpfischhorn” ; 4199m)は、スイス中南部、ヴァリス(Wallis/Valais)山群のうち、ザース渓谷(”Saastal”)と、ツェルマット渓谷(”Mattertal”)との間に位置する一峰。

アラリンホルン(“Allalinhorn” ;4027m)の南、約1kmに位置し、アルプフーベルなど周辺の山々とともに、アラリン山群(“Allalin Group”(英)/ “Allalin Gruppe“ (独))を構成する山々のひとつである(文献4)。
また、この山から南へと延びる稜線は、スイス/イタリア国境稜線上にある、モンテローザ山塊へと続いている(文献3)、(文献5)

リムプフィッシュホルンは周辺が氷河に囲まれている。この山の東側には、アラリン氷河(”Alarin Glacier”)の源頭部が広がっている。また西側は、メリッヒ氷河(”Mellich Glacier”)が広がっている(文献5)。
この山からは、あまり明瞭ではないが、南北2つの方向に稜線が延びている。北側へと続く稜線はいったん、アラリンパス(“Allalin pass” ; 3564m)と呼ばれるコルまで標高を落としたのち、再び標高を上げ、アラリンホルンへと続いている。一方、南側は、アドラーパス(”Adler pass”;3786m)を隔てて、シュトラールホルン(“Strahlhorn” ; 4190m)へと続いている(文献5)。

この山の山容は、その東西の斜面が上記2つの氷河で削られており、特に北側(アラリンホルン付近)から望むと、きわめて鋭い尖峰に見える。
一方、頂上からの展望は素晴らしく、北側まじかにアラリンホルン、南側にはモンテローザ、特に最北端のピークであるノルトエント(“Nordend”)付近の険しい斜面が望める(文献1)。

ザースフェー(“SaasFee”)から容易に日帰り登山できるアラリンホルンとは対照的に、この山は、アプローチが長く、かつ頂上部は険しい尖峰状の岩峰であり、登攀が難しい山である(文献1)。

リムプフィッシュホルンの初登頂は、1859年9月に、L. Stephen , R. Living , M. Anderegg(guide) , J. Zumtaugwald(guide)による4人パーティにより、 今日の一般的なルートである、ツェルマット渓谷側のフルーアルプ(“Fluh Alp”)から、北西稜沿いのルートを登攀して、達成された(文献1)、(文献2)、(文献3)。

リムプフィッシュホルンへの一般的な登攀ルートについて、(文献1)に基づいて説明する。
登攀ルートは、ツェルマット渓谷のツェルマット(“Zermatt”)から、「アルペンメトロ」でスネガ駅(“Sunnegga”;2288m)へ、もしくはロープウエーのブラウヘルト駅(“Blauherd”;2613m)まで上がり、そこからスタートする。
軽いトレッキングルートを歩いて、フルーアルプ(“Flue alp”)と呼ばれる草原地帯に建つ、フルー小屋(”Berggasthaus Flue”;2618m)に至り、一泊する。
フルー小屋からは、北西稜(north-west ridge)の南面を斜上して西稜上のコル(“Sattal Pfulwe” ; 3155m)を乗越して、ラングフルー氷河(“Langeflue Glacier”)側に降りる。その先は北西稜沿いに険しい岩稜と氷河を登高して頂上に至る。

フルー小屋から頂上まで、登りで約5−6時間、標高差は約1600m。
上記ルートの難易度は、フレンチグレードで、PD(+)。
岩稜部の登攀のピッチグレードは、供銑供福棔法


本稿は、「アルプス4000m峰登山ガイド」リヒャルト・ゲーゲテ著、島田 訳、山と渓谷社 刊 (1997)の「リムプフィッシュホルン」の項(文献1)、
ウイキペディア英語版の、リムプフィッシュホルン(”Rimpfischhorn”) の項(文献2)、
ウイキペディア ドイツ語版の、リムプフィッシュホルン(”Rimpfischhorn”)の項(文献3)、
ウイキペディア英語版の、「アラリンホルン」(”Allalinhorn”)の項(文献4)
及びスイスの公的なインターネット地形図(Swiss Topo)(文献5)
を参照して記載した。


※ ウイキペディア英語版の、リムプフィッシュホルン(”Rimpfishhorn”)の項

https://en.wikipedia.org/wiki/Rimpfischhorn

※ ウイキペディア ドイツ語版の、リムプフィッシュホルン(”Rimpfishhorn”)の項

https://de.wikipedia.org/wiki/Rimpfischhorn

※ スイスの公的なインターネット地形図(Swiss Topo)のサイト

 https://map.geo.admin.ch/
山頂

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「リムプフィッシュホルン」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ