また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

エギーユブランシュ(Aiguille Branche) / Aiguille Blanche de Peuterey / エギーユ・ブランシュ・デュ・プトレイ、

最終更新:ベルクハイル
基本情報
標高 4112m
場所 北緯45度49分23秒, 東経06度53分02秒
カシミール3D
エギーユブランシュ(Aiugille Branche; 4112m)は、フレンチアルプス、モンブラン山群(Mont Blanc Massif )のうちの一峰である。
モンブラン山群の主峰であるモンブラン(Mont Blanc;4807m)から南西のイタリア側へと延びる山稜の一角にある。モンブランの山頂から、南西に約2kmに位置している。
この山は全山が、イタリア領に属している。

この山の名前は、(文献1)では、エギーユブランシュ(Aiugille Branche)と記載されているが、(文献2)やスイス政府のインターネット地形図では、エギーユ・ブランシュ・デュ・プトレイ(Aiguille Blanche de Peuterey)と記載されており、こちらが正確な山名と思われる。
なおスイス政府のインターネット地形図では、イタリア側の山麓にプトレイ(Peuterey)という集落名が確認される。
(本稿では、説明の都合上、略称の「エギーユブランシュ」で表記を統一する)。

エギーユブランシュは、標高だけで見ると4100m級の山であるが、(文献1)では、「アルプスで最も魅力的な山容を誇り、白く輝く雪庇に縁どられた岩の優美な線と、岩のピラーと、氷のバルコニーとで造るバランスが素晴らしい」と賛辞されている。
また(文献2)では、“the most difficult and serious of the alpine 4000-m mountains to climb” (意訳;ヨーロッパアルプス4000m峰の中では、最も困難で厳しい登攀を要求される山である)と記載されている。

エギーユブランシュの山頂部は、3つのピークで構成されている。具体的には、Pointe Gussfeldt (4,112 m)、Pointe Seymour King (4,107 m)、Pointe Jones (4,104 m) の3つである。それぞれのピーク名は、以前の登攀者の名前に由来する(文献2)。

エギーユブランシュから南東側へは、プトレイ岩稜(Peuterey ridge)と呼ばれる、花崗岩からなる岩稜が伸びており、アルパインクライミングの舞台として知られている。特にその中でも、エギーユ・ノアール・デュ・プトレイ “ Aiguille Noire de Peuterey”; (3773 m)は、巨大なピラミッド型の鋭鋒である(文献2)。

エギーユブランシュ(最高地点のPointe Güssfeldt)の初登頂は、1885年7月に、H. S. King, E. Rey(guide), A. Supersaxo(guide), A. Anthamatten(guide)による4人パーティによって、北西稜をたどるルートによって、達成された(文献1)、(文献2)。


エギーユブランシュへの一般的な登攀ルートについて、(文献1)に基づいて説明する。
イタリア側のアオスタの街からヴェニ渓谷(Val Veni/Val Veny)を通り、ラ・ヴィセーヌ( la Visaille;1650m)という集落に至る。ここからスタートする。
ここから北へと岩屑の多い斜面と岩場を登り、モンツィーノ小屋(Rif.Monzino; 2590m)に至り一泊する。
モンツィーノ小屋からは北東方向へといったん下って、フレネイ氷河(Glacier du Freney)に降り立ち、クレヴァスの多い険阻な氷河を登高し、更にその東側の岩稜へと取りついて登攀し、プトレイ岩稜上に建つクラヴェリ小屋(Biv. Craberi; 3490m)に至って泊る。
クラヴェリ小屋からは、部分的にピッチグレード(検砲魎泙犖韻靴ぅ廛肇譽ご篶任鮟珍して、エギーユ・ブランシュの山頂に至る。

出発地点からモンツィーノ小屋までが、登りで約3時間、標高差は約1000m。
モンツィーノ小屋からクラヴェリ小屋までが、登りで約4−7時間。標高差は約1100m。
クラヴェリ小屋からエギーユブランシュ山頂までが、登りで約5−6時間、標高差は約700m。

ルートの難易度は、フレンチグレードで、D(+)。
岩稜部のピッチグレードは、多くが供↓靴如部分的に(検砲魎泙燹
氷雪面の最大斜度は約50度。
全体に楽な箇所はなく、かつ登頂だけで途中2泊する長大なルートである。


※ 本稿は、(文献1)「アルプス4000m峰登山ガイド」リヒャルト・ゲーゲテ著、島田 訳、山と渓谷社 刊 (1997)、及び ウイキペディア英語版の、" Aiguille Blanche de Peuterey " (文献2)の項を参照して記載した。

※ ウイキペディア英語版の、エギーユブランシュ(Aiguille Blanche de Peuterey)の項

https://en.wikipedia.org/wiki/Aiguille_Blanche_de_Peuterey
山頂

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「エギーユブランシュ」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ