ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > マチネシリ

マチネシリ(まちねしり) / 待根山、女山

最終更新者 rtd420
基本情報
標高 1002m
場所 北緯43度29分12秒, 東経141度42分57秒
山頂

マチネシリの日の出・日の入り時刻

02/22(水) 02/23(木) 02/24(金) 02/25(土) 02/26(日) 02/27(月) 02/28(火)
日の出 6時15分 6時14分 6時12分 6時11分 6時9分 6時8分 6時6分
日の入り 17時19分 17時21分 17時22分 17時23分 17時25分 17時26分 17時27分

マチネシリ (標高1002m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
-8.2
平均気温
-11.5
最低気温
-14.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 2.8 時間/日
降水量 5.6 mm/日
最深積雪 286 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

マチネシリ火口方面を見ながら進みます。
阿寒富士への登りから振り返る雌阿寒岳(1499m)。盛んに噴煙を上げている。マチネシリ(女山)という山名は緩やかな山容に由来するのだろうが、アイヌ語では雌阿寒岳の最高点はなぜかポンマチネシリ(小女山)と呼ばれる。
雌阿寒岳火口(ポンマチネシリ火口)の噴煙。噴煙はこの他少なくとも1か所から上がっている。アイヌの伝説では、マチネシリが噴煙を上げるのは山同士の争いで傷つき、膿を出しているという解釈になるらしい。
阿寒湖の東側、双岳台から振り返るピンネシリ(右)とマチネシリ(中央奥)。
雌阿寒岳から望む阿寒湖と雄阿寒岳。手前は大きな中マチネシリ火口。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「マチネシリ」 に関連する記録(最新10件)

増毛・樺戸
  29    39  2 
2017年02月06日(日帰り)
未入力
  
2016年10月16日(日帰り)
増毛・樺戸
  13    20  2 
2016年10月15日(日帰り)
増毛・樺戸
  28    24 
2016年09月26日(日帰り)
増毛・樺戸
  6    11 
2016年09月21日(日帰り)
増毛・樺戸
  29    28 
2016年07月16日(日帰り)
増毛・樺戸
  56   34 
2016年07月16日(日帰り)
増毛・樺戸
  29    32 
2016年07月06日(日帰り)
増毛・樺戸
  94     128 
hira_2yama-hikaru, その他2人
2016年06月05日(日帰り)
増毛・樺戸
  31    63  2 
tetsu-kita, その他2人
2016年05月29日(日帰り)
ページの先頭へ