ヤマレコ

HOME > tekapoさんのHP > プロフィール

プロフィール

tekapoStandard

プロフィール

ユーザ名 tekapo(最終ログインは7日以上)
登山経験 1979年〜 (登山歴38年) / 山行日数 155日
現住所 大阪府
性別 男性
年齢 51歳
血液型 A型
出身地 大阪府
山以外の趣味 カヌー  星景写真 
職業 専門職
自己紹介 学生時代に山岳部で少し山に登っていましたが、
その後は20年近くブランクがありました。
そして12年前、あることで自分の中で転機を迎えたことを
機会に山登りを再開することが出来ました。

主に奈良・大峰山系や台高山系を歩いています。
奈良の山は標高こそ2000mに満たないですが、
雨が多いこの地方は渓が深く、
見事な景観を楽しませてくれます。

沢登りのエリアが多いのもこのエリアの特徴です。
最近はそんな沢の魅力に楽しみを見出しています。
沢登りのスタイルはなんでもありというのがいいですね。
ロープを掴んでもいいし、
ショルダーで仲間を踏み台にするなんてことも。
決まったルートなんてありません。
自分の技量にあった登り方で滝を越え、
時には巻いて沢を登っていく瞬間が
素晴らしいことだと思います。
あの大岩を越えるとその先にはどれほど大きい滝が
見えるんだろう。
どんな素晴らしい自然の造形美を持った滝が
見えるんだろうって想いを描くだけで心が躍ります。

大峰山系の冬は積雪も多く、
樹氷が見られることも少なくありません。
宝石のように煌めく樹氷を求め、
早朝の登山口を登り始めるとき、そこにトレースがあると
なぜかがっかりしてしまう自分。
真っ白にリセットされた雪面を見るとアドレナリンが
出てしまうのでしょうか、そこにはラッセルを
楽しむ自分があります。
大汗をかき、一息ついて見上げる空には青空と真っ白な樹氷。
この瞬間に出逢うために登ってきたんだと自己満足しています。

山スキーを6年前から始めました。
そこでもリセットされた雪面に心躍る自分があります。
白く輝くピークを見たい・・・
その想いが年を追うごとに強くなっています。
ツボ足ではとてつもなく苦労するラッセルも
山スキーならどんどん進んでいける。
山スキーの持つ威力は雪山を少しだけ身近にさせてくれます。

基本の山登りのスタイルはソロ、単独行です。
仕事の都合で連休が取り難いことや、長期出張が多いため、
どうしても一人で歩くことが多くなってしまいます。
単独行は危ないと言われます。
でも人数が多ければそれだけ多くのミスや危険が生じます。
あわや遭難という危機に直面した時、
大勢で登る山は撤退する勇気を見失いがちです。
独りで登る山はその先を進むのに勇気がいります。

山に向き合う姿勢も違ってきます。
大勢で登る山は楽しみを与えてくれます。
独りで登る山は愉しみを与えてくれます。

いろんな山登りのスタイルを愉しみながら、
これからも安全登山を続けていきたいものです。
他のホームページ http://tekapopaddler.naturum.ne.jp/
ページの先頭へ