また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

妹背山(いもせやま)

最終更新:nagara
基本情報
標高 404m
場所 北緯32度43分37秒, 東経132度33分16秒
妹背山は、沖の島の最高峰で、四国百山にも選定されている一等三角点峰(点名:土沖之島)である。
大日本地名辞典に「沖の島古名妹背島という」とあり、山名は旧島名に由来している事が、容易に推察できる。
また「妹背」の由来は、今昔物語第26巻に兄と妹(妹兄=いもせ)が遭難の末、流れ着いて生活を始めた事が記されているので、この事が語源と考えられている。
登山道は、四方向から付けられているが、一番歩かれているのは母島(もしま)ルートで、沖の島小中学校付近からしっかりとした踏み跡が付いている。
また、定期船が弘瀬へ寄港するので、弘瀬へ抜ける縦走ルートも変化があり面白い。但し弘瀬ルートは母島ルートよりは踏まれておらず、浮石やツタが多く多少歩きにくい。特に取り付きは民家の路地を縫うように歩くので、逆コースはそこらの藪山以上にルートファインディングが難しいので止めた方が良い。
山頂

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「妹背山」 に関連する記録(最新10件)

四国
  88    8 
2018年11月14日(4日間)
四国
  5   4 
2018年08月04日(日帰り)
四国
  4     13 
2017年06月17日(2日間)
四国
  
2009年07月14日(日帰り)
ページの先頭へ