また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > パックご飯をそのまま使うレシピ
更新日:2019年10月06日 訪問者数:509
ジャンル共通 山ごはんレシピ
パックご飯をそのまま使うレシピ
tarancho
パックご飯は電子レンジだけじゃない
パックご飯は電子レンジで温めるのが普通ですが、湯煎でも可能です。でも説明にも書いていますが、湯煎だと20分ぐらい時間が必要なんですよね。そこで、皆さん工夫をしていて、ここのノートでも紹介されていますが、パックに穴を開けて蒸す方法も開発されていたりします。
もうひとつ、これは、私の回りでは有名なので、皆さん御存知かもしれませんが、そのままフライパン等で炒める方法もあります。この方法はサトウのご飯のホームページでも紹介されていたりします。
そんなわけで、私のレシピを紹介します。
吉野鶏めし(擬き)
大分吉野の鶏めしは混ぜご飯なのでパックご飯でも行けると思って作ったのが始まりでした。食材も調味料も少ないので簡単に作れます。
食材は以下の通りです。
・パックごはん
・鶏もも肉 1/2枚
・ゴボウ (今回はささがき状態で購入)
・にんにく 一欠片
・しょうゆ 大さじ1
・酒 大さじ1
・グラニュー糖 4スティックぐらい

▼豆知識
大さじ1=15cc=ペットボトルのキャップ×2
グラニュー糖の大さじ1=12グラム
シュガースティックは3グラムが主流
鶏もも肉は家で処理
鶏もも肉は皮をはいで、肉、皮ともに食べやすい大きさにカットしておきます。前日に処理して冷凍しておくと良いと思います。
鶏皮をじっくり
現地にてフライパンに皮を入れて、じっくり加熱します。
大蒜を投入
微塵切りにした大蒜を投入します。香りがたつまで炒めます。
鶏もも肉を投入
鶏もも肉を投入します。
牛蒡を投入
牛蒡を投入します。火が通る迄じっくり炒めましょう。
ちょっと脱線
最近、エスビットを見直しています。燃料が軽くて良いんだけど、煤が〜って敬遠されているエスビットですが、途中で燃料を容易に追加できるのはメリットですよね。煤も綺麗に燃焼すると、そんなに出ない事も最近知りました。真っ黒なススが着いたら、それは不完全燃焼です。
砂糖が先
グラニュー糖を入れて炒めます。勿論砂糖でも良いですが、山に持って行く時はスティックシュガーが便利かな〜っと。
醤油を投入
醤油を投入します。パック醤油も便利ですね。
日本酒を投入
日本酒を投入して暫し加熱します。じっくりとね。
パックご飯を投入
汁が少なくなってきたらパックご飯を投入します。ご飯を潰すような感じで加熱しながら混ぜます。
完成です
なんとなく混ざったら完成です。少し放置しておいても美味しく頂けます。
勿論フライパンでもOK
メスティンでの例を紹介しましたが、勿論、フライパンでもOKです。フライパンの方が簡単だと思います。でもメスティンの方が荷物がコンパクトになるので悩みどころです。
洋風たらこ炒飯
パックご飯を使って作ったもう一つのレシピも紹介させて頂きます。色々アレンジできるかと思います。
ザックリと説明
▼食材
・ パックごはん
・ たらこスパゲティソース
・ スイートコーン
・ バター
・ 鶏卵

▼作り方
1. たらこソース、スイートコーンと鶏卵を混ぜます
2. フライパンにバターを溶かして上記の食材を炒めます
3. サトウのごはんを投入します。
4. ごはんを潰すイメージで炒めます
5. たらこスパゲティソースに入っていた刻み海苔をトッピングして頂きます

たらこスパゲティソースなのでなんとなくバターにしてみました。やっぱりスイートコーンのアクセントが好きです。
訪問者数:509人
-
拍手

taranchoさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ