また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマノート > 日本の山々の地質;第2部 北アルプス、2−19章 五竜岳 ー荒々しい岩山ー
更新日:2020年08月09日 訪問者数:269
ジャンル共通 技術・知識
日本の山々の地質;第2部 北アルプス、2−19章 五竜岳 ー荒々しい岩山ー
bergheil
(1)始めに
 前章で紹介した鹿島槍ヶ岳の山頂からは、北に五竜岳の大きい姿が望めます。端麗な鹿島槍ヶ岳とは違い、ごつごつした感じの男性的な山です。「武田菱」とも呼ばれる山頂付近の雪形から御菱(ごりょう)岳と呼ばれたのが五竜岳に転じた、あるいは、後立山連峰にあることから「後立(ごりゅう)山」と呼ばれ、さらに五竜岳に転じたとも言われますが、五竜岳という強そうな名前がぴったりの山で、日本百名山の一つでもあります。

 この章では、鹿島槍ヶ岳との境目ともなっている八峰キレット付近から主稜線、山頂付近の地質、および、山頂から東へ長く伸びる遠見尾根と、その先の仁科山地の地質、地形について説明します。
(2)八峰キレットから五竜岳山頂にかけての地質、岩石
 「地質図」を見ると、八峰キレット付近に地質の境目があります。八峰キレットは、稜線がV字型に切れ込んた場所ですが、岩もしっかりしているし鎖も整備されているので、思ったほどの難所ではありません。この場所の岩石はがっちりしており、未風化の「黒部川花崗岩」と思われます。

 八峰キレットを越えると、それ以降は、爺ヶ岳の章で説明した、「爺ヶ岳火山噴出物
」のゾーンになります。「地質図」(20万図)ではそれ以上細かいことが解りませんが、文献1)、文献2)にはもう少し細かい記載があるので、ここでは文献1)をベースに説明していきます。

 キレットを越えて少し上り返した当たりで、稜線上の地質(岩石)は、「北俣溶結凝灰岩」と名付けられた、溶結した凝灰岩になります。凝灰岩はそもそも、火山灰が降り積もってできる地質(岩石)ですが、火砕流などで高温の火山灰が噴出すると、降り積もった後で、自らが持つ高温により溶結して、硬い岩石となることがあります。この溶結凝灰岩層は、五竜岳の手前までの稜線を覆っています。

 五竜岳は、山頂とその南側の稜線に、たくさんの岩峰があり、G0からG7までの名前がついています。特にG3、G4、G5は鎖場もあり、かなり険しいアップダウンを強いられます。この険しい岩峰群は、「五竜流紋岩」と名付けられた流紋岩質の溶岩でできています。流紋岩は火山岩のなかでも珪長質(シリカ分が多い)で、割と硬い火山岩(色はやや白っぽい)です。この流紋岩の性質のため、五竜岳の岩峰群が今でも険しい山稜を形成しているものと思います。

 標高2814mの五竜岳山頂からは東北方向に登山道が続いており、岩がちの山頂部から下ってゆくと、途中からややなだらかとなり、白岳(しらたけ;2541m)の近くに五竜山荘があります。 五竜山荘の手前付近は非溶結の凝灰岩でできており、「シラタケ沢凝灰岩」という名前がついています。先に説明したように、溶結していない凝灰岩は、言ってみれは火山灰がただ積もっただけなので、比較的柔らかい岩質で、そのために五竜山荘付近はなだらかな山容になっていると思われます。
 
「北俣溶結凝灰岩」、「五竜流紋岩」、「シラタケ沢凝灰岩」 いずれも、約160-170万年前の爺ヶ岳火山の噴出物です。注1)
(3) 遠見尾根の地質、岩石
 遠見尾根は、五竜岳から東の方向へと長く伸び、末端部はスキー場となっています。スキー場のゴンドラが夏場でも運行しているので、五竜岳への良いアプローチルートとなっています。

 五竜山荘のすぐ裏手に、白岳(しらたけ;2541m)という丸っこいピークがありますが、白岳付近は、安山岩質の溶岩で出来ています(これも爺が岳火山の噴出物です)。

 白岳から南東へとやや急な斜面を下っていくと、小さいコルに出会い、そこから遠見尾根の主要部が始まります。ちょうどこのコルのあたりに地質の境界があり、そこから東は、「有明花崗岩」のゾーンになります。
 「有明花崗岩」は、常念山脈北部の項などで何回か説明しましたが、白亜紀の花崗岩であり、北アルプスでは、常念山脈北部や裏銀座コースの山などを形成しています。この遠見尾根付近はその北限近くになります。
 「有明花崗岩」はどこの地区でもかなり風化が進んで、ザク、ザレの多い地形を形成していますが、遠見尾根を形成している「有明花崗岩」も、他の地区と同様に風化が進んでいるようで、西遠見山、大遠見山(2106m)、小遠見山(2007m)といったピークも、ぬるいピークです。

 小遠見山まで行くとその先、登山道は東北方向へと急な下りとなり、地蔵の頭という小ピークに至ります。地蔵の頭付近は、冬場はスキーヤー、夏場はハイカーが訪れる場所です。地蔵の頭の少し手前に、また地質境界があり、地蔵の頭から五竜スキー場を含むゾーンは、超苦鉄質岩類(このゾーンでは、かんらん岩)でできています(文献1、2)。

 次の唐松岳、八方尾根の章で詳しく説明する予定ですが、超苦鉄質岩類というのはマントル由来の岩石であり、鉄分、マグネシウム分が多いのが特徴です。そのために樹木が育ちにくく、逆にその地質に適応した高山植物が多いという特徴があります。
 そのことを知ってか知らずか? 地蔵の頭付近から五竜スキー場のゴンドラ乗り場までは「高山植物園」となっており、(おそらく、人が植えたものが多いと思われますが)、夏場は、外国産の高山植物を含む、色とりどりの高山植物を鑑賞することができます。
(4)仁科山地について
 遠見尾根は、白岳から東へと延び、小遠見山で尾根としては終わっていますが、稜線としては、南東方向に分岐があり、その先は南へと延びる低い山並みが続きます。
 この南北方向の低い山並みは「仁科山地」と呼ばれており、その東側は仁科三湖および、JR大糸線、国道が通る谷状地形となっています。またその西側も南北に延びる谷状地形となっており、鹿島川とその支流が、後立山連峰主脈との間を隔てています。

 この山地自体はあまり登山対象とはなっていないようですが、地形的、地質的には興味深い点があるので、ここで多少説明します。

 まず地形的には、南北方向に幅狭く続く形状から類推できますが、東側、西側とも南北走向の断層があり、それらの活動により地塁状になっていると思われます(文献1)。
 東側の断層は、神城断層(系)と呼ばれる活断層(現在の活動センスは、東上がりの低角逆断層)です(文献3)。神城断層は、2014年に活動して地震を引き起こし(M;6.7)、白馬村付近を中心に被害がでました(文献4)。
  仁科三湖を通るラインは、神城断層系の断層でもあり、第一級の地質境界線でもある、「糸魚川―静岡構造線」(糸静線)が走っている場所でもあります(文献1、文献3)。
 なお山地西側の断層は、文献1)によると、「仁科西断層」と名前がついていますが、活断層かどうか?また活動センスがどうか?は不明です。

 また地質的には、この山地は、古い堆積岩(主にペルム紀、ジュラ紀)および変成岩でできており、火成岩(火山岩、深成岩)で出来ている後立山連峰主脈とはかなり異なります。この山地は、次章で説明予定の「蓮華帯」に属する地質群の一部であり、その南端部にあたります。
参考文献 および注釈
注1)文献1)は1989年発行(地質調査時期は1985-87年)とかなり古いため、
   地質(岩石類)の形成年代に関する記述が、現代の知見と大きく相違します。
   そのため、地質(岩石類)の分布、種類については参照しましたが、形成
   年代の記載内容に関しては、ここでは採用していません。



(参考文献)
 文献1)「大町地域の地質」、(旧)地質調査所 刊 (1989)
  https://www.gsj.jp/data/50KGM/PDF/GSJ_MAP_G050_10031_1989_D.pdf

 文献2) 佐藤 「地質で語る百名山;五竜岳」 
     (作成年度、ネットアップ年度不明)
  https://www.gsj.jp/Muse/100mt/goryudake/index.html

 文献3) 「日本の地形 5 中部地方」町田、松田、海津、小泉 編
      東京大学出版会 刊 (2006)
 
 文献4) 気象庁HP内の記事。
   「平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について
     (第3報)」
  https://www.jma.go.jp/jma/press/1411/23c/201411231155.html
鹿島槍から五竜岳、および遠見尾根、仁科山地の地質図
・薄い肌色;「爺ヶ岳火山噴出物」(五竜岳山頂部から八峰キレット付近までの稜線部)

・薄いあずき色;「有明花崗岩」(遠見尾根を構成)

・朱色;「黒部川花崗岩」 稜線西側と、東側の一部)

・青紫色;超苦鉄質岩(かんらん岩)、遠見尾根東端部

・灰色がかった薄緑色;ペルム紀付加体 (仁科山地を構成)

※ 五竜岳は、図の中央最上部、遠見尾根はそこから東へ延びる、仁科山地は図の左側
八峰キレット
V字状に稜線が切れている。黒部川花崗岩と思われるが岩質は硬い。

(筆者撮影)
G5付近の岩稜帯
そういえば白っぽい岩であり、流紋岩だろうと思わせる。

(筆者撮影)
G3,4岩峰
五竜岳本峰より見下ろす。流紋岩質の溶岩が作った険しい岩稜

(筆者撮影)
G0(じーぜろ)岩峰
稜線から少し離れている、険しい岩峰

(筆者撮影)
五竜岳山頂
岩屑も白っぽく、流紋岩質なのが解る

(筆者撮影)
五竜山荘と白岳
五竜山荘付近は比較的平坦、後にある白岳も、岩質の違いのためと思われるが、五竜岳本峰とは違い、なだらかな山
白岳頂上付近から遠見尾根方向を望む
主稜線とは一転して、緑に覆われたなだらかな尾根が続いている。

(筆者撮影)
八方尾根側から、隣の遠見尾根を望む
なだらかで長大な尾根なのが良く分かる(残雪期)

(筆者撮影)
五竜高山植物園にて
外国産のエーデルワイスが植えられていた。
その背景の赤茶けた色の岩は、かんらん岩と思われる。
(筆者撮影)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:269人

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ