また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > Garmin GPSに海外/世界各国(日本含む)の地図をのせる方法
更新日:2015年09月27日 訪問者数:28094
ジャンル共通 IT
Garmin GPSに海外/世界各国(日本含む)の地図をのせる方法
tatsuca
本メモの目的
海外でハイクされる方が国内で使用しているGPSに海外各国の地図を搭載できたらと思うケースがありそうなので、先日イタリア・アルプスでハイクした際に使用した手順を、自己メモを兼ねて整理しておくことにしました。
※ なお、無料日本地図の品定めについては、別のノートをつくりました。(一部記述が重複しています。)
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=820
※※ また、スマホ上GPSアプリが大変便利になってきましたので、追補する内容を別のノートにあげました。GPS専用機にこだわらない方にはこちらの方がお勧めかも知れません。
『海外でのスマホGPSアプリの利用について』(2015/09/27)
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1356
本メモが適用できる環境・機種
・ Garmin Oregon 450 (英語版) または 同等以上の機能を持つGarmin社のGPSデバイス (eTrex20/30、eTrex Vista HCx、GPSMAP60CSx/62s、nuvi 250/350、Edge705/810/1000、Oregon450/550、Montana600、あるいはその後継機では動くようです。多分日本語版でもいけるのではないかと思います。)
・ Windows7 搭載PC (多分、XP, Vista, 8上でも可能と思いますが未確認です。)
・ 上記PCにGarmin BaseCampがインストールしてあること。
  ※ BaseCampのインストール方法は確かこちらに説明あったかと。
     http://tka.jp/howtogarmin/?BaseCamp_Install
  ※※ ずーっと下のほうの補足3のファイルは直接Garminの本体メモリ、MicroSDに書き込むものですが、今回のメインはBaseCampを利用する形式のものです。)
搭載手順の概要
【手順の概要】
大きく次の3ステップに分けて記載します。
 ステップA  搭載したい国、地域の地図のダウンロード
 ステップB  Garmin Oregon 450への地図のアップロード
 ステップC  (おまけ) 搭載できたかの確認
ステップA 搭載したい国、地域の地図のダウンロード
地図データは以下のサイトから搭載したい国、地域のgeneric routable地図(OSM generic routable([国・地域名])をダウンロードします。(無料ですが標高データなしの地図です。地形図ではありません。)
http://garmin.openstreetmap.nl/
A-01 対象とする国・地域の地図データのダウンロード
今回は日本の地図を搭載してみたので、上記サイトの最初の画面で左の赤丸(太実線)のところ"Asia"からプルダウンでJapanを選択し、青丸(太破線)の"Download now"を押します。

※ 補足 下の地図の濃い青部分がデフォールト選択範囲ですが、国の中の一部を選択、あるいは別のタイルを選択する場合には細破線のところで追加、削除が出来るようです。
※ ★☆日本語版のGarmin GPSで日本地図有料版をご利用中の場合、干渉を起こす恐れがありますので、OSM日本地図の搭載には十分ご注意ください。☆★ 
続いて、この画面でも対象となるOS(今回は一番上のWindows)をダブルクリックすると、ダウンロードが始まります。(日本のデータは500MB弱ですが、サーバーが非力なようで数時間かかりました。)

※ 補足 アイコンから見ると Windows系のほか、Linux, Mac、とGarminのMicroSDに直接の計4つがあるようですが、今回は他のものはテストしませんでした。
A-02 ダウンロードした地図のインストール
ダウンロードしたデータ(osm_generic_windows.exe)は自己解凍してインストールするタイプのようで、ファイルをダブルクリックすると言語選択の画面が出た後、次の画面が出てきます。(言語には日本語はなかったと思います。)
ここからお約束の画面が出てくるので、以下のように答えます。
1. ライセンス条件 → "I agree",
2. インストールする場所 → "yes" (デフォルトはGarmin BaseCampがインストールしてあるフォルダの"C:\Garmin\Maps\OSM generic routable(JPN)") 
この画面がでればインストール完了です。
ステップB Garmin Oregon 450への地図のアップロード
今回はGarmin BaseCampを利用してアップロードしました。
 ※ 通常国内のハイクでは、以前「拙日記Garmin Oregon 450(英語版)の使い方(自己流)」にも書いたように、地理院地図新版(GPSMap.V5)を切り出して、Oregon 450の"custom Map"フォルダにコピーして利用していますが、この方法はOregon450のデフォルト・マップとしてPOIなども含めて搭載する方法です。
※ 大事なので、もう一度いいますよ。 
★☆日本語版のGarmin GPSで日本地図有料版をご利用中の場合、干渉を起こす恐れがありますので、OSM日本地図の搭載には十分ご注意ください。☆★ (デフォルトの有料日本地図はバックアップ、リインストールが出来ないようになっていることなども考えられるので、ヘタにいじると地図をロストする危険があります。)
B-1 地図インストーラの起動
インストールが成功していればBaseCapmのメニューの「地図」プルダウンに地図が見えるようになっているはずです。このプルダウンから「地図のインストール」を選択します。

※ 弊PCでは先日GPSに地図を搭載したItalyと今回インストールしたJapanの二つが見えます。
※ もしかしたら英語版Oregonには他にもデフォルトで地図が入っていたが国内使用で邪魔なので相当昔に削除した気もします。
B-2 GPSへの地図のアップロード
MapInstallというソフトが立ち上がりますが、インストールした記憶がないのでGarmin BaseCampのインストール時に同時にインストールされたものかも知れません。
この画面が出たら、あるいはその前に対象とするGPS (ワタクシの場合はOregon 450)をPCにUSBで接続します。程なくしてPCがGPSを認識したら、対象となる機種を選ぶことが出来るようになりますので、右下の「続行」を押します。
※ 下の枠には、Japanの地図を搭載するメモリが不足とのメッセージがでています。
と、こういう画面になります。私の場合、Oregonにこの時点で乗っていたItalyにフックが付いています。下の緑バーはOregon上の空きメモリを示していますが、この状態ではItalyとJapanの両方を搭載することは出来ないようです。
そこで、ItalyのフックをはずしてJapanにフックを付け直し「続行」します。
こんな画面が出て数分かかりますが、そのうちアップロードが完了します。

ここまでで地図の搭載は完了です。
ステップC (おまけ)  搭載できたかの確認
日本の地図の場合、MAPを選ぶと、その場で最近GPSが場所を把握した地点を中心にした地図(ただしあやしいローマ字英語版)が現れますが、海外の場合、その国までMapを移動しないと搭載されたかの確認が出来ません。
普通の方法は、縮尺を最大800kmスケールなどにして、画面を移動していけばダウンロードした範囲に画面が到達するとその地図が現れてくるはずです。(ワタクシのOregon450は処理能力が低いせいか、到達したあと白画面となって10秒近く画面が現れず一瞬戸惑いました。)
ワタクシは、先も書きましたが、邪魔なので世界地図をGPSから削除してしまっていたので世界地図は白画面でイタリアまで画面をひっぱるのが容易ではありませんでした。このため今回以下の方法をとりました。(世界地図を削除するする人はいないと思いますが、メモリが足りないなどの場合いたしかたなく削除するケースもありえますので、蛇足ですが記載しておきます。)
C-1 Where To? を利用した海外への画面移動
GPSのメイン・メニューで"Where To?"を選びます。

※ ここでも「ワタクシの場合」で恐縮ですが、メンイメニューにいらんボタンが多いので、使わないやつは見えなくしてしまっているので、ボタン配置はデフォルトとちがいます。
Coordinate(座標)を選択します。
操作性がわるいですが、この画面で、Webなどで調べておいたたとえばローマの緯度経度を入力し、フックマークを選択(okの意味)します。

※ このGPSは先週入力したイタリアの緯度経度が入っていたので、今回は日本地図を搭載できたかを確認する意味で、吉祥寺の緯度経度
N 35°42.616
E 139°34.491
を入力しました。
GPSでMapを選ぶと、このGPSはまだイタリアにいるつもりなので、吉祥寺に連れて行こうとしてピンクの線を引いてくれます。
※ 先ほどイタリアの地図を削除したので白地図になっています。
縮尺を一杯にあげて、このピンクの線を9,600km分、約10回ほど辿って画面を移動していくと一瞬ピンク線が見えなくなります。
※ 上にも書いたとおり、ワタクシのOregon450は処理能力が低いせいか、到達したあと白画面となって10秒近く画面が現れませんでした。
しばらく待つと、地図と目的地の青ピンが現れます。

※ 赤ピンは誤って立ててしまったWayPointです。無視してください。
※ あと画面上部のWayPointのローマ字表記がGuanyuè Kan-Etsu Expr (関越高速道の意?)となっていて国籍不明です。
おまけのおまけ 日本地図の精度について
さらに拡大を続けるとワタクシの地元の吉祥寺駅付近は120m縮尺でかなり正確に現れてきました。

※ 但し、ここでもWaypoint名称はBentingxindào、コピスはCoppicejixiàngsiになっているので、どうもこの地図は中国系の方を想定しているみたいですね。まあ、通りの位置関係と、Chuo Line, Kichijoji Daiichi Hotel, Familymartなどはあっているので何とかなりそうですが。

この地図はpoiが入っていてroutableなのでオートルーティング付きの簡易Naviとして機能すると思います。

※ なお、無料日本地図の品定めについては、別のノートをつくりました。
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=820
試しに7/22に更新された最新版で丹沢方面を見たところ、行者岳、表尾根が標示されました。追加されたのかな。
※ といっても、等高線は入っていないので、ハイクでは今までどおり主要部を地理院地図新版からコピーして利用ですね。(重ねたところはcustom Mapが優先して標示されます。ただし1.2km〜800m表示以上に拡大しないとCustom Mapは出てこないようです。)
ちなみに、イタリア・アルプスのハイクレコはこちらです。
イタリア・アルプス・ハイキングツア全体編
「チンクエ・トーリ ドロミテ(初) 岩登りなしミニハイク」編
「アルペ・デ・シウジ(初)  ドロミテ イタリア・アルプス 「天空ガーデン」爆走ハイク」編

以上、コメント、メッセージなどいただければ可能な範囲で対応させていただきますので、何か気がついたらお知らせくださいませ。
**********  ここから下は補足、注記です  ********** 
補足1 その他の地図データが入手可能なサイト
今回、上で紹介したOSMのサイトからデータをダウンロードしましたが、
http://garmin.openstreetmap.nl/
pomchan4さんからコメントいただいたように、OpenStreetMap活動に基づくデータが他のサイトでも入手可能なようです。
例) http://www.kowoma.de/gps/freieKarten/osmkowomafreizeitkarte.html

また、ワタクシは昨年米国でハイクしたときには以下のサイトを利用しました。
http://www.gpsfiledepot.com/index.php
このサイトでイタリアのMapが入手可能か調べませんでしたが、こちらは等高線の入った図面も入っていたので、もしイタリア版があればこちらの方が良かったかもしれません。(米国は州別に登録されていました。)
補足2. 日本地図に関する補足 (ただしPC内で藪コギが必要なため中級者以上向け)
試しに、http://www.gpsfiledepot.com/index.php
から、いくつかの分岐で迷いながら日本の地図をたぐって行くと、 
http://www.gmaptool.eu/en/content/asia-osm-base
に到達しました。
で、これをダウンロードして日本を切り出してみると、不思議なことに同じOSMでもこちらの方が日本地図としてはよさそうなことが分かりました。
上と同じ丹沢付近ですが、こちらにはNinnoto、sannoto, 烏尾山(しかも漢字)などの山名が登録されており、さらに表尾根、バカ尾根、戸川林道まで破線で示されています。
こちらは吉祥寺をPC上のBase Campで見たもの。
縮尺を変えたので、poiまで見えてますが、「吉祥寺通り」、「Coppice吉祥寺」など漢字表記が見え、名称ローマ字はちゃんとした日本語読みです。

※ ただし、こちらはpoi検索は出来ますが、オートルート(Navi)は付いていないようで、直線で行き先を示すようです。(確認中)
こちらは吉祥寺付近をGarminでみたもの。
漢字対応していないので、漢字は見えなくなっていますが、ローマ字表記だけでも不自然さはなく、また十分な情報量があるような気がします。

※ 探せばともっと良いOSMがあるのかも知れませんね。

※ なお、無料日本地図の品定めについては、新たに別のノートをつくりました。
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=820
さて、問題の搭載方法ですが、以下のような藪コギが必要です。(中級者には読むのが面倒と思いますので、詳細は省きます。)
なお、上にも書きましたが、日本語版のGarmin GPSで日本地図有料版をご利用中の場合、OSM日本地図は干渉を起こす恐れがありますので搭載には十分ご注意いただいたほうが良いかと思います。(デフォルトの有料日本地図はバックアップ、リインストールが出来ないようになっていることも考えられます。) 
--------- 地図のダウンロードとインストール ----------
1. http://www.gmaptool.eu/en/content/asia-osm-base
の下のほうにある、Asia_OSM_Base_v9.7z 900MBをダウンロードします。ウチの環境では約1時間かかりました。
2. PCに7zの解凍ソフトを搭載してなかったので、これをインストールしました。
3. 2.のソフトを使ってダウンロードした7zファイルをC:\Garmin\Maps\内に解凍します。(ちなみに、データの場所はくりてぃかるではありません。下4の実行時にそのファイルのあるロケーションがデータとしてBaseCampに登録されるような気がします。)
4. 中にあるinstall_Asia_OSM_Base.batとmaps_windows.batを実行すると、それぞれjunction(?)か何かが作られ(レジストリ書き込み(?)が行われるようです。
5. これによりBaseCampがAsiaMapを認識し上のB-1に現れました。
--------- GPSへのアップロード -----------
6. 基本上のB-2と同じですが、Asia全域が入っているので、ワタクシのgarminには収まりません。
7. で、上のB-2の二つ目の画面でAsiaを選択したうえで、同画面左下の「高度/部分インストール」ボタンを押すと新しい画面が現れ図面上で切り出す範囲を選択できるようになっています。
8. 約日本付近を切り出すと(荒っぽく切り出したので韓国全土、中国の一部まで入ってしまいましたが)300MB位に収まりました。
9. あとはB-2と同じ動作になりました。
補足3 日本地図、さらに補足 
こちらも、ちょっとテクニカルですが、さらに良さそうなものがありました。
http://tmz.skr.jp/data/gmap.html
の中にある
gmapsupp_140708cntr.zip (2014.07.19現在最新)
です。
こちらは、地図のローマ名称がしっかりしていて、しかも図のようにオートルート(道に沿ってNavi)可です。
しかもなんと、等高線付き!
試しに、"where to"→"Geographic Points"→"Land Features"で"ninoto"で検索すると丹沢ニノ塔がでてきました。
少し拡大すると、表尾根他の主要登山道も出るようです。ということは、ここでもGPSにNaviしてもらえる可能性もありますね。(個人的にはそこまでGPSのお世話にはなりたくないが。)

※ ただし、この地図は直接GPSに載せるのは簡単にコピペなのですが、BaseCampで認識させようとすると、ひとしきりデータ処理をしなければいけません。で、以下に従ってやってみたんですか、見事に失敗してBaseCampが「MapSetを認識できませんエラー」で立ち上がらなくなりました。もう少しでPC内で道迷い遭難しそうでした。
http://www.gpsfiledepot.com/tutorials/how-to-load-.img-files-into-mapsource-with-mapsettoolkit/
まあ、BaseCampに乗っていなくても十分使い勝手は良いと思いますが。
※ 日本語地図だけで相当奥が深いことが分かりましたので、結局、無料日本地図の品定めについて、別のノートをつくりました。(一部記述が重複しています。)
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=820
訪問者数:28094人
-
拍手

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/19
投稿数: 854
2014/7/17 22:00
 海外地図
今晩は。
昨年、初めてでたぶん最後の海外ハイキングに行ってきました。
その時のGPS(Oregon 450 英語版を使用)には、s_fukuchanさんに教えていただいた
http://www.kowoma.de/gps/freieKarten/osmkowomafreizeitkarte.html
からデータをダウンロードして、マップカッターでGPSに入れました。
山の地図も、街の地図も、なかなか、使えました。
登録日: 2013/3/9
投稿数: 1384
2014/7/18 8:27
 Re: 海外地図
pomchan4様 コメントありがとうごさいます。

どうもOSMというのがキーワードみたいですね。
http://www.openstreetmap.org/about
日本の地図が整備されていないのがさびしいので、地図作りがご趣味(?)の人に期待ですかね。

ちなみに、"マップカッター"とは、カシミールのツールのことですか? OSMとカシミール連携は試していないので興味を持ちました。
Garmin MapINstallの中の切り出し機能のことかな。
登録日: 2010/9/19
投稿数: 854
2014/7/18 21:15
 Re[2]: 海外地図
スミマセン
マップカッターではなくて、マップソースでした
s_fukuchanさんに教えていただいたほか、↓を参考にしました。
http://enjoy-america.blogspot.no/2012/02/mapsourcegps.html?m=1


■s_fukuchanさんに教えていただいた方法↓(ノルウェーの地図を入れる方法)

【その1】
 何本かのファイルをダウンロードする必要があるので、ダウンロード先の
アドレス等について。

http://www.kowoma.de/gps/freieKarten/osmkowomafreizeitkarte.html
上記アドレスをクリックして、Norwegenを探す。

その下にある下記のファイルをダウンロード

  norway_gmapsupp_OSM
  img Datei mit OSM-Kartendaten vom10.04.2013 zum Speichern auf Garmin GPS
    このデータは直接GPSのフォルダー
      \Garmin\GPXにペーストすると地図が見られるはず

  norway_mapsource
  Karte vom 10.04.2013 zur Installation in Garmin Mapsource/Basecamp
/Training Center
    このデータはパソコン上でマップソースを開き、マップソース上で
    地図データを見たり、必要な箇所だけGPS用に出力できる

http://www8.garmin.com/support/download_details.jsp?id=210
上記アドレスをクリックしてMapSource software version 6.16.3 を
ダウンロード。

http://www8.garmin.com/support/download_details.jsp?id=836
上記アドレスをクリックしてTraining Center software version 3.6.5 を
ダウンロード。

【その2】
 インストールは下記の順番で行わないと、マップソースのインストール時に
エラーとなる。

 1、Training Centerを一番最初にインストール
 念のためにインストール後にパソコンを再起動
 2、MapSourceを次にインストール
   MapSourceが開けるかの確認を。
 確認してOKであれば
 3、norway_mapsourceをインストール


長文、スミマセン…。
登録日: 2013/3/9
投稿数: 1384
2014/7/18 21:32
 Re[3]: 海外地図
あ、いやいや、長文大歓迎です。多分、他の方が本ノートを本文されるときは、情報が多い方が助けになると思いますよ。
ワタクシも記憶が不鮮明ですが、MapSourceのサイトで言及されているGPSFileDepotは米国ハイクの際に利用した記憶があります。そのときには以下に従って、Garmin のBaseCampからMapを乗っけたような気がします。
http://www.gpsfiledepot.com/tutorials/how-to-open-maps-in-garmin-basecamp/
Map道もいろいろ流派があり奥が深そうですね。

また機会があったらMap談義などよろしくお願いします。
登録日: 2018/7/17
投稿数: 2
2018/7/17 1:37
 ドイツの地図
こんばんは。
この夏、ドイツに行くのでガーミンにドイツの地図を入れてみました。
Basecampでは細部まで表示されるけど、端末では国道と思われる大きな道しか表示されません。
機種はe Trex Legend HCxです。もともと英語版です。
micro SDカードは新しいものを入れました。16GBです。
設定で地図の表示の細かさもMost最大にしました。
declutterも外しています。
PCはwindows8からアップデートしたwindows10です。
単に機種の問題でしょうか? 古すぎるんでしょうかね?
もし、何か解決策があれば教えていただけないでしょうか?
機種の問題なら諦めます。
よろしくお願いします。
登録日: 2013/3/9
投稿数: 1384
2018/7/17 8:15
 Re: ドイツの地図
aerobatさん おはようございます。
古い記事みつけられましたね。

ワタクシのGarminは画面が薄くなって3年前に引退し、その後スマホアプリに切り替えまして、このノートの内容もうろ覚えになっています。ので、思い出しつつ自信のない回答です。
覚えている限りでは、ガーミン上の地図はダウンロードしたデータの詳しさに依存しますが、GPS機種の性能には依存しなかったと思います。(表示速度は機種依存と思いますが。)
従って、aerobatさんのケースはGPSがどの地図を表示しているか、のほうに問題がありそうです。
本文に書いた http://garmin.openstreetmap.nl/
はオランダのオープンソースですのでドイツのデータは充実していると思われます。
もしこれを搭載されたということだと、後はもとからGPSに乗っているデータが干渉して、openソースの表示を邪魔している、ことも考えられるような気がします。自分で書いたことを忘れていますが、本文中に
---------
※ もしかしたら英語版Oregonには他にもデフォルトで地図が入っていたが国内使用で邪魔なので相当昔に削除した気もします。
----------
とありますので、思い切ってモトからあるのを消してみる手はあるかも知れません。(あっ、念のため、PCにデータをバックアップして、自己責任でお願いします。^^;)

もしかしたら、スマホ上のアプリにきりかえる時期かも知れませんよ。^^;)
以下ご参考まで。(現在はSony xperia compact s-o2Gの中古\15000とGeographicaで問題なく運用しています。)
https://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1356
登録日: 2018/7/17
投稿数: 2
2018/7/18 20:33
 Re[2]: ドイツの地図
早速のお返事ありがとうございます。

試しにBasecampではなく、以前から (今も(^^)) 使っているgarminのMapsourceのプログラムから端末に地図を入れたら表示されました✌
移植時間は4時間くらいだったのであとはPCと端末に任せて寝ました。

今でもガーミンのGPSを使っている理由は、単4電池2本で一日中点けっぱなしでも電池が持つ。
山の中でも林の中でも使える。
この2つが大きいですね。

スマホのgooglemapはあっという間にバッテリーが無くなるし、一番使いたい山の中では電波 (データ通信) がはいらず使えない(^_^;)
オフラインモードなるものがあるのを知り、あらかじめ行く先の山をダウンロードしようとすると、「このエリアはオフラインモードは使えません」と笑わせてくれます。

ジオグラフィカの存在はオフロードバイクのFBで知りましたが、一番気になるのは「スマホのバッテリーがどれだけ持つか? 」です。
投稿を拝見させていただいたところ、予め地図をダウンロードしておくこと。
朝、充分、充電しておけばある程度持つようですね。

林道ツーリングがてらジオグラフィカも併用して使い勝手やバッテリーの持ちなど見てみようと思います。

どうもありがとうございました
登録日: 2013/3/9
投稿数: 1384
2018/7/18 21:16
 Re[3]: ドイツの地図
とりあえず前に進んだようでよかったです。
バッテリーのもちは主にスマホの性能によりますが、Xperierはたまに画面で現在地確認するくらいなら8時間くらいは問題ありません。念のためスマホ充電用バッテリは持ち歩いていますが、今まで使ったことは一度しかありません。(行きの電車でWebみすぎました。^^;)
ま、いずれにせよ、すこしでもご参考になったようでしたらうれしいです。

よいドイツでの旅を。 Have a nice touring in Deutschland. ^^)
ページの先頭へ