ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1011038 全員に公開 ハイキング奥秩父

快晴の大菩薩峠から富士と雲海のような甲府盆地を望む

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴。気温も高く汗ばむ状況
アクセス
利用交通機関
電車バス
<行き>
(始発電車)8:30塩山駅 ー8:57 大菩薩峠登山口(山梨交通)
<帰り>
13:33 大菩薩峠登山口 13:56 塩山駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
42分
合計
5時間13分
S大菩薩峠登山口08:1008:24丸川峠分岐駐車場08:33千石茶屋08:3409:35上日川峠09:3809:58福ちゃん荘10:0010:06富士見山荘10:0710:09勝縁荘10:1010:35大菩薩峠10:5811:05親不知ノ頭11:0711:09賽ノ河原11:21神部岩11:2411:29雷岩11:3011:36大菩薩嶺11:3912:21丸川峠12:2313:11丸川峠分岐駐車場13:23大菩薩峠登山口13:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
所々に急坂はあったが、総じて緩やかな坂が多く歩き易かった。
大菩薩峠から雷岩までは写真ばかり撮影していて時間を要しましたが、後半は急いで歩き予定より早く回れて良かった。(5時間13分)
コース状況/
危険箇所等
全般的に歩き易い道。
・丸川峠分岐駐車場から上日川峠までは落ち葉の座布団の道。
・丸川峠から丸川峠分岐駐車場までは落ち葉の急坂で足元がややすべり易かった。
過去天気図(気象庁) 2016年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 計画書 予備電池 GPS 筆記用具 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

塩山駅南口。
大弛峠行きは北口でしたが、大菩薩峠登山口行きは南口からバスに乗ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩山駅南口。
大弛峠行きは北口でしたが、大菩薩峠登山口行きは南口からバスに乗ります。
1
塩山駅南口。かなり濃い霧が立ち込めています。
塩山駅の手前で電車が徐行運転し到着が少し遅れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩山駅南口。かなり濃い霧が立ち込めています。
塩山駅の手前で電車が徐行運転し到着が少し遅れました。
1
大菩薩峠登山口バス停にバスが到着。霧は晴れています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠登山口バス停にバスが到着。霧は晴れています。
公衆トイレを使用させていただきました。
さあ出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公衆トイレを使用させていただきました。
さあ出発です。
甲府盆地には霧が立ち込めています。
南アルプスの山々が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲府盆地には霧が立ち込めています。
南アルプスの山々が見えます。
丸川峠入口。
行きは上日川峠経由(左回り)で行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川峠入口。
行きは上日川峠経由(左回り)で行きます。
落ち葉が敷き詰められた道を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が敷き詰められた道を行きます。
橋を渡り、千石茶屋方面に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡り、千石茶屋方面に行きます。
脇道に入っていきます。
ここから少しの間、急坂になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脇道に入っていきます。
ここから少しの間、急坂になります。
第一展望台に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一展望台に到着。
第一展望台からの甲府盆地の雲海(霧)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一展望台からの甲府盆地の雲海(霧)
1
かなり深い落ち葉の道。足を少し取られます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり深い落ち葉の道。足を少し取られます。
第二展望台から大菩薩嶺方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二展望台から大菩薩嶺方面
第二展望台から甲府方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二展望台から甲府方面
道が途中で迂回路に!
一度林道に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が途中で迂回路に!
一度林道に出ます。
林道からまた登山道へ(迂回路から正規の登山道へ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道からまた登山道へ(迂回路から正規の登山道へ)
上側と下側の道がありますが、
イタヤカエデの箇所は上側を通っていきます。
(下側は行き止まり)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上側と下側の道がありますが、
イタヤカエデの箇所は上側を通っていきます。
(下側は行き止まり)
上日川峠に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日川峠に到着
1
ロッジ長兵衛
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッジ長兵衛
大和村への分岐です。(今回は行きません。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大和村への分岐です。(今回は行きません。)
大菩薩峠経由で大菩薩嶺にむかいま。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠経由で大菩薩嶺にむかいま。
登山道側を通っていきます。
横を通っている一般道よりアップダウンが多い道でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道側を通っていきます。
横を通っている一般道よりアップダウンが多い道でした。
福ちゃん荘。
帰りのバスでお会いした人は、昨日ここに宿泊したとのことでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘。
帰りのバスでお会いした人は、昨日ここに宿泊したとのことでした。
大菩薩峠方面に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠方面に行きます。
富士見山荘からの富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見山荘からの富士山。
4
勝縁荘近くの小川
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝縁荘近くの小川
大菩薩峠に到着。休憩所で昼食をとりました。
あとで考えたら、親不知ノ頭あたりで景色を見ながら食べればよかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠に到着。休憩所で昼食をとりました。
あとで考えたら、親不知ノ頭あたりで景色を見ながら食べればよかったです。
有名な大菩薩峠の標識です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名な大菩薩峠の標識です。
甲府盆地の雲海(霧)です。
盆地全面が霧に覆われています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲府盆地の雲海(霧)です。
盆地全面が霧に覆われています。
遠くに南アルプスが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに南アルプスが見えます。
1
親不知ノ頭への稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親不知ノ頭への稜線
奥多摩方面の山々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩方面の山々
富士山が現れました。
大菩薩湖とともに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が現れました。
大菩薩湖とともに。
富士をアップで!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士をアップで!
3
大菩薩湖と雲海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩湖と雲海
1
介山荘が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
介山荘が見えます。
親不知ノ頭です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親不知ノ頭です。
神部岩方面への稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神部岩方面への稜線
1
霧の下に甲府盆地の街が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧の下に甲府盆地の街が見えてきました。
1
富士山の真下に大菩薩湖が来ました。本当に何度も写してしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の真下に大菩薩湖が来ました。本当に何度も写してしまいます。
1
雷岩に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷岩に到着。
大菩薩峠から雷岩の間で写真ばかり撮っていて
13:33のバスまで2時間無くなってしまいました。
休憩は取らないで下山を急ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠から雷岩の間で写真ばかり撮っていて
13:33のバスまで2時間無くなってしまいました。
休憩は取らないで下山を急ぎます。
丸川峠への道はキレイなコケが多いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川峠への道はキレイなコケが多いです。
1
落ち葉の道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の道。
丸川峠に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川峠に到着。
丸川峠から富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川峠から富士山
急いでバス停に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急いでバス停に向かいます。
丸川峠の雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川峠の雰囲気
1
落ち葉の急坂を降りてきました。
急いで降りたので、滑ることろもあり少し危険でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の急坂を降りてきました。
急いで降りたので、滑ることろもあり少し危険でした。
朝通った分岐に戻ってきました。
バスに間に合いそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝通った分岐に戻ってきました。
バスに間に合いそうです。
高度が下がってくると、紅葉が残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度が下がってくると、紅葉が残っています。
バス停に戻ってきました。
13:33のバスに間に合いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停に戻ってきました。
13:33のバスに間に合いました。

感想/記録

当初は10/23日に大菩薩嶺に登る予定でしたが11/23日は午後より雨の予報になったので、急遽本日(11/20日)のハイキングに変更しました。始発電車に乗って山梨県に向かいましたが、山梨県は深い霧で覆われ塩山駅手前では電車も徐行しながらの運転になりました。少し心配しましたが、大菩薩峠登山口バス停では霧は晴れていて天気も良く、山行には最高の天気になりました。気温も高めで寒さも感じませんでした。
最近、体重が2k増えたことから今回は長めのコースを選択し、大菩薩峠登山口バス停から上日川峠〜大菩薩峠〜大菩薩嶺〜丸川峠〜大菩薩峠登山口バス停を左回りで一周することにしました。
このルートは、大菩薩峠からの登りが本などでよく紹介されていますが真にその通りで、大菩薩峠から雷岩までの稜線のそれ自体の美しさと共に、周りの景色が最高で、何回も訪れている人がいるのがよく解りました。
特に今日はくっきりとした大きな富士と甲府盆地全体を覆う雲海の様な霧が見ることが出来、最高の一日になりました。
この場所に来て、そして富士山を見ると自然と笑顔になる。
大菩薩峠はそういう場所だと思います。
又、天気の良い日に訪れようと思います。
訪問者数:324人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/7/1
投稿数: 265
2016/11/21 23:36
 美しい富士山
wakushigeさん こんばんは!

この日私は同じ山梨県の富士五胡まで自転車ツーリングして、美しい富士山 を眺めて、wakushigeさんと同じように自然と笑顔になれましたよ
富士山は日本一の山〜 ですね
登録日: 2014/10/8
投稿数: 38
2016/11/22 1:13
 Re: 美しい富士山
iwanalpen さん こんばんは!
コメントありがとうございます。
本当にサイコーの富士山 でした。
この富士が見える大菩薩峠で登山にはまる人が多い理由が解りました。

富士五胡までのロングツーリング。凄いですね。
かなりタイトなものだったと想像できますが、
この天気の中、気持ちよく走れたのではないでしょうか。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 林道 紅葉 山行 イタヤカエデ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ