また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 101318 全員に公開 山滑走谷川・武尊

白毛門〜赤倉沢滑降

日程 2011年02月27日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

土合駅P530〜白毛門頂上1100=1110〜赤倉沢滑降〜湯檜曽川1210〜土合駅P1300
コース状況/
危険箇所等
白毛門までは、前日のトレースたくさんあり。当日も10人ほど。上部急斜面一か所。
 湯檜曽川河原は、赤倉出合周辺は埋没している。芝倉出合は流れが少し出ている。一ノ倉出合から先はは、スノーハイキングが山盛り。マチガ出合の東屋は、半分くらい埋まっている。この辺りの積雪は平年やや多め。みなかみ市街は平年以下。
過去天気図(気象庁) 2011年02月の天気図 [pdf]

写真

朝焼けの谷川トマとオキ(左)。右は一ノ倉岳
2011年02月27日 06:41撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの谷川トマとオキ(左)。右は一ノ倉岳
西黒尾根とマチガ沢
2011年02月27日 07:28撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根とマチガ沢
1
5人パーティに抜かれ
2011年02月27日 09:05撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5人パーティに抜かれ
一ノ倉、今の時期よーく見ると、雪がつながっている。稜線から四ルンゼ(本谷)の登下降した人もいるのだが。
2011年02月27日 09:28撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉、今の時期よーく見ると、雪がつながっている。稜線から四ルンゼ(本谷)の登下降した人もいるのだが。
1
左、武能岳と続く稜線は蓬峠方面
2011年02月27日 09:35撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左、武能岳と続く稜線は蓬峠方面
最後の急傾斜登る先行
2011年02月27日 10:10撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急傾斜登る先行
1
登った後にした見る
2011年02月27日 10:40撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った後にした見る
1
向こう笠ヶ岳
2011年02月27日 10:45撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こう笠ヶ岳
下り滑降、赤倉沢
2011年02月27日 11:17撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り滑降、赤倉沢
湯檜曽川出合は埋没
2011年02月27日 12:13撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯檜曽川出合は埋没
一ノ倉出合河原は広々と
2011年02月27日 12:39撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉出合河原は広々と
土合の駅からも白毛門しっかり見えます
2011年02月27日 13:13撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合の駅からも白毛門しっかり見えます

感想/記録
by sptaka

今回珍しく最初からスキー背負って、土合駅から白毛門を登る。この山はスキーじゃ登れない。最初が急なのは知っていたが、途中は案外ゆるい傾斜で登りやすい。最後の方は急斜面。前日のトレースがあったし、後続に抜かれて道はだんだん歩きやすくなっていく。頂上まで5時間半。
 天気がいいのと風が穏やかなのが助かった。
 そういえばわが母校の高校山岳部は、冬山にアイゼンの使用が不可だというのに、過去3回3月にここへきて、一度は登頂して稜線にテントを張ったのだが、翌日の下りに細引きをザイル代わりにして下ったと、15年くらい前の話なのだが、先日90周年誌をまとめているときに気がついたが、顧問の教師も無謀だったし、アイゼン不可というのは、上手に使用しましょうというよりも、危険行為だと思った。
 さて目的の赤倉沢滑降は二度目。さっきの頂上直下のクサリ岩で足がつって、どうにもパワーがないから慎重に。中くらいの斜度だから、滑れないということはないのだが、やはり重い雪に変わりがないわけで。下部のあの粘土のような雪とは、きっと直射だし、雪温がプラスになって、水びだしのシャーベットがつまり粘土雪ってわけで、ボーゲンでもターンができないってもんだ。
 900mほど滑って、途中で休んだし、湯檜曽川の出合は完全に埋没していて、この辺りは私は好きなところだ。でも一人わかんで途中まで登っているトレースがあって驚いた。
 出合から下は、クロカン滑りで行く。一ノ倉出合まで行くと、スノーシューの大群で、でも思うけど、河原なんてスノーシューじゃなくて、クロカンスキーの方がずっと移動が速いのに。スキーと言うと、アルペンゲレンデしか思いつかない人が相当数いるよね。いまノルディック世界選手権やっているっていうのにね。

訪問者数:3584人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ