また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1026952
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
奥多摩・高尾

ヨモギ尾根〜雲取山〜三条の湯

2016年12月16日(金) 〜 2016年12月17日(土)
 - 拍手
体力度
7
1〜2泊以上が適当
GPS
10:16
距離
26.2km
登り
2,338m
下り
2,332m
歩くペース
とても速い
0.50.6
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

1日目
山行
7:26
休憩
0:35
合計
8:01
9:04
34
9:38
9:44
116
12:24
12:24
81
13:45
13:52
9
14:01
14:01
22
14:23
14:23
16
14:39
14:54
22
15:16
15:16
92
16:48
16:51
14
17:05
宿泊地
2日目
山行
1:48
休憩
0:17
合計
2:05
7:32
26
宿泊地
8:53
9:05
31
9:36
9:37
0
9:37
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2016年12月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
コース状況/
危険箇所等
雲取山〜三条ダルミ間に若干・うっすらと雪あるが、その他登山道に積雪なし、凍結か所なし。
奥多摩小屋の水場〜順調
その他周辺情報 鴨沢バス停から少し丹波方向に進んだところにある「かゑる」はコーヒー&お汁粉の店。昔懐かしい雰囲気の店内。朝早くから営業中!
テン泊予定だったが、当日朝、小屋泊まりに変更。身を軽くしてヨモギ尾根に取り付く
テン泊予定だったが、当日朝、小屋泊まりに変更。身を軽くしてヨモギ尾根に取り付く
ヨモギ尾根はこれまで登山では経験したことのないほどの自然林。
ヨモギ尾根はこれまで登山では経験したことのないほどの自然林。
タワ尾根に匹敵するヨモギ尾根。
1
タワ尾根に匹敵するヨモギ尾根。
自然林・広葉樹林が多いから、この時期展望がすこぶる良い。飛龍山方向。
1
自然林・広葉樹林が多いから、この時期展望がすこぶる良い。飛龍山方向。
登山道は、文句のつけようがないほど丁寧に整備されている。山地図では「荒廃」と記されている。
登山道は、文句のつけようがないほど丁寧に整備されている。山地図では「荒廃」と記されている。
要所要所に標識があって、安心!そして、今はどこでもなんの思慮もなく付けらている見苦しい赤テープ、愚かとしか言いようのない荷造りテープ類などは少ない。
要所要所に標識があって、安心!そして、今はどこでもなんの思慮もなく付けらている見苦しい赤テープ、愚かとしか言いようのない荷造りテープ類などは少ない。
奥後山のピーク
小雲取山への登りから奥多摩小屋方向を振り返る。テント4張り。
1
小雲取山への登りから奥多摩小屋方向を振り返る。テント4張り。
雲取山避難小屋。アメリカから来た4人がUチューブ投稿用の動画を撮影していた。
2
雲取山避難小屋。アメリカから来た4人がUチューブ投稿用の動画を撮影していた。
この4人も三条の湯に(先に)下りたが、2時間30分遅れの暗闇の中、三条の湯に着いた。
この4人も三条の湯に(先に)下りたが、2時間30分遅れの暗闇の中、三条の湯に着いた。
三条ダルミから下りてすぐの登山道
三条ダルミから下りてすぐの登山道
夕焼けがきれいだった。
1
夕焼けがきれいだった。
小屋では日本酒をたんまり飲んでしまった。おかげでお風呂は営業終了までのたった10分だけ。
小屋では日本酒をたんまり飲んでしまった。おかげでお風呂は営業終了までのたった10分だけ。
三条の湯・テント場
1
三条の湯・テント場
ヨモギ尾根の取り付き口、塩沢橋
ヨモギ尾根の取り付き口、塩沢橋
いい景色
下山後、鴨沢のバス停近くにある元くろがね小屋の管理人さんのItoさんが経営するお汁粉&コーヒーと人情のお店「かゑる」で長居する。
1
下山後、鴨沢のバス停近くにある元くろがね小屋の管理人さんのItoさんが経営するお汁粉&コーヒーと人情のお店「かゑる」で長居する。
「かゑる」の玄関内部
1
「かゑる」の玄関内部
炬燵がここちよかった。むろんコーヒーもお汁粉もおいしい。このセットで¥800.
2
炬燵がここちよかった。むろんコーヒーもお汁粉もおいしい。このセットで¥800.

感想

初冬の奥多摩、ヨモギ尾根から雲取山に登り三条の湯で宿泊(素泊まり)した。テント泊のつもりが、林道を走っているときに弱気に・・・。
ヨモギ尾根は自然林が多く、タワ尾根と双璧をなす素晴らしい雰囲気だった。この尾根がバリエーションルートとして破線で山地図に記載されていることから敬遠されているのかもしれないが、コースの整備状況は非の打ちどころがない。
三条の湯の部屋には石油ストーブが、食堂には薪ストーブが焚かれていて、いい雰囲気だった。
「かゑる」はくろがね小屋の元管理人Itoさんが開業したコーヒー&お汁粉の店。くろがね小屋はItoさんがいたからこそ何回か訪れたが、小屋を退いた後に行ったら雰囲気はすっかり変わっていた。それからは行くことはなかったが、Itoさんの勧めもあり、厳寒のブリザードの日にでも行ってみることにしよう。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:2472人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら