また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1030457 全員に公開 沢登り丹沢

葛葉川水系 滝ノ沢

日程 2016年12月23日(金) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ(快適な沢日和)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道70号/菜の花台
・トイレあり
・夕方になると夜景見物の駐車多し
・登山届ポストはないので神奈川県警HPよりweb提出
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

菜の花台11:19(要読図)−
11:42向山林道−
12:06滝ノ沢入渓点12:20−
13:15不動ノ滝13:30−
14:40表丹沢林道−
15:08風神ノコル(風神祠)15:20−
15:40表丹沢林道−
三角山尾根−
16:20菜ノ花台
※菜ノ花台北西尾根、西尾根・・・過去10回以上経験有
 滝ノ沢、モトデイリ沢、堂屋敷沢右俣、同左俣、新田沢、洗沢、モトデイリ沢・滝ノ沢界尾根・・・各過去経験有
コース状況/
危険箇所等
■滝ノ沢
  葛葉川流域の新田(アラタ)沢水系においては、一般的遡行価値のある沢として
  堂屋敷沢と滝ノ沢の2本が挙げられる。
  モトデイリ沢は堰堤オンパレードなので遡行価値は低い。
  滝ノ沢は10m滝と不動ノ滝(2段20m)のほか5m級の滝が点在していて
  それなりに面白い。
  ただ植林帯に囲まれているためこの夏の台風の影響か倒木と藪がいくらか
  沢にあるのが残念。
  表丹沢林道より上流は堰堤7基のみで岳ノ台と菩提峠の間の風神祠(コル)に
  詰めて終わる。
  遡行グレード:1級

■丹沢遡行記録集は以下にまとめています。
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html
過去天気図(気象庁) 2016年12月の天気図 [pdf]

写真

この沢の水系を遡行するときは大抵菜の花台を利用して北西尾根を下降し向山林道へ下りさせてもらっています
2016年12月23日 11:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この沢の水系を遡行するときは大抵菜の花台を利用して北西尾根を下降し向山林道へ下りさせてもらっています
年末なのに春のような陽気
2016年12月23日 11:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年末なのに春のような陽気
1
菜の花台から作業径路へ
2016年12月23日 11:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜の花台から作業径路へ
ゲートは開けたら閉める
2016年12月23日 11:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートは開けたら閉める
向山林道へ下りました
2016年12月23日 11:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向山林道へ下りました
不動の滝の標識もある
2016年12月23日 12:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動の滝の標識もある
滝ノ沢入渓点
前半の小滝をパスするなら右岸に付けられた不動の滝への登山道を登ってもよい
2016年12月23日 12:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝ノ沢入渓点
前半の小滝をパスするなら右岸に付けられた不動の滝への登山道を登ってもよい
まず出てくる2段5m
流芯かやや左寄りを少し濡れて登ることもできるが今日は右から巻いた
2016年12月23日 12:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず出てくる2段5m
流芯かやや左寄りを少し濡れて登ることもできるが今日は右から巻いた
次の10m堰堤は左から巻く
2016年12月23日 12:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の10m堰堤は左から巻く
3段5×8m
倒木がちょっと残念だが左から取り付き越える(教蕁棔
2016年12月23日 12:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段5×8m
倒木がちょっと残念だが左から取り付き越える(教蕁棔
同じく5×8m
2016年12月23日 12:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく5×8m
1
すぐに2条幅広1.5m
2016年12月23日 12:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに2条幅広1.5m
足元ほぼ濡らさずステミングで越える
2016年12月23日 12:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元ほぼ濡らさずステミングで越える
すぐ10m堰堤
左巻く
2016年12月23日 12:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ10m堰堤
左巻く
次の5m堰堤は右巻く
2016年12月23日 12:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の5m堰堤は右巻く
堰堤上は開放的なので一本取る
2016年12月23日 12:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤上は開放的なので一本取る
左が岩壁状の3m
左岩の左から登る(卦蕁次
2016年12月23日 12:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が岩壁状の3m
左岩の左から登る(卦蕁次
そして見栄えのする10m滝
2016年12月23日 12:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして見栄えのする10m滝
右の凹角状土ザレをステミングで巻き登り、落ち口上へザレトラバース
2016年12月23日 12:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の凹角状土ザレをステミングで巻き登り、落ち口上へザレトラバース
落ち口上へのトラバースは高度もあるのでしっかりとキックステップ
2016年12月23日 13:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口上へのトラバースは高度もあるのでしっかりとキックステップ
その上は小滝と6m滝
2016年12月23日 13:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上は小滝と6m滝
6m滝は左上部に見える不動の滝への登山道を巻く
2016年12月23日 13:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6m滝は左上部に見える不動の滝への登山道を巻く
6m滝もなかなかだ
2016年12月23日 13:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6m滝もなかなかだ
1
そして不動ノ滝登場!
2016年12月23日 13:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして不動ノ滝登場!
下段10mはお昼過ぎに行けば陽光にうっすら虹が架かり美しい
2016年12月23日 13:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下段10mはお昼過ぎに行けば陽光にうっすら虹が架かり美しい
2
右の支沢は水はチョロチョロだが4段20m滝を形成している
2016年12月23日 13:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の支沢は水はチョロチョロだが4段20m滝を形成している
不動ノ滝は上段10mもあり計2段20m構造
古くから講の信仰対象なので直登は遠慮します
2016年12月23日 13:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動ノ滝は上段10mもあり計2段20m構造
古くから講の信仰対象なので直登は遠慮します
不動尊の左を高巻きます
2016年12月23日 13:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尊の左を高巻きます
不動ノ滝上段落ち口へ出ます
2016年12月23日 13:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動ノ滝上段落ち口へ出ます
少し間が空き1.5×3m
2016年12月23日 13:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し間が空き1.5×3m
きれいな小滝が続く
2016年12月23日 13:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな小滝が続く
倒木もあるけどこれも沢
2016年12月23日 13:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木もあるけどこれも沢
一筋のきれいな4m滝
2016年12月23日 14:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一筋のきれいな4m滝
左流芯スラブ状の2条5m
右流芯の右壁を登る(卦蕁次
2016年12月23日 14:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左流芯スラブ状の2条5m
右流芯の右壁を登る(卦蕁次
植林の倒木も致し方なし
2016年12月23日 14:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の倒木も致し方なし
15m堰堤
古いタイヤの不法投棄が目立ってくる
2016年12月23日 14:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15m堰堤
古いタイヤの不法投棄が目立ってくる
620mの右の支沢には古い車の不法投棄
西丹の東沢林道でも昔見たけどねぇ・・・
2016年12月23日 14:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
620mの右の支沢には古い車の不法投棄
西丹の東沢林道でも昔見たけどねぇ・・・
そろそろ表丹沢林道もチラホラ顔を出してきたので左から林道目指す
2016年12月23日 14:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ表丹沢林道もチラホラ顔を出してきたので左から林道目指す
表丹沢林道出た
2016年12月23日 14:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表丹沢林道出た
余計な影が
2016年12月23日 14:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余計な影が
まだちょっと時間があるのでさらに上流へ
2016年12月23日 14:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだちょっと時間があるのでさらに上流へ
2番目の堰堤も左巻く
2016年12月23日 14:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目の堰堤も左巻く
3番目堰堤は右巻く
2016年12月23日 14:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3番目堰堤は右巻く
4番目堰堤も右コーナー巻くが石積みクライミングだ
2016年12月23日 14:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4番目堰堤も右コーナー巻くが石積みクライミングだ
5〜7番堰堤はすべて左巻いて
2016年12月23日 15:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5〜7番堰堤はすべて左巻いて
755m風神ノコルに詰めた
2016年12月23日 15:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
755m風神ノコルに詰めた
岳ノ台西側の850目指す
2016年12月23日 15:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳ノ台西側の850目指す
850m
ここから南西植林尾根を下降
2016年12月23日 15:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
850m
ここから南西植林尾根を下降
南西尾根(滝ノ沢と堂屋敷沢左俣との界尾根)はほぼ真っ直ぐな植林尾根なので問題なく、表丹沢林道に下りる少し手前で東側斜面に切り付けがあったのでそれに従う
2016年12月23日 15:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西尾根(滝ノ沢と堂屋敷沢左俣との界尾根)はほぼ真っ直ぐな植林尾根なので問題なく、表丹沢林道に下りる少し手前で東側斜面に切り付けがあったのでそれに従う
表丹沢林道へ下りた
2016年12月23日 15:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表丹沢林道へ下りた
県道70号方面目指す
2016年12月23日 15:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道70号方面目指す
県道70号と表丹沢林道分岐のゲートが見えてきた
2016年12月23日 15:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道70号と表丹沢林道分岐のゲートが見えてきた
3年前ほど三角山尾根上に植林伐採用と思われる林道ができた。
2016年12月23日 15:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3年前ほど三角山尾根上に植林伐採用と思われる林道ができた。
でもこの有り様ではもう作業車も通れないね
2016年12月23日 16:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもこの有り様ではもう作業車も通れないね
山は日没間際素晴らしい風景を見せてくれる
2016年12月23日 16:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山は日没間際素晴らしい風景を見せてくれる
林道終点
三角山手前のコル
2016年12月23日 16:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点
三角山手前のコル
この柵ハシゴは跨がせてもらった方がよい
(そのまま進むと藪漕ぎ必至)
2016年12月23日 16:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この柵ハシゴは跨がせてもらった方がよい
(そのまま進むと藪漕ぎ必至)
三角山の三角点
拝ませてもらったら前述のハシゴへ戻る
2016年12月23日 16:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山の三角点
拝ませてもらったら前述のハシゴへ戻る
富士山夕嶽
2016年12月23日 16:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山夕嶽
もう一度ハシゴをまたぐ
2016年12月23日 16:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度ハシゴをまたぐ
菜の花台夕景
2016年12月23日 16:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜の花台夕景
1

感想/記録
by kamog

遡行図リニューアルのため6年半振りの遡行でした。
5年以上ご無沙汰していると記憶も曖昧ばかりか
沢の様子だって変わっている可能性もあるものです。
ただ不動ノ滝とその前の10m滝は健在でした。
訪問者数:466人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ