また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1038590 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道北・利尻

利尻山

日程 1998年08月16日(日) 〜 1998年08月18日(火)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
行き:礼文島・香深ー(フェリー)→鷲泊
帰り:鷲泊ー(フェリー)→稚内
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
0分
休憩
0分
合計
0分
利尻山北麓野営場(登山口)06:0006:00甘露泉06:00長官山06:00利尻岳山小屋06:00沓形分岐06:00利尻山(北峰)06:00利尻岳山小屋
3日目
山行
4時間30分
休憩
2時間30分
合計
7時間0分
利尻岳山小屋06:0006:00沓形分岐07:30利尻山(北峰)07:30利尻山(南峰)10:0010:00利尻岳山小屋11:00長官山13:00甘露泉13:00利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に13:00利尻富士温泉13:00ペンション ヘラさんの家13:00鴛泊港G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

山頂にいた人みんなで。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す山頂にいた人みんなで。
長官山で皆をお見送り。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す長官山で皆をお見送り。
少しガスがとれてきた。
今夜は避難小屋にて泊。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しガスがとれてきた。
今夜は避難小屋にて泊。
礼文島がかすんで見える。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す礼文島がかすんで見える。

感想/記録

初めて
●8月17日(月曜日)野営場〜利尻山〜避難小屋
 鷲泊〜利尻山〜香形の計画だったけれど、寝袋と食糧を持ってテントはそのままにして出発。6時発。ずいぶん荷物が軽く感じる。
 しかし、ここからが長い。ひたすら続く雑木林。5合目ぐらいまで樹林帯。それからひたすら登り。
 7合目あたりで、関西弁のグループに遭遇。どうやらコースで知り合った人たち同士らしい。6人いる。耳を傾けていると、話のテンポが小気味よく、とっても面白い。ちゃっかり一緒に歩くことにする。それにしてもずーっとしゃべり続けている。歩いている時も休んでいる時も。で、無理せずしょっちゅう休みをとる。このペース、無理がなくていい。
 避難小屋を過ぎてからのガレ場がすごい。石の形状は十勝岳のものに似ている。その石が滑る滑る。ようやっとのことで山頂に着く。山頂でも喋る喋る。周りの人の笑いをとったり、ヒンシュク買ったり。ガスが出てあまり下は見えない。1時間以上休んでから下り始める。小屋に荷物を置いて、長官山まで皆を見送りに行く。
●8月18日(火曜日)避難小屋〜利尻山〜鷲泊港
 避難小屋には3人で泊まる。一人は沓形から山頂を踏んできたという人、もう一人は夕方鷲泊を出てきたという人。星を見ようと思ってたケド、寒さのあまり外に出るのがイヤになってやめた。朝日も見ようと思ったケド、曇ってそうだったからヤメた。
 6時から、セカンドアタック。カメラを持つだけの空身。1時間30分で登頂。快晴とまではいかないけど、今日は晴れてる。鷲泊、沓形、鬼脇、島一周が見渡せる。南峰にも足を延ばす。2時間ぐらいのんびりしてから下山。
 8合目を過ぎた辺りで、キャンプ場で見かけた人に会う。顔立ちから少年かと思っていたのだが、声を聞いて女性と分かる。話を聞くと花も恥じらう女子大生だった。あと先になりながら、テン場まで一緒に歩く。
 5合目から3合目の甘露泉まで一気に歩く。そしたら甘露泉でしゃがみこんでおばさん2人が口げんか。昨日の宿での発言が失礼だとかなんとか。そんなもんわざわざ水場ふさいでやんなくたっていいじゃんねぇ。
 山を下りたらお風呂とウニ丼。利尻唯一の温泉で汗を流す。気持ちいーぃ。恰好のいいお店に入って楽しみにしていたウニ丼。うまいっ。他に言葉は見つからない。
訪問者数:145人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ