また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1043401 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

嫌になっちゃう藪々の十石山東尾根

日程 2017年01月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
現在無料となってますが、乗鞍スーパー林道の白骨温泉料金所付近に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間31分
休憩
43分
合計
8時間14分
Sスタート地点06:4907:02十石山登山口07:0907:18スーパー林道方面道標07:2207:27十石山方面分岐07:3109:01湯沢ノ平09:0211:10十石東尾根12:29十石山12:3912:40十石峠避難小屋13:02十石東尾根13:47湯沢ノ平13:5914:44十石山方面分岐14:4614:49スーパー林道方面道標14:53十石山登山口14:5615:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
湯沢の平までは藪々でシートラーゲンを強いられる
その後もブッシュは多い
森林限界上部は風に叩かれてハードパック
スキーアイゼン使用しませんでしたが、装着した方が安全
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

登山口
全然雪がない
大丈夫か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口
全然雪がない
大丈夫か?
1
道標のところから板で歩けそうなので板を履く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標のところから板で歩けそうなので板を履く
でもすぐに無理となり、シートラーゲンで湯沢の平まで歩いた
テントが1張りあった
3名のグループだったと思います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもすぐに無理となり、シートラーゲンで湯沢の平まで歩いた
テントが1張りあった
3名のグループだったと思います
1
ようやく穂高が見えてきた
今日の天気は予報通り曇ってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく穂高が見えてきた
今日の天気は予報通り曇ってきた
霞沢岳〜六百山〜穂高の面々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞沢岳〜六百山〜穂高の面々
2
今日も八ヶ岳は見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も八ヶ岳は見える
4
森林限界まで達するとようやく昨日の乗鞍さんが見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界まで達するとようやく昨日の乗鞍さんが見えてきた
1
何も道標がない山頂に到着
避難小屋もすぐ横
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何も道標がない山頂に到着
避難小屋もすぐ横
3
ここも風衝地なので、山頂の積雪は少ない
また、風に叩かれてアイスバーンも多し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも風衝地なので、山頂の積雪は少ない
また、風に叩かれてアイスバーンも多し
1
穂高が近いですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高が近いですね
4
まだ乗鞍さんも雲が掛かっていない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ乗鞍さんも雲が掛かっていない
4
時間があって四ツ岳まで行けたら面白いだろうな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間があって四ツ岳まで行けたら面白いだろうな〜
1
今日も何とか白山が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も何とか白山が見えた
4
笠ヶ岳から抜戸岳の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳から抜戸岳の稜線
3
穂高と岳沢が正面に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高と岳沢が正面に
4
ここも最高の展望地ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも最高の展望地ですね
1
天気が崩れる前に早く戻ろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が崩れる前に早く戻ろう
ここを行きま〜す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを行きま〜す
駐車地まで戻ると雪が降ってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地まで戻ると雪が降ってきた

感想/記録
by ktn92

前日の疲れが残るものの、予定通り十石山へと向かった。
この日は昼から天気が崩れる予報なので、午前中が勝負だ。
雪不足が否めないものの、どうにか山頂直下の斜面を楽しむ事にしてスタート。
しかし、登山口には全然雪がない。
今年の冬もどうしたことか。
土の上を歩きながら、分岐に差し掛かるころにはそれなりに雪が繋がってきたので、板を履いた。
しかし、尾根筋になるとすぐに藪々となり、仕方なく板を担いで進むが、ハマるハマる。
前日の疲労とこの重労働で体力がなくなった。
それでも根性で進み、湯沢の平まで上がるとようやく板を履いて進めるようになった。
まだ藪は多いので歩きにくいが、先行者1名と思われるのスキートレースがあり、助かったのだが、その上をつぼ足で歩くトレースもあって歩きにくく、結局のところ、トレースを外して登ったほうが楽だった。
天気が崩れる予報だったので、時間との戦いであったが、体力を消耗し、昼までに山頂到着の目論みは全く外れたのだが、何とか雪が降る前に山頂へと辿り着いた。
山頂直下はハードパックされ、スキーアイゼンを付けた方が良かったのだが、少しのことであったので、慎重にシールのみで乗り上げた。
山頂到着時には、まだ白山や乗鞍剣が峰も見えていたが、相変わらず稜線の風は強く、さっさと滑走の準備をして下っていく。
避難小屋下部の斜面も藪が見えており、やはり雪が少ないんだな〜と実感した。
山頂から疎林までは以外にもパウダーが残っており、浮遊感を味わえた。
しかし、ツリーランになると藪も多く、狭い登りトレースを中心に滑るのも大変であった。
その後、湯沢の平手前は登り返しがあるので、何とか上手く巻いてやろうとトラバース気味に藪へ突っ込んだのだが、GPSとにらめっこしているとやばそうになってきて、仕方なく夏道へ登ってまたまた疲れた。
湯沢の平からは忠実に夏道を辿りながら、数回のショートカットをこなして登山口まで戻った。
登山口に着いたころには雪が本格的に降り出し、タイミング良く山行を終えた。
訪問者数:532人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ