また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

十石山(じゅっこくやま)

最終更新:junjapa
基本情報
標高 2524.8m
場所 北緯36度09分48秒, 東経137度35分26秒
乗鞍連峰の稜線上に位置するピーク。国土地理院の二等三角点が設置されている(点名は「十石山」)。穂高連峰や乗鞍主峰の好展望台でありこのピークを目的としての登山活動は稀ではない。以前あった安房峠への縦走路は乗鞍スカイラインが開通して以来廃道となっているが、無雪期は白骨温泉よりアクセスが可能(ただし一般的ではない)。また、積雪期には平湯温泉スキー場より金山〜金山岩経由でアクセスされている。頂上付近には十石峠避難小屋があって地元の有志により管理されている。
三角点の標石は毀損されていないが頂上ケルンの左手のハイマツの中にあり見つけるのが難しい。
十石山の由来については以下のようだ。
「石(こく)という単位は、人間が1年間に食べる米の量を基準としています。1石は、約1000合です。日本山岳ルーツ大辞典によると、十石山(じっこくやま)の山名は、山ろくの街道を通って、毎日十石の米が運ばれたことによるとありますが、その街道がどこであるか述べられていません。一方、日本山名辞典によると、群馬県と長野県の境ある十石峠にも、同じようないわれがあります。十石峠や十石山という名は全国各地にあるので、かつて、国境の物資や往来のある峠道に対して、十石の名が付けられたのでしょう。
 山ろくの街道といえば、岐阜県・長野県境の安房峠ですが、江戸時代やそれ以前の安房峠は、安房山の北側を通る現在の道路とは異なり、安房山の南側、つまり十石山と安房山の間の鞍部を通っていました。
 戦国時代には、武田信玄が飛騨攻めの時、安房峠を使っており、かつて飛騨と信州の間で米や物資の移送があったようですが、江戸時代の後半には峠の使用はすたれて、平湯にあった口留番所も閉鎖されました。
 安房峠とは別に、十石山を十石峠ともいいます。その名残として、山頂の避難小屋は、十石峠避難小屋といいます。ふもとの白骨温泉から山頂を越えて、飛騨側の平湯へ道がつながっていたからでしょう。」
(参考文献:http://www2.ocn.ne.jp/~ynhida/yamagatari/katari2/zikkokuyama.html)
山頂
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

乗鞍岳(のりくらだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部の長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる剣ヶ峰(標高3,026m)を主峰とする山々の総称。山頂部のカルデラを構成する最高峰の剣ヶ峰、朝日岳などの8峰を含め、摩利支天岳、富士見岳など23の峰があり、広大な裾野が広がる。飛騨側の高山市街地などから大きな山容を望むことができ、親しまれてきた山である。
山体は岐阜県と長野県に跨がる活火山で日本で19番目に高い山。活火山ランクCが山頂部に噴気地帯は存在しない。比較的新しい火山であることから穏やかな山容が特徴で、最新の噴火は2000年前の恵比寿岳での噴火とされている。乗鞍岳を含む飛騨山脈の主な山域は1934年(昭和9年)12月4日に中部山岳国立公園の指定を受け。長野県側の麓には溶岩流で形成された乗鞍高原が広がる。1949年に岐阜県道の観光道路で標高2,702 mの畳平までバスが運行されるようになると、大衆化し「雲上銀座」と呼ばれ観光地として賑わった。長野県側からも畳平まで乗鞍エコーラインが開通し山麓にはスキー場が建設され周辺には温泉地があり、四季を通じて美しい景観に恵まれ、乗鞍岳の山域は観光地、保養地として発展している、新日本百名山、信州百名山、ぎふ百山、一等三角点百名山に選定されている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「十石山」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  16   5 
kazesaki21, その他1人
2017年10月08日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  27    9 
inocchi, その他3人
2017年10月08日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  22   7 
2017年10月01日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  88    58  3 
2017年09月24日(日帰り)
甲信越
  34    10 
higurasi-y, その他18人
2017年09月09日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  42    4 
2017年09月03日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  42    9 
2017年09月02日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  16   1 
sibasan, その他2人
2017年08月27日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  100     18 
2017年08月09日(2日間)
ページの先頭へ