また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1046094 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

阿弥陀広河原沢3ルンゼ

日程 2017年01月07日(土) 〜 2017年01月08日(日)
メンバー , その他メンバー3人
天候1日目:快晴 2日目:曇りのち雪
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間20分
休憩
40分
合計
8時間0分
S船山十字路07:2007:40南稜広河原取付11:103ルンゼ分岐11:2014:00P314:50阿弥陀岳15:2015:20行者小屋
2日目
山行
3時間30分
休憩
1時間50分
合計
5時間20分
行者小屋07:4008:20摩利支天大滝08:3008:40無名の滝09:0009:40南沢大滝10:0010:10左の小滝10:3010:40南沢小滝を見学11:2012:20赤岳山荘13:00美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

分岐にテントが一張り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐にテントが一張り
1
もっちーバーティカルを登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっちーバーティカルを登る
2
有名な3ルンゼへの分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な3ルンゼへの分岐
1
うっきー楽しそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっきー楽しそう
1
フリクションノットで登るが上がり過ぎて届かない
強引に取りに行きバランスを崩し、ロープテンション!
なさけなくて、なさけなくて、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フリクションノットで登るが上がり過ぎて届かない
強引に取りに行きバランスを崩し、ロープテンション!
なさけなくて、なさけなくて、、
1
大滝を登攀する別パーティーのメンバー
うっきー達は時間の関係で左から巻いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝を登攀する別パーティーのメンバー
うっきー達は時間の関係で左から巻いた
ここはトレース通りに右へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはトレース通りに右へ
この切れてる小滝を諦めてP3へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この切れてる小滝を諦めてP3へ
1
御嶽山と中央アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山と中央アルプス
P3のルンゼを登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3のルンゼを登る
1
たなべんもP4を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たなべんもP4を登る
阿弥陀頂上でガッツポーズ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀頂上でガッツポーズ
うっきー決めポーズ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっきー決めポーズ
1
時間があるのであらゆる沢を偵察
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間があるのであらゆる沢を偵察
1
名無し大滝
緩傾斜なのでフリーで遊ぶ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名無し大滝
緩傾斜なのでフリーで遊ぶ
1
南沢大滝
太鼓の練習か!?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢大滝
太鼓の練習か!?
もっちーも太鼓たたき
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっちーも太鼓たたき
大キレットかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大キレットかな?
1
南沢大滝の登攀を諦めて下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢大滝の登攀を諦めて下る
小滝をクライムダウンするひろ
楽しそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝をクライムダウンするひろ
楽しそう
赤岳山荘でタクシーを予約
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘でタクシーを予約
峠越え中に通行止め区間がどんどん広がっていった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠越え中に通行止め区間がどんどん広がっていった

感想/記録
by Ukkiee

今シーズン2回目の冬山は、アイスと冬壁のミックスに挑戦
もっちーより攻めの山行になるので装備は最小限に!と言われたが、ビールやつまみをザックの奥にしまい込んでしまった、、、
ザック重量24kg、

船山十字路から雪の無い広河原沢を詰める
雪と氷が出てき始めた二股でアイゼンとガチャをつける
沢を詰めるほどに小滝が現れすべてフリーで越える
分岐では間違った支流に迷い込まないよう注意深く観察して歩を進める
3ルンゼの分岐で1本入れて、グイグイ進むと表層雪崩の跡があった
と、手の平大の岩が左から落ちてくる
落石と雪崩跡に注意しながらルンゼを詰めた
場所はうっきーには分からないが、垂直に立っている氷の壁で初めてロープを出す
フリーで行けないこともないが、落ちたら数百メートルをまっすぐに滑り落ちるはず
今までは右に左に屈曲しながら登ってきたので、この高度感には緊張を強いられた
もっちーリードでフィックスを張り、うっきーは3番目にフリクションで登攀
第一の壁を乗越した際、クレイムハイストに届かないほど登り過ぎてしまった
何気なくクライムダウンしたのが悪かった
アイゼンが決まらないまま体重移動してスリップ、ロープテンションをかけてしまう
やってしまったのは仕方ないが、自分の行動が情けなくて、情けなくて!
それ以降、気を引き締めて登ったけど、反省!!!
その上の大滝を登攀したかったが、ザック重量&残り時間を勘案してパス
左のルンゼをフリーで越え、右だ左だと言いながら気が付けば南稜のP3に着いていた
P3、P4をフリーで越え阿弥陀岳の頂上へ!4人でガッチリと炎のシェイクハンド!
テント装備を背負って時間内にやり切れるか不安だったが思ったよりも早く到着できた
まぁ、雪が少なく(無く)ラッセルが全く無かったので、この結果が出せたのだろう
次回は雪のある時に是非チャレンジしてみたい
行者小屋までは雪崩の心配のない中岳沢を一気に下った
早々にテントに入り持ち上げたビールで乾杯したが、そのビールの美味い事ハンパない
晩ごはんはフリーズドライだったが、疲れた身体には何を食べても美味しく感じる

翌日は天候悪化の予報に加え、メンバーの体調不良もあったのでアルパインを諦め下山を決める
せっかくなので南沢大滝などを視察・登攀しながら降りようとテントを撤収して下山開始
色んな支流を遡上し登れる滝はフリーで登攀して遊びほうけた
摩利支天に続く大滝は下部は切れ、上部がハングってた
こんな滝のぼれんのか!?と思ったが、いずれやってみたい
南沢大滝は気温の高さなどが災いしてビシャビシャ状態で、上部もシャンデリアでスクリューも全く効きそうにない
仕方ないのでなんちゃって写真だけ撮って登攀を諦めた
そのまま下山して美濃戸口からタクシーで船山十字路へ
車に戻って「もみの湯」で汗を流し「上里牧場」で焼肉に舌鼓を打ち帰神した

が、最後に試練が待っていた
大雪の影響で高速道路が通行止めとなり、中津川まで下道で峠越えを余儀なくされる
大雪の峠越えを運転したもっちーさん、お疲れ様でした
このジャンクションを止められると、もうどうしようもないね!
訪問者数:824人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ