また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1047370 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

川乗山(古里駅→赤杭尾根→川乗山→百尋ノ滝→川乗橋)

日程 2017年01月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
<往路>JR古里駅 7:28着
<復路>川乗橋BS 15:02 奥多摩駅行き 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・古里駅〜赤杭尾根 古里駅/川井駅 分岐:古里駅南口から線路に平行して国道を西方面に行き、川乗山登山口の看板に従って右へ入る。あんな二番に従って住宅街を進んだ後、登山道口に至る。植林帯の中の整備された登山道を登る。急坂を2か所ほどこなすと左方に採石場が見えてくる。ズマド山を左から巻く形で進み、川乗山と川井駅をつなぐ赤杭尾根道に出る。
・赤杭尾根 古里駅/川井駅 分岐〜川乗山:赤杭尾根をひたすら登る。途中、三ノ戸山、赤杭山(赤久奈山)、海老小屋山があるが、すべて尾根道は頂上を通っておらず、行くには尾根道外れて登る必要あり。三ノ戸山あたりから積雪あり。赤杭山の先で作業道に合流、しばらく作業道を歩く。海老小屋山の東側に至り、再び登山道へ入る。急斜面をジグザグに登る。このあたりから積雪が深くなる。尾根に乗った地点が海老小屋山頂上への分岐。海老小屋山山頂まで往復する。10分ほど。海老小屋山分岐からは尾根に沿って登る。積雪があまり踏まれておらず登りにくい。曲ヶ谷北峰を通過して少し下った後、鳩ノ巣駅及び川乗橋からの登山道が交差する十字路を直進し、再び登って川乗山山頂に至る。
・川乗山〜百尋ノ滝 登りで通過した十字路を左折して百尋ノ滝、川乗橋方面へ下る。最初は急坂をジグザグに降り、のちに谷沿いに下ってゆく。急峻な斜面を切ってつけられた道を進むと百尋ノ滝が見えた。木階段を3つ下ると百尋ノ滝の下部に出る。
・百尋ノ滝〜川乗橋 百尋ノ滝から延びる谷に沿って、何度も川を渡りながら下る。40分ほどで車道に合流。車道を30分ほど歩くと川乗橋に到着。


過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック チェーンスパイク ガスカートリッジ コンロ コッヘル 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ 無線機 アンテナ

写真

本日は古里駅から出発。降車したのは自分一人!寒いものねぇ〜
2017年01月15日 07:28撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は古里駅から出発。降車したのは自分一人!寒いものねぇ〜
1
古里駅南口から国道を西方面へ進むと川乗山登山口の看板あり、ここから入る。
2017年01月15日 07:32撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古里駅南口から国道を西方面へ進むと川乗山登山口の看板あり、ここから入る。
植林帯の軽快な登山道を進む。
2017年01月15日 08:03撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯の軽快な登山道を進む。
西方面に採石場がみえた。この時間から操業中。
2017年01月15日 08:10撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方面に採石場がみえた。この時間から操業中。
川井駅からの尾根道に合流。
2017年01月15日 08:18撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川井駅からの尾根道に合流。
三ノ戸山の脇を通るあたりから積雪あり。
2017年01月15日 08:40撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ戸山の脇を通るあたりから積雪あり。
1
尾根道からそれて赤杭山(赤久奈山)に到着。
2017年01月15日 08:54撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道からそれて赤杭山(赤久奈山)に到着。
1
これから登る海老小屋山と川乗山。
2017年01月15日 09:00撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る海老小屋山と川乗山。
1
作業道に出た。
2017年01月15日 09:08撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道に出た。
海老小屋山の東側を巻いて作業道を進むと再び登山道が現れる。ここから急斜面をジグザグに登る。
2017年01月15日 09:25撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海老小屋山の東側を巻いて作業道を進むと再び登山道が現れる。ここから急斜面をジグザグに登る。
雪が深いです。先行者の踏み跡をトレース。
2017年01月15日 09:52撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が深いです。先行者の踏み跡をトレース。
尾根に乗った地点に海老小屋山への分岐あり。行きます!
2017年01月15日 10:07撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗った地点に海老小屋山への分岐あり。行きます!
1
海老小屋山山頂到着。新しい山名板がかかっていました。
2017年01月15日 10:02撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海老小屋山山頂到着。新しい山名板がかかっていました。
で、いきなり川乗山山頂! (ここまで結構深い雪で悪戦苦闘して写真撮り忘れた)
2017年01月15日 11:07撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、いきなり川乗山山頂! (ここまで結構深い雪で悪戦苦闘して写真撮り忘れた)
4
頂上脇でアマ無線。晴れ、−8℃。風がほとんどなかったのが幸いしたけど、雪の上はさすがに寒く、1時間が限界。
2017年01月15日 12:19撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上脇でアマ無線。晴れ、−8℃。風がほとんどなかったのが幸いしたけど、雪の上はさすがに寒く、1時間が限界。
3
頂上直下、右が鳩ノ巣、左が川乗橋の十字路を左折、川乗橋方面へ降りる。
2017年01月15日 12:31撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下、右が鳩ノ巣、左が川乗橋の十字路を左折、川乗橋方面へ降りる。
1
谷に降りてゆく。
2017年01月15日 12:55撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷に降りてゆく。
2
三叉路に来た。右折して百尋ノ滝方面へ進む。
2017年01月15日 13:02撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路に来た。右折して百尋ノ滝方面へ進む。
1
百尋ノ滝が見えてきた。
2017年01月15日 13:27撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百尋ノ滝が見えてきた。
2
百尋ノ滝の直下。結構大きいです。半分凍ってます。滝下に崩れた氷が積もってます。
2017年01月15日 13:30撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百尋ノ滝の直下。結構大きいです。半分凍ってます。滝下に崩れた氷が積もってます。
5
川沿いの斜面に付けられた登山道を進む。
2017年01月15日 13:37撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いの斜面に付けられた登山道を進む。
飲料水が凍ってしまった。寒い〜。
2017年01月15日 13:45撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飲料水が凍ってしまった。寒い〜。
2
木橋を渡る。この先このような橋が何度も出てくる。
2017年01月15日 13:50撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木橋を渡る。この先このような橋が何度も出てくる。
1
小さな滝が沢山あります。
2017年01月15日 13:52撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな滝が沢山あります。
氷雪で覆われた橋。結構スリリング。
2017年01月15日 13:57撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷雪で覆われた橋。結構スリリング。
1
車道に出た。
2017年01月15日 14:10撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出た。
川乗橋BSに到着。お疲れ様でした〜。
2017年01月15日 14:41撮影 by EX-ZS190, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川乗橋BSに到着。お疲れ様でした〜。
2

感想/記録

極寒の寒気が入る中、川乗山に行って参りました。登りは古里駅から赤杭尾根。特に厳しい道ではないけれど、途中から積雪あり、上部はかなり深くまた踏まれていなかったので結構大変でした。頂上は晴れで風はほとんどなかったけれど、気温は-8度でさすがに寒く、口がうまく動かなかくておにぎりをかみ砕くのに難儀しました。こんなに雪深くて寒いのに結構沢山の人が登ってきて、頂上には常に数人いました。人気の山ですね。下りは百尋ノ滝経由で川乗橋へ。百尋ノ滝は思ったよりも大きくビックリ。かなり凍っており、その凍った流水が時々崩れ落ちてなかなかの迫力。先週に引き続き雪道歩きを堪能した一日でした。
訪問者数:651人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ