また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1049619 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

霧ケ峰 初スノーシューハイク:車山肩から車山山頂

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
諏訪インターから県道424号、ビーナスライン(県道40号)経由18km、約40分。
良く除雪されており走りやすい状態。
ただしスタッドレスタイヤやタイヤチェーンは必要です。

車山肩の駐車場内は除雪はよくされておらず、数台の車やバスが駐車場り口でスタックしていました。
あげく私もスタックして他の方に押していただきました。
4WD+スタッドレスタイヤです。
スコップを自動車に積んでおくと安心ですね。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間43分
休憩
21分
合計
2時間4分
S車山肩駐車場12:2213:15霧ヶ峰13:3614:24車山肩駐車場14:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
歩いていいところは基本コース内です。
湿原内は絶対に進入禁止です!
一部不心得者の足跡もあるようですが、良い子は真似しないようにしましょう。
霧ヶ峰自然保護センターの散策に関する注意事項によると、ある程度積雪があり(概ね50儖幣紊箸気譴討い泙后)植物を傷めない状態なら、コース外の草原を歩くことは可能なようです。
まずは、植物を傷つけないことを念頭に置いて、スノーシューを・・霧ヶ峰の美しい景色を楽しみましょう。
コース状況/
危険箇所等
エリア内の車山スキー場の積雪は105cmとされています。
雪崩が起きやすいなど危険区域もありますので、事前に霧ケ峰自然保護センターのwebサイトから。霧ヶ峰高原散策マップ(冬季用)で確認していかれることをお勧めします。
その他周辺情報付近の車山スキー場にビジターセンターがあり、スノシューハイクのコース図をもらえます。
それでも、霧ケ峰自然保護センターwebサイトでダウンロードする方が簡単でお勧めです。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

霧ケ峰まであと8キロ地点。
これまで除雪で道路に黒い部分ありましたが、この辺りからは積雪あり。除雪はされていますのでスタッドレスタイヤであれば走行可能です。
2017年01月21日 10:49撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧ケ峰まであと8キロ地点。
これまで除雪で道路に黒い部分ありましたが、この辺りからは積雪あり。除雪はされていますのでスタッドレスタイヤであれば走行可能です。
1
駐車場でカジタックスの12本爪アイゼン装着、さらにアルパインスノーポンも装着しました。
これで足回りは完璧です(^。^)
霧ケ峰最高峰の車山を目指します。
2017年01月21日 12:28撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場でカジタックスの12本爪アイゼン装着、さらにアルパインスノーポンも装着しました。
これで足回りは完璧です(^。^)
霧ケ峰最高峰の車山を目指します。
4
歩き始めましたが、トレースはしっかりあります。
2017年01月21日 12:39撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めましたが、トレースはしっかりあります。
3
真正面に見えるのは霧ケ峰のグライダーの滑走路かな。
2017年01月21日 12:45撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真正面に見えるのは霧ケ峰のグライダーの滑走路かな。
2
車山山頂にある気象レーダーが見えてきました。
歩き始めてすでに45分経過しています。
2017年01月21日 13:07撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車山山頂にある気象レーダーが見えてきました。
歩き始めてすでに45分経過しています。
気象レーダーが随分と近くになりました。
山頂まであとわずかです。
レーダーと思しき丸い部分の下の建物は、まるでルービックキューブのように見えます。
2017年01月21日 13:14撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気象レーダーが随分と近くになりました。
山頂まであとわずかです。
レーダーと思しき丸い部分の下の建物は、まるでルービックキューブのように見えます。
1
中央に白い池のように見えるのは八島湿原です。
八島湿原の先、正面に見える山は鉢伏山(1,929m)です。
2017年01月21日 13:14撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に白い池のように見えるのは八島湿原です。
八島湿原の先、正面に見える山は鉢伏山(1,929m)です。
2
霧ケ峰の最高峰、車山山頂です。
標高1,925mです。
山頂直前では横風が吹き殴っていてとても寒かったですが、山頂付近まで来たら穏やかになってきました。
やれやれ(-_-)
2017年01月21日 13:17撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧ケ峰の最高峰、車山山頂です。
標高1,925mです。
山頂直前では横風が吹き殴っていてとても寒かったですが、山頂付近まで来たら穏やかになってきました。
やれやれ(-_-)
3
山頂には車山神社があります。
麓の茅野市方面が見えていますね。
2017年01月21日 13:21撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には車山神社があります。
麓の茅野市方面が見えていますね。
3
車山神社に建てられた4本の御柱です。
かつて諏訪市に暮らしていたおいらは、ここにも御柱があることが妙にうれしく感動します。
2017年01月21日 13:23撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車山神社に建てられた4本の御柱です。
かつて諏訪市に暮らしていたおいらは、ここにも御柱があることが妙にうれしく感動します。
4
これまで登ってきた方から反対側にはスキー場のリフト降り場ですね。
この後、こちらの方からも登山者さんが団体で登って見えました。
2017年01月21日 13:31撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまで登ってきた方から反対側にはスキー場のリフト降り場ですね。
この後、こちらの方からも登山者さんが団体で登って見えました。
1
レーダー観測所のレーダードーム(丸い部分)
この中には直径4mのパラボラアンテナがあり、回転しながら雨や雪の反射波を観測しているのだそうです。
2017年01月21日 13:35撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レーダー観測所のレーダードーム(丸い部分)
この中には直径4mのパラボラアンテナがあり、回転しながら雨や雪の反射波を観測しているのだそうです。
観測所の壁がやけに傷んでいるようで気になっていました。
よく見ると、壁面はネット状になっていて、そこに付着した雪がはがれている部分があり、それでみすぼらしく見えたんですね。
大切な施設なのに壁面ボロボロは無いだろーって思っていましたので、安心しました!(^^)!
2017年01月21日 13:35撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観測所の壁がやけに傷んでいるようで気になっていました。
よく見ると、壁面はネット状になっていて、そこに付着した雪がはがれている部分があり、それでみすぼらしく見えたんですね。
大切な施設なのに壁面ボロボロは無いだろーって思っていましたので、安心しました!(^^)!
1
さあ、下山しよう!
再度八島湿原の方角。
鉢伏山の左には昨年末に登った高ボッチ山。
2017年01月21日 13:39撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、下山しよう!
再度八島湿原の方角。
鉢伏山の左には昨年末に登った高ボッチ山。
2
レーダー観測所周辺は車山スキー場方面から登ってきた登山者さんもいらしてるので賑やかになってます。
最初は私がしばらく独り占めしていたのに(^。^)
2017年01月21日 13:42撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レーダー観測所周辺は車山スキー場方面から登ってきた登山者さんもいらしてるので賑やかになってます。
最初は私がしばらく独り占めしていたのに(^。^)
1
下山道を振り返っています。
分かりにくいですが登山道の様子。
2017年01月21日 13:45撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道を振り返っています。
分かりにくいですが登山道の様子。
7
登山道、真中はもともとあるトレース。
左側は、私が新たに付けた足跡。
スノーポンで膝くらいまで沈みながら足跡付けました!(^^)!
2017年01月21日 13:57撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道、真中はもともとあるトレース。
左側は、私が新たに付けた足跡。
スノーポンで膝くらいまで沈みながら足跡付けました!(^^)!
2
なんと!!
富士山が見えています(*_*)
霞んではいますが、ほぼ全体の姿が見えています。
2017年01月21日 14:09撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと!!
富士山が見えています(*_*)
霞んではいますが、ほぼ全体の姿が見えています。
7

感想/記録

本格的な雪山に登るにはあまりにも荒れ模様のお天気。
そんな中で、なんとか行けそうな霧ケ峰で、自身初めてのスノーシューハイクすることにしました。
装備はスノーシューではなく、モンベルのアルパインスノーシューです。
カジタックスの12本爪アイゼンとセットで装着できるやつです。
他の方のはいてるスノーシューと比較すると、雪に接地する面積はスノーポンのほうが広く作られていることがわかりました。
それで浮力が確保されているんですね。
他のスノーシューはいたことないけど、スノーポン面白いです。
できるだけトレース避けて、まっさらの雪原(あくまでコース内)に新しい足跡残してきました。
深いところでは膝まで沈み込みました。
ツボ足なら腰までズボリといきそうですね。
子供のころに帰って、楽しい雪遊び、スノーシューハイクを楽しんできました。
訪問者数:433人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ