ヤマレコ

記録ID: 1050164 全員に公開 山滑走剱・立山

鍬崎山

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
 o36
天候曇り 風強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間35分
休憩
18分
合計
7時間53分
Sスタート地点03:5606:10大品山06:1208:14独標08:1609:23鍬崎山09:2610:04独標10:1011:21大品山11:2611:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

あわすのスキー場発
2017年01月22日 03:58撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あわすのスキー場発
このころはまだ月が出ていた。
2017年01月22日 04:44撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このころはまだ月が出ていた。
大品山からシールでコルへ
大品山のコルで夜明け
振り返る大品山
2017年01月22日 07:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大品山からシールでコルへ
大品山のコルで夜明け
振り返る大品山
弥陀ヶ原方面はガスで見えず
2017年01月22日 07:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原方面はガスで見えず
西の空だけ少しの晴れ間
2017年01月22日 07:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の空だけ少しの晴れ間
独標手前
鍬崎山は見えない
2017年01月22日 07:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標手前
鍬崎山は見えない
独標手前の鎖場をツボ足で登ろうとしたが
単独では時間がかかりあきらめて右斜面を下り気味にトラバースした。
急斜面の雪はモナカっぽくなってなだれる心配はないが
おっかない。
2017年01月22日 07:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標手前の鎖場をツボ足で登ろうとしたが
単独では時間がかかりあきらめて右斜面を下り気味にトラバースした。
急斜面の雪はモナカっぽくなってなだれる心配はないが
おっかない。
1
独標横から鍬崎山
山頂は風地獄
2017年01月22日 08:14撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標横から鍬崎山
山頂は風地獄
オオシラビソ
2017年01月22日 08:14撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオシラビソ
独標より上は地吹雪
しかしながらばっちり地獄装備なので寒くないし
歩けるのでピークを目指す
2017年01月22日 08:48撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標より上は地吹雪
しかしながらばっちり地獄装備なので寒くないし
歩けるのでピークを目指す
振り返る
2017年01月22日 08:48撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る
このあたりは風で雪も飛ばされラッセルも楽
2017年01月22日 09:21撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは風で雪も飛ばされラッセルも楽
1
登頂
山の神様とポンに感謝
スキーの左右が逆(笑)
2017年01月22日 09:23撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂
山の神様とポンに感謝
スキーの左右が逆(笑)
1
標識も雪の下
気温−14℃
2017年01月22日 09:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識も雪の下
気温−14℃
山頂のシュカブラ
風が強いので少し下ってオオシラビソの群生横で滑走準備
2017年01月22日 09:25撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のシュカブラ
風が強いので少し下ってオオシラビソの群生横で滑走準備
1
あとは気を付けてスキーで下山
雪庇が発達しています
注意して帰ります。
2017年01月22日 09:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは気を付けてスキーで下山
雪庇が発達しています
注意して帰ります。
1
撮影機材:

感想/記録
by o36

15時に山田へ長男を送迎なので
駄目もとで鍬崎山へ
この時期の鍬崎山は甘くない
荒れる天気の予報だが行けるところまで行ってみようということで
朝2時に起床してあわすのスキー場へ
4時に出発してスキー場トップへ昨日のトレースがうっすら残っているが昨日の雪で殆んど消えているしかしながらラッセルは先週よりたいしたことない
足首ほど
多いところでも脛くらい
兎に角、単独なので慎重に謙虚に行く
風が通らない場所で早々に地獄装備する
あとは黙々と登った
気が付いたら独標
その後、オオシラビソが出ていつの間にか山頂に到着した
登頂させてもらったことに感謝して少し下って滑走準備
独り占めの激パウでした。
しかしながら昨年と同じ場所でルートミス
学習能力が無い
反省
大品のコルで大休止しているとレッドバロンさんと天狗蔵さんと遭遇
シールの話、等、ためになる話を聞くことが出来て感謝
大品からもパウダーを堪能してスキー場は消化試合
怪我もなく思ったより早く下山でき満足でした。
訪問者数:587人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 鎖場 雪庇 コル 吹雪
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ