ヤマレコ

記録ID: 1050202 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

嵐山 石老山 高塚山(東海自然歩道)

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
相模湖駅周辺のパーキング利用。
相模湖駅からはバス利用。
往路:相模湖駅から千木良下車
復路:プレジャーフォレスト前から相模湖駅下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
26分
合計
5時間3分
S千木良バス停08:3008:42弁天橋08:4508:54嵐山登山口(相模ダム側)08:5509:15嵐山09:1609:58鼠坂09:5910:29石老山駐車場10:3010:40顕鏡寺10:4911:09融合平見晴台11:1011:32石老山11:3811:58高塚山11:5912:19石老山12:45大明神山12:49大明神展望台12:5013:29鼠坂13:3013:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
東海自然歩道の範囲内はよく整備されており危険箇所はありませんが、石老山〜高塚山の間はあまり歩かれてないようで道は明瞭ですが指導標などはありません。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

年始からなにかと忙しく、3週間ぶりとなる山行です。
本日は東海自然歩道の続きと石老山周辺に行きたいと思い朝から相模湖駅に来ております。
ここから千木良方面のバスを利用します。
この時点ですでに予定より1時間遅れております。
家を出るとき通勤用の靴で出発してしまった事に途中で気づき引き返したので…。
2017年01月22日 08:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
年始からなにかと忙しく、3週間ぶりとなる山行です。
本日は東海自然歩道の続きと石老山周辺に行きたいと思い朝から相模湖駅に来ております。
ここから千木良方面のバスを利用します。
この時点ですでに予定より1時間遅れております。
家を出るとき通勤用の靴で出発してしまった事に途中で気づき引き返したので…。
1
さて、1時間の遅れは気温が上がってくるのを待っていた為と自分に言い聞かせスタート地点に。
ここ数日の異様な寒さに比べると今日はとても暖かく、良い日よりですね!
2017年01月22日 08:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、1時間の遅れは気温が上がってくるのを待っていた為と自分に言い聞かせスタート地点に。
ここ数日の異様な寒さに比べると今日はとても暖かく、良い日よりですね!
1
さて、まずは東海自然歩道の続きとなる弁天橋へ。
千木良バス停からはすぐ近くです。
2017年01月22日 08:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、まずは東海自然歩道の続きとなる弁天橋へ。
千木良バス停からはすぐ近くです。
1
あれが弁天橋。
見るからに結構下のほうにあるので、まずはガッツリ下ります。
まだ体が温まっていないので足に響く…!
2017年01月22日 08:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが弁天橋。
見るからに結構下のほうにあるので、まずはガッツリ下ります。
まだ体が温まっていないので足に響く…!
2
弁天橋は歩行者専用と思われます。
自転車で来るのはかなり難易度高そうなので。
日当たりが良く、ポカポカして気持ちいいー。
2017年01月22日 08:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天橋は歩行者専用と思われます。
自転車で来るのはかなり難易度高そうなので。
日当たりが良く、ポカポカして気持ちいいー。
1
端の中腹から相模湖方面。
あまり綺麗な水とは言えなそうですね…。
2017年01月22日 08:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
端の中腹から相模湖方面。
あまり綺麗な水とは言えなそうですね…。
1
さて、のんびりとしたオープニング散歩はここまでで、ここからは登山です。
今日は嵐山・石老山を歩きます。
東海自然歩道の赤く囲った部分です。
書いてありませんが、高塚山にも立ち寄りたいと思います。
2017年01月22日 08:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、のんびりとしたオープニング散歩はここまでで、ここからは登山です。
今日は嵐山・石老山を歩きます。
東海自然歩道の赤く囲った部分です。
書いてありませんが、高塚山にも立ち寄りたいと思います。
1
弁天橋を渡り、一度一般道に出て相模湖方面へ少し歩くと嵐山の入り口があります。
2017年01月22日 09:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天橋を渡り、一度一般道に出て相模湖方面へ少し歩くと嵐山の入り口があります。
1
ここから登山道です。
ちょっと久しぶりなので緊張しました。
2017年01月22日 09:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道です。
ちょっと久しぶりなので緊張しました。
1
そして嵐山山頂へ到着。
20分強で登れるお手軽な山ですが、道中はそれなりに急斜面な場所もあり地味にキツイ。
道中の写真が無いのですが、まだ体のエンジンがかかり切ってない感じで、写真を撮るという事をすっかり忘れていました。
途中はあまり見どころが無いという事もありますが。
2017年01月22日 09:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして嵐山山頂へ到着。
20分強で登れるお手軽な山ですが、道中はそれなりに急斜面な場所もあり地味にキツイ。
道中の写真が無いのですが、まだ体のエンジンがかかり切ってない感じで、写真を撮るという事をすっかり忘れていました。
途中はあまり見どころが無いという事もありますが。
2
道中に見どころが無くても山頂にはあります。
嵐山山頂からは相模湖を一望できる景観が広がっており、なかなかに気持ちが良いです。
短時間で手軽に登れて、ちょこっと山っぽい斜面も味わえて、さらに空いていて静かで景観の良い山頂広場。
嵐山、なんか好きになりそうです。
2017年01月22日 09:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中に見どころが無くても山頂にはあります。
嵐山山頂からは相模湖を一望できる景観が広がっており、なかなかに気持ちが良いです。
短時間で手軽に登れて、ちょこっと山っぽい斜面も味わえて、さらに空いていて静かで景観の良い山頂広場。
嵐山、なんか好きになりそうです。
4
富士山方面はこんな感じ。
正直、いろいろ邪魔で写真ではよくわからないのですが、肉眼であれば富士山のある景色を少し味わう事はできます。
2017年01月22日 09:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山方面はこんな感じ。
正直、いろいろ邪魔で写真ではよくわからないのですが、肉眼であれば富士山のある景色を少し味わう事はできます。
1
山頂には嵐山宮(産霊宮水上神社:むすびのみやみなかみじんじゃ)がありました。
こじんまりとしていますが、パワー絶大と説明文に書いてあります。
登山の無事・家族の健康・宝くじの当選などを祈願していきました。
2017年01月22日 09:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には嵐山宮(産霊宮水上神社:むすびのみやみなかみじんじゃ)がありました。
こじんまりとしていますが、パワー絶大と説明文に書いてあります。
登山の無事・家族の健康・宝くじの当選などを祈願していきました。
1
山頂を後にし、石老山方面へ下りていきます。
進入禁止か滑落防止かのガードが鉄条網…。
たたたっと降りてくるとここに突っ込みやすいような位置です。
突っ込んだらゾンビ映画みたいなことになりそう。
皆様感じることは同じなのか、沢山の色とりどりなリボンがつけられており、注意喚起のようでした。
2017年01月22日 09:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を後にし、石老山方面へ下りていきます。
進入禁止か滑落防止かのガードが鉄条網…。
たたたっと降りてくるとここに突っ込みやすいような位置です。
突っ込んだらゾンビ映画みたいなことになりそう。
皆様感じることは同じなのか、沢山の色とりどりなリボンがつけられており、注意喚起のようでした。
1
途中、これまでの山ではあまり無かった竹林が広がっていました。
不思議な感じではあるのですが、なんとなくあまり好きな雰囲気ではないかも…。
ちなみにヤマプラでこのコースを使おうとするとなぜか迂回して変なルートが選択されます。
2017年01月22日 09:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、これまでの山ではあまり無かった竹林が広がっていました。
不思議な感じではあるのですが、なんとなくあまり好きな雰囲気ではないかも…。
ちなみにヤマプラでこのコースを使おうとするとなぜか迂回して変なルートが選択されます。
1
プレジャーフォレストとの境界部分までくれば終わりが見えてきます。
2017年01月22日 10:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレジャーフォレストとの境界部分までくれば終わりが見えてきます。
1
嵐山を下り、次の目標へ。
次は石老山です。本日のメインディッシュ。
2017年01月22日 10:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嵐山を下り、次の目標へ。
次は石老山です。本日のメインディッシュ。
1
一般道をしばらく歩くと右手に相模湖病院が見えてきます。
石老山の登山口はこちらから。
途中分岐が結構ありますが、指導票がこれでもかというほど有るので迷うことは無いでしょう。
2017年01月22日 10:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般道をしばらく歩くと右手に相模湖病院が見えてきます。
石老山の登山口はこちらから。
途中分岐が結構ありますが、指導票がこれでもかというほど有るので迷うことは無いでしょう。
1
相模湖病院駐車場の隅のほうに、登山者用駐車場もあります。
石老山だけ登るのであればこちらを利用するとバス停よりも近く、最寄りとなるでしょう。
駐車スペースはそんなに広いわけではないので、満車には注意が必要です。
2017年01月22日 10:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湖病院駐車場の隅のほうに、登山者用駐車場もあります。
石老山だけ登るのであればこちらを利用するとバス停よりも近く、最寄りとなるでしょう。
駐車スペースはそんなに広いわけではないので、満車には注意が必要です。
1
石老山といえば奇岩・巨岩が有名。
ワクワクしながら入山。
2017年01月22日 10:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石老山といえば奇岩・巨岩が有名。
ワクワクしながら入山。
1
なんというかとても幻想的というか、独特の雰囲気です。
とても岩々しい登山道を登っていくルートは、それなりにキツイ登りでも不思議と苦しくはなく、物珍しい風景に見とれているうちに登れてしまいます。
2017年01月22日 10:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんというかとても幻想的というか、独特の雰囲気です。
とても岩々しい登山道を登っていくルートは、それなりにキツイ登りでも不思議と苦しくはなく、物珍しい風景に見とれているうちに登れてしまいます。
3
岩に踏み痕ができるってすごいですよね。
岩が足形に削られるまで、いったいどれほどの人が歩いたのでしょう…。
2017年01月22日 10:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に踏み痕ができるってすごいですよね。
岩が足形に削られるまで、いったいどれほどの人が歩いたのでしょう…。
1
石老山の岩には名前の付いたものがいくつかあります。
こちらは駒立岩。
昔の偉い人が馬に乗ってこの岩の上で休憩したとのことで、馬の蹄の痕があるようですが私にはわかりませんでした。
2017年01月22日 10:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石老山の岩には名前の付いたものがいくつかあります。
こちらは駒立岩。
昔の偉い人が馬に乗ってこの岩の上で休憩したとのことで、馬の蹄の痕があるようですが私にはわかりませんでした。
1
こちらは力試岩。下の大きいほうが男岩で上の直立しているのが女岩だそうです。
いや無茶だろ。
2017年01月22日 10:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは力試岩。下の大きいほうが男岩で上の直立しているのが女岩だそうです。
いや無茶だろ。
2
こちらは蛇木杉。
顕鏡寺の入り口あたりにあります。
推定年齢400歳とのこと。でかい。
2017年01月22日 10:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは蛇木杉。
顕鏡寺の入り口あたりにあります。
推定年齢400歳とのこと。でかい。
1
そして顕鏡寺。
落ち着いた空気の静かなお寺ですね。
トイレもありますので、とても助かります。
2017年01月22日 10:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして顕鏡寺。
落ち着いた空気の静かなお寺ですね。
トイレもありますので、とても助かります。
1
顕鏡寺には冬季でも販売している自動販売機が。
しかも別にお山価格という事もなく良心的です。
2017年01月22日 10:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
顕鏡寺には冬季でも販売している自動販売機が。
しかも別にお山価格という事もなく良心的です。
顕鏡寺を過ぎてすぐあるのがこちら。
岩窟です。
天然の岩が巨大な屋根のように絶妙なバランスで覆いかぶさっている様を見ると、ここを住居にしていた人がいることに驚きです。
当時はコンクリの補強も無かったはず。
2017年01月22日 10:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
顕鏡寺を過ぎてすぐあるのがこちら。
岩窟です。
天然の岩が巨大な屋根のように絶妙なバランスで覆いかぶさっている様を見ると、ここを住居にしていた人がいることに驚きです。
当時はコンクリの補強も無かったはず。
1
まぁコンクリ壁があったところで…というくらい巨岩なんですけど。
2017年01月22日 10:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まぁコンクリ壁があったところで…というくらい巨岩なんですけど。
1
途中パンダっぽい木漏れ日を発見。
2017年01月22日 10:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中パンダっぽい木漏れ日を発見。
1
こちらは蓮華岩。
たしかに蓮華っぽい形をしています。
形的にはどっかから落ちてきたと思うんですが、当たったら痛そう。
2017年01月22日 10:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは蓮華岩。
たしかに蓮華っぽい形をしています。
形的にはどっかから落ちてきたと思うんですが、当たったら痛そう。
1
途中の分岐は左へ行きます。
岩を見に来たので岩のあるルートに。
右へ行くと「さくら道ハイキングコース」というところに行くそうです。
名前的に春に来ると良さそうですね。
2017年01月22日 10:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の分岐は左へ行きます。
岩を見に来たので岩のあるルートに。
右へ行くと「さくら道ハイキングコース」というところに行くそうです。
名前的に春に来ると良さそうですね。
1
こちらは鏡岩。
岩肌が滑らかで、朝日を反射するそうです。
写真が綺麗にとれていないのはきっと反射のせい…!
2017年01月22日 11:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは鏡岩。
岩肌が滑らかで、朝日を反射するそうです。
写真が綺麗にとれていないのはきっと反射のせい…!
1
鏡岩の根本には頑張っている小枝部隊が。
石老山の巨岩の足元にはたいてい彼らが頑張っています。
2017年01月22日 11:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡岩の根本には頑張っている小枝部隊が。
石老山の巨岩の足元にはたいてい彼らが頑張っています。
1
器用に岩をよけて生えている杉。
自然ってのは凄いものですね。
2017年01月22日 11:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
器用に岩をよけて生えている杉。
自然ってのは凄いものですね。
1
こちらは吉野岩(弁慶の力試岩)。
ルートに覆いかぶさるように突き出ている巨岩です。
というかルートに覆いかぶさってるんじゃなく、この下を通るルートがメジャーになったんだとは思いますが。
2017年01月22日 11:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは吉野岩(弁慶の力試岩)。
ルートに覆いかぶさるように突き出ている巨岩です。
というかルートに覆いかぶさってるんじゃなく、この下を通るルートがメジャーになったんだとは思いますが。
1
弁慶の拳の痕だそうです。
おおよそスイカ大です。弁慶の拳でかっ!強っ!
ちなみに説明文でもちゃんとツッコミが入っております。
2017年01月22日 11:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁慶の拳の痕だそうです。
おおよそスイカ大です。弁慶の拳でかっ!強っ!
ちなみに説明文でもちゃんとツッコミが入っております。
1
こちらは擁護岩(雷電岩)。
飯縄権現神社を守るように突出する石老山で最大の岩だそうです。
とにかく大きく、写真に納まりません。
無理に撮ろうとして下がるとアッー!なのでお気を付けください。
2017年01月22日 11:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは擁護岩(雷電岩)。
飯縄権現神社を守るように突出する石老山で最大の岩だそうです。
とにかく大きく、写真に納まりません。
無理に撮ろうとして下がるとアッー!なのでお気を付けください。
2
こちらは試岩。
昔の武士が一刀両断したとのこと。とんでもない名刀です。
石老山は試し系が多い気がします。
2017年01月22日 11:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは試岩。
昔の武士が一刀両断したとのこと。とんでもない名刀です。
石老山は試し系が多い気がします。
2
こちらは八方岩。
立ち入り禁止のようですが、この岩に乗ると八方が見えることから名づけられたとの事。
しかし、実際は八方の展望はなく、これについても説明文でツッコミが入っています。
観光資源+ファンタジーのものにツッコミ付きの説明文がある石老山は結構珍しいような気も。
2017年01月22日 11:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは八方岩。
立ち入り禁止のようですが、この岩に乗ると八方が見えることから名づけられたとの事。
しかし、実際は八方の展望はなく、これについても説明文でツッコミが入っています。
観光資源+ファンタジーのものにツッコミ付きの説明文がある石老山は結構珍しいような気も。
2
八方岩の立ち入り禁止ロープ手前からの眺め。
東南方面はそれなりに展望は良いですね。
2017年01月22日 11:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方岩の立ち入り禁止ロープ手前からの眺め。
東南方面はそれなりに展望は良いですね。
2
八方岩を過ぎたあたりから、岩が少なくなり普通の登山道な感じに近くなってきます。
ここまで面白い形の岩を撮影しまくったため、異様に時間を食っていることに気づきました。
2017年01月22日 11:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方岩を過ぎたあたりから、岩が少なくなり普通の登山道な感じに近くなってきます。
ここまで面白い形の岩を撮影しまくったため、異様に時間を食っていることに気づきました。
1
時間を考えながら少し急ぎ気味で進んでいきますと、融合平展望台へ到着。
名前の由来はよくわかりません。
融合…?
2017年01月22日 11:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間を考えながら少し急ぎ気味で進んでいきますと、融合平展望台へ到着。
名前の由来はよくわかりません。
融合…?
1
展望台というだけあってなかなかの景観。
相模湖が綺麗に見えます。
陣馬山方面の山々もはっきりと見ることができます。
2017年01月22日 11:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台というだけあってなかなかの景観。
相模湖が綺麗に見えます。
陣馬山方面の山々もはっきりと見ることができます。
2
ゴロゴロした岩道は終わりましたが、山頂まで岩が導いてくれます。
すごい「道」感です。
2017年01月22日 11:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴロゴロした岩道は終わりましたが、山頂まで岩が導いてくれます。
すごい「道」感です。
1
そして山頂到着!
それほど広い山頂ではないですが、大勢のハイカーの方々で賑わっておりました。
逆光だったので頂票がちょっと斜めな感じのアングルに。
2017年01月22日 11:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして山頂到着!
それほど広い山頂ではないですが、大勢のハイカーの方々で賑わっておりました。
逆光だったので頂票がちょっと斜めな感じのアングルに。
2
石老山山頂からの富士山。
綺麗に見えました。
海外の方が、頂票と富士山と自分が全部入るように撮影をするために逆光と戦っておりました。
2017年01月22日 11:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石老山山頂からの富士山。
綺麗に見えました。
海外の方が、頂票と富士山と自分が全部入るように撮影をするために逆光と戦っておりました。
3
後半急いだこともあり時間に余裕があったのでお昼ご飯より先に高塚山に立ち寄ります。
なんなら高塚山でお昼食べてもよさそう。石老山混んでますし。
2017年01月22日 11:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半急いだこともあり時間に余裕があったのでお昼ご飯より先に高塚山に立ち寄ります。
なんなら高塚山でお昼食べてもよさそう。石老山混んでますし。
1
15分ほどで高塚山に到着。
山と高原地図で40分と書いてあったのですが、あっという間でした。
これなら石老山に戻ってお昼でも良さそう。
というか高塚山山頂なんにもないし…。
2017年01月22日 12:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほどで高塚山に到着。
山と高原地図で40分と書いてあったのですが、あっという間でした。
これなら石老山に戻ってお昼でも良さそう。
というか高塚山山頂なんにもないし…。
2
山と高原地図では丹沢方面展望良しと書いてあったのですが、展望…?
冬でこれなら葉っぱがある季節は何も見えないのではないかと…。
石老山から高塚山へは指導票も何もなく、道も歩く人が少ない様子が伺え、明らかにマイナーな感じが漂っていました。
また急坂型のアップダウンが激しく、距離の割には疲れます。
よほどのことが無いともう来ることは無さそうな気がします。
2017年01月22日 12:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山と高原地図では丹沢方面展望良しと書いてあったのですが、展望…?
冬でこれなら葉っぱがある季節は何も見えないのではないかと…。
石老山から高塚山へは指導票も何もなく、道も歩く人が少ない様子が伺え、明らかにマイナーな感じが漂っていました。
また急坂型のアップダウンが激しく、距離の割には疲れます。
よほどのことが無いともう来ることは無さそうな気がします。
2
ささっと石老山へ戻り、お昼を食べながら看板をチェック。
高塚山載ってもいないし…。
下山は大明神山を経由するルートで下ります。
2017年01月22日 12:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ささっと石老山へ戻り、お昼を食べながら看板をチェック。
高塚山載ってもいないし…。
下山は大明神山を経由するルートで下ります。
1
石老山山頂を出発し少し進むと、ざっくりとした感じの三角点の案内板が置いてありました。
三角点マイスターではないのですが、せっかくなのでタッチしていきます。
2017年01月22日 12:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石老山山頂を出発し少し進むと、ざっくりとした感じの三角点の案内板が置いてありました。
三角点マイスターではないのですが、せっかくなのでタッチしていきます。
1
帰りはちょっとしたアップダウンを繰返しながら気持ちのいい山道を歩いていくコースです。
2017年01月22日 12:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはちょっとしたアップダウンを繰返しながら気持ちのいい山道を歩いていくコースです。
1
程なくして大明神山に到着。
こじんまりとした広場ですが、下山ルートのちょうど中間といった所なので休憩にはもってこいかもしれません。
2017年01月22日 12:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程なくして大明神山に到着。
こじんまりとした広場ですが、下山ルートのちょうど中間といった所なので休憩にはもってこいかもしれません。
1
大明神様にも挨拶をして行きます。
2017年01月22日 12:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大明神様にも挨拶をして行きます。
1
大明神山から少しいくと大明神展望台に。
標高としては大明神山よりこちらのが上になる模様。
結構景色が良いのですが、天気予報通り風が強くなってきました。
2017年01月22日 12:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大明神山から少しいくと大明神展望台に。
標高としては大明神山よりこちらのが上になる模様。
結構景色が良いのですが、天気予報通り風が強くなってきました。
3
さらに歩くと、岩々しいゾーンに突入します。
こちらは名前の付いた岩は見当たりませんが、全体のゴロゴロ具合では上かもしれません。
ミニバンくらいの巨大な岩がそこかしこに転がっておりすごい迫力があります。
そして、岩多めの道を下り慣れていないこともありかなり足と神経がすり減ります。
2017年01月22日 13:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに歩くと、岩々しいゾーンに突入します。
こちらは名前の付いた岩は見当たりませんが、全体のゴロゴロ具合では上かもしれません。
ミニバンくらいの巨大な岩がそこかしこに転がっておりすごい迫力があります。
そして、岩多めの道を下り慣れていないこともありかなり足と神経がすり減ります。
2
膝カックカクになりながらようやっと舗装路まで到達。
あとはバス停まで歩けば終了です。
3週間ぶりの念願の山行、天気も良く、岩多めの山も新鮮で、とても充実した山行となりました。
2017年01月22日 13:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
膝カックカクになりながらようやっと舗装路まで到達。
あとはバス停まで歩けば終了です。
3週間ぶりの念願の山行、天気も良く、岩多めの山も新鮮で、とても充実した山行となりました。
1
バス停までの道からはプレジャーフォレストが良く見えます。
まさに快晴で、きっと今日はあちらで休日を楽しんでいる人達にとっても気持ちの良い一日だったのではないでしょうか!
2017年01月22日 13:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停までの道からはプレジャーフォレストが良く見えます。
まさに快晴で、きっと今日はあちらで休日を楽しんでいる人達にとっても気持ちの良い一日だったのではないでしょうか!
2

感想/記録

今回は相模湖周辺の山を登りました。
ついでというかなんというか、2016年年末に歩いた高尾山から始まる東海自然歩道が千木良までという半端な所で止まっていた為、こちらを繋ぎたいと思い千木良スタートというあまり無い石老山登山となりました。
石老山単独で登るほうが距離もコースもそこそこの歯ごたえでお手軽にノンビリ登れますし、相模湖病院の脇に登山者用駐車場があるとか、バスが多いとか、アクセスもだいぶ良いです。

今回は三週間ぶりの山行で、下界で運動しているとは言え鈍っていないか心配でした。
登り始めは鈍りを感じましたが、エンジンがかかってくれば問題ありませんでした。
エンジンがかかるまでに以前より時間がかかった様に思いますが、寒いからかもしれないのでなんとも言えません。
結果的には程よく疲れて丁度良かったと感じます。

石老山の岩岩しい登山道はとても新鮮かつ荘厳でした。
新緑の頃であれば苔むした岩のファンタジー感がとても心地よいのではないかと思います。
岩が階段がわりなので登りも下りもいつもと違う道に神経を使った気がしますが、とても気持ちの良い疲れでした。

東海自然歩道の次回は、石老山から登り始め石砂山を経由して道志みちの方に降りていくルートを考えていますが、下山からのバスが本数が極端に少ないため、どうしたもんかと思案中です。
訪問者数:327人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ