また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1050630 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走道南

昆布岳 西昆布岳経由

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道路脇に除雪された所があって、そこに停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:28出発ー9:08西昆布岳ー10:55スキーデポ地11:08ー12:05昆布岳12:31ー12:52スキーデポ地13:02ー14:19西昆布岳14:41ー15:10帰着
その他周辺情報天然豊浦温泉「しおさい」で入浴。
大人/500円
〒049-5415 北海道虻田郡豊浦町字浜町109
電話:0142-83-1126 
http://shiosai-spa.com/
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

「いってきます」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「いってきます」
ウインドクラストして風紋が出来ていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウインドクラストして風紋が出来ていました。
4
狐の足跡。新雪の時についた足跡がその後の風で周りの雪が飛ばされ、足跡が浮き上がっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狐の足跡。新雪の時についた足跡がその後の風で周りの雪が飛ばされ、足跡が浮き上がっていました。
11
振り返っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っています。
軽いラッセルですが、先頭を交代しながら進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽いラッセルですが、先頭を交代しながら進む。
3
西昆布岳頂上、風が冷たかったので記念写真のみとって、先へ進み休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西昆布岳頂上、風が冷たかったので記念写真のみとって、先へ進み休憩。
5
西昆布岳を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西昆布岳を振り返る。
1
標高点944Pへの登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点944Pへの登り。
1
標高点944Pからの下り、シールを付けたままで滑り降りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点944Pからの下り、シールを付けたままで滑り降りました。
1
昆布岳が姿を見せてくれた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昆布岳が姿を見せてくれた。
1
標高点888Pへの登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点888Pへの登り。
6
標高点888Pからの下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点888Pからの下り。
またガスが出てきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またガスが出てきた。
1
標高910m附近でガリガリの雪面となったのでスキーをデポ、アイゼンに履き替えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高910m附近でガリガリの雪面となったのでスキーをデポ、アイゼンに履き替えた。
自分が美しいと思った西尾根を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分が美しいと思った西尾根を行く。
稜線上を行くが、ラッセルがきつかった。夢中になって登り、視界も悪かったので写真は少なかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上を行くが、ラッセルがきつかった。夢中になって登り、視界も悪かったので写真は少なかった。
2
氷漬けになって昆布岳の標柱が立っていた。
頂上に着くころから風が止みガスが晴れてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷漬けになって昆布岳の標柱が立っていた。
頂上に着くころから風が止みガスが晴れてきた。
9
一等三角点:昆布岳、nokkorinさんが見つけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点:昆布岳、nokkorinさんが見つけました。
7
三角点の上に、笑顔花が綺麗に咲いていた。(三角点にカメラ置いて)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点の上に、笑顔花が綺麗に咲いていた。(三角点にカメラ置いて)
3
この上を来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上を来ました。
5
通過してきた標高点944。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過してきた標高点944。
3
南方向、登山道のある尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方向、登山道のある尾根。
1
スキーデポ地着、登り返しがあるのでシールは付けたまま。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーデポ地着、登り返しがあるのでシールは付けたまま。
標高点888Pはトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点888Pはトラバース。
1
標高点944P、標高差110mほどの登り返しが待っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点944P、標高差110mほどの登り返しが待っている。
1
標高点944Pの下り。前方に西昆布岳が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点944Pの下り。前方に西昆布岳が見える。
1
西昆布岳に戻って来た。日差しが迎えてくれました。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西昆布岳に戻って来た。日差しが迎えてくれました。。
3
西昆布岳でシールを剥がして、お楽しみタイムとなる。
たくさんのシュプールとスノーシューの足跡があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西昆布岳でシールを剥がして、お楽しみタイムとなる。
たくさんのシュプールとスノーシューの足跡があった。
1
それぞれが、それぞれのスタイルでシュプールを描く至福の時間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それぞれが、それぞれのスタイルでシュプールを描く至福の時間。
1
山キチのッマさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山キチのッマさん
1
あと数ターン。おかえりなさい、ごくろうさまでした。
楽しい時間を共有できました。メンバーに感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと数ターン。おかえりなさい、ごくろうさまでした。
楽しい時間を共有できました。メンバーに感謝。
1
西昆布岳〜昆布岳間のGPSトラック。
赤:往路、青:帰路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西昆布岳〜昆布岳間のGPSトラック。
赤:往路、青:帰路。

感想/記録

メンバー:takeuraさん、hakurou-4さん、nakkorinさん、nokkorinさん、山キチのッマさん、yamakichiことプチ山キチ。

西昆布岳までは数回登っていました。その都度、昆布岳へ行きたいと思っていました。
昆布岳の頂上手前までは広い尾根が続きます。頂上へも西尾根の南側斜面を巻いて登ればスキーで楽に行けそうでした。
でも、細くなって西に延びる尾根、西尾根の稜線上を辿って登ったら、楽しいだろうと思ってその様にしました。
その稜線上の雪は、吹き溜まりが入り組んでいてラッセルが大変でした。
でも、それがまた楽しい、雪まみれになって遊んでいた少年時代に戻って無邪気になっていたのは私だけではなかったと思う。
その様な時間を経てたどり着いた頂上で、手を差し出すみんなの顔はまぶしく輝いていました。
仲良しメンバーと雪山の楽しさを共有できた一日でした。

感想/記録

山スキーを始めたばかりの頃、西昆布岳までは行ったことがあります。西昆布岳の山頂から更に続くアップダウン、そして尖がった昆布岳の姿...当時はそんなところまで行くなんて《夢のまた夢》でした。あれから何年か経ち、あの時よりスキーは少しマシになったものの、年齢もしっかりと重ねました。今回の山行は私にはロングコースで足は疲労Maxでしたが、一歩一歩の積み重ねが山頂へと導き、無事下山とつながるんだと再確認出来ました。ビビりチキンの私ですが、これからも少しだけ勇気を持ち一歩を踏み出す様に心掛けます。皆さんお世話になりました。
yamakichiさん、いつも素晴らしい山行のお誘いありがとうございます。
訪問者数:707人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ