ヤマレコ

記録ID: 1050674 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

強風下、晴れ間も見えた編笠山

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士見高原スキー場の登山者駐車場はガラガラでした。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
31分
合計
4時間44分
S富士見高原リゾート駐車場08:3208:53五叉路分岐09:02盃流し09:0309:36臼久保岩小屋11:00森林限界手前11:1011:37編笠山11:4612:30臼久保岩小屋12:4012:52盃流し12:5313:00五叉路分岐13:15富士見高原リゾート駐車場13:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は終始圧雪路です、チェーンスパイク、ストックで問題なしでした。
森林限界上は寒冷、強風、雪煙でした。それなりの対応で
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

普段通りの目覚め、いつもの平日の時刻に家を出てきました。
駐車場からの出発は8時半過ぎです。
青空が広がるのを期待
2017年01月22日 08:31撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普段通りの目覚め、いつもの平日の時刻に家を出てきました。
駐車場からの出発は8時半過ぎです。
青空が広がるのを期待
2
登山届けを提出
2017年01月22日 08:39撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届けを提出
1
軽い積雪は15センチ程か
2017年01月22日 08:54撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽い積雪は15センチ程か
山頂が見えましたがガスがかかっています。
今回もだめかなと思いなながら進みました。
2017年01月22日 08:59撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えましたがガスがかかっています。
今回もだめかなと思いなながら進みました。
日が差して青空が広がれば気持ちのいい山歩きです。
2017年01月22日 09:20撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が差して青空が広がれば気持ちのいい山歩きです。
1
1時間ほど歩いてようやく急登を登り始めます。
ここの登山道は多くの人が歩いているので圧雪でつぼ足でも大丈夫。
2017年01月22日 09:30撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほど歩いてようやく急登を登り始めます。
ここの登山道は多くの人が歩いているので圧雪でつぼ足でも大丈夫。
1
30分ほどで急登を登り終えるました。
少し平らな場所ですが寒々とした森林風景です。
2017年01月22日 10:14撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分ほどで急登を登り終えるました。
少し平らな場所ですが寒々とした森林風景です。
2200mを超えてくると雪がたっぷり。
2017年01月22日 10:45撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2200mを超えてくると雪がたっぷり。
森林限界が近くなってきました。この後10分ほど登ったところでハードウェアとバラクラバ、ゴーグルなど寒冷強風対策をして休憩を入れました。
2017年01月22日 10:52撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界が近くなってきました。この後10分ほど登ったところでハードウェアとバラクラバ、ゴーグルなど寒冷強風対策をして休憩を入れました。
2
森林限界を超えました。
なんとか山頂のガスはとれたようです。
2017年01月22日 11:21撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超えました。
なんとか山頂のガスはとれたようです。
1
眼下に広がる茅野、富士見の平
2017年01月22日 11:21撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に広がる茅野、富士見の平
2
青空も見えています。
風が強くなってきてふらつきました。
2017年01月22日 11:26撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空も見えています。
風が強くなってきてふらつきました。
3
3時間ほどで山頂到着です。
2017年01月22日 11:38撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3時間ほどで山頂到着です。
3
赤岳、阿弥陀は雪雲の中
2017年01月22日 11:38撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳、阿弥陀は雪雲の中
4
記念撮影
2017年01月22日 11:39撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念撮影
4
西岳から諏訪湖
2017年01月22日 11:42撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳から諏訪湖
2
さらに富士見
2017年01月22日 11:42撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに富士見
1
雪雲に隠れた南アルプス
2017年01月22日 11:42撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪雲に隠れた南アルプス
2
そして富士山
2017年01月22日 11:42撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして富士山
2
強風で雪煙、どんどん風が強くなってきましたので下り始めます。
2017年01月22日 11:43撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風で雪煙、どんどん風が強くなってきましたので下り始めます。
1
富士山の山頂に笠雲かな、天気は下り坂の様です。
それでもここまでの眺望が見れたのはラッキーでした。
2017年01月22日 11:52撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の山頂に笠雲かな、天気は下り坂の様です。
それでもここまでの眺望が見れたのはラッキーでした。
2

感想/記録

昨日の経ヶ岳の途中撤退で、気分が中折れしてしまっていた。
日曜日の天気はなんとか持ちそう、晴天率の高い八ヶ岳でも編笠山くらいの標高ならいいだろうと思って出かけてみた。

8時半過ぎに登山口を出発して、青空が広がってくることを期待しながら登りだした。前日小屋泊をして下ってくる登山者達が、山頂はガスがかかっていて駄目だったと言っていた、そういえば先月10日に編笠山から西岳周回した際も編笠山頂はガスだったなあ。

昨日の経ヶ岳と違って、登山道には雪があるもののしっかり踏み固められていた。
深雪で足を取られると思って、ザックにつけたスノーシューは一度も使うことがなかった。それでも標高2100mを越えた辺りから雪がしっかり、道脇では膝上まであった。冬靴とスノースパイク、少し歩きにくいところもあってか先月よりは時間がかかっての山頂到着だった。それに昨日少しハードな山行をしたせいか、後半はバテてしまったのが原因だろう。

幸い、自分が登る頃には山頂もガスが取れて日が差す展開になってきた。
ただ周りの山々は雪雲がかかっていて、富士山以外は眺望がきかなかった。
それに風が強く、時々ふらつく事もあった。気温は-10以下であり雪煙が舞うものの吹雪にならないだけましだった。

この天候でこれだけの眺望だったら満足としようと思った。
訪問者数:603人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ