ヤマレコ

記録ID: 1051441 全員に公開 雪山ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

黒斑山

日程 2017年01月21日(土) 〜 2017年01月22日(日)
メンバー
天候1日目:吹雪のち雪のち曇り、2日目:曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
佐久平駅(8:35発)−車坂峠(9:35着)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間46分
休憩
9分
合計
3時間55分
S車坂峠10:1511:52トーミの頭12:21黒斑山12:3012:45トーミの頭13:54車坂峠14:10アサマ2000バス停
2日目
山行
3時間59分
休憩
28分
合計
4時間27分
アサマ2000バス停09:2009:50中コース分岐10:39トーミの頭10:57黒斑山11:0512:05蛇骨岳直下12:25黒斑山12:4512:58トーミの頭13:47アサマ2000バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目:行きは中コース、帰りは表コース、新雪が積もっていたので、スノーシューで歩きました。
2日目:アサマ2000〜(スノーシュー)〜黒斑山〜(スノーシュー:ラッセル)〜蛇骨岳直下〜(スノーシュー)〜黒斑山〜(アイゼン)〜中コース分岐〜(スノーシュー)〜アサマ2000
コース状況/
危険箇所等
黒斑山の表コースと中コースはトレースがあります。
アサマ2000からは、車坂峠を経由せずに、中コースに抜けるスノーシューコースがあります。(入口には標識がありませんが、赤テープが10〜15m程度の間隔であります。)
黒斑山から蛇骨岳は、風が強く、前日のトレースが完全に消えていました。
その他周辺情報高峰温泉ランプの宿、アサマ2000のバス停で、宿に電話すると雪上車での送り迎え(送迎費用1000円)があります。宿泊者は無料
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

1日目、車坂峠、吹雪いています。中コースにはトレースがあったので、とりあえず、登頂することにしました。
2017年01月21日 10:15撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目、車坂峠、吹雪いています。中コースにはトレースがあったので、とりあえず、登頂することにしました。
トーミの頭への登り
2017年01月21日 11:40撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭への登り
トーミの頭、風が強いです。
2017年01月21日 11:52撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭、風が強いです。
1
黒斑山山頂、私が本日3人目の登頂です。先行したご夫婦の方がトレースを作ってくれていました。
2017年01月21日 12:21撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山山頂、私が本日3人目の登頂です。先行したご夫婦の方がトレースを作ってくれていました。
3
帰りは表コースで帰ります。
2017年01月21日 12:53撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは表コースで帰ります。
表コースからアサマ2000スキー場が見えました。
2017年01月21日 13:15撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表コースからアサマ2000スキー場が見えました。
車坂峠に下りてきました。この後、急に天気が回復、1時間後には浅間山が見えたそうです。
2017年01月21日 13:54撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車坂峠に下りてきました。この後、急に天気が回復、1時間後には浅間山が見えたそうです。
雪上車に乗って、本日のお宿の高峰温泉に到着です。
2017年01月21日 14:18撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪上車に乗って、本日のお宿の高峰温泉に到着です。
3
2日目、アサマ2000からのスノーシューコースです。2日目の本日も天気が良くありません。それでも、浅間山が見たくて登ります。
2017年01月22日 09:45撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目、アサマ2000からのスノーシューコースです。2日目の本日も天気が良くありません。それでも、浅間山が見たくて登ります。
トーミの頭、昨日の2回と合わせて、3回目の通過です。
2017年01月22日 10:39撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭、昨日の2回と合わせて、3回目の通過です。
2
黒斑山山頂、本日は多くの方が既に登っていました。浅間山を見ることができません。
2017年01月22日 10:57撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山山頂、本日は多くの方が既に登っていました。浅間山を見ることができません。
1
蛇骨岳と仙人岳、蛇骨岳直下まで新雪をラッセルしましたが、登頂を断念しました。写真を良く見ると、私達が行ったトレースの跡が分かります
2017年01月22日 12:16撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇骨岳と仙人岳、蛇骨岳直下まで新雪をラッセルしましたが、登頂を断念しました。写真を良く見ると、私達が行ったトレースの跡が分かります
2
黒斑山まで戻ってきたら、少しだけ浅間山を見せてくれました。
2017年01月22日 12:27撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山まで戻ってきたら、少しだけ浅間山を見せてくれました。
3
黒斑山山頂と浅間山です。
2017年01月22日 12:28撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山山頂と浅間山です。
3
4回目のトーミの頭、これまでの中で、風は一番強かったけど、浅間山をバックに写真をとることができました。
2017年01月22日 12:59撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4回目のトーミの頭、これまでの中で、風は一番強かったけど、浅間山をバックに写真をとることができました。
4
小諸市街地が良く見えます。
2017年01月22日 13:01撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小諸市街地が良く見えます。
中コースから高峰山と昨日のお宿が見えます。
2017年01月22日 13:18撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中コースから高峰山と昨日のお宿が見えます。
アサマ2000バス停に戻ってきました。帰りのバス発車時刻まで、時間があったので、再び、雪上車に乗って高峰温泉に行って、温泉で疲れを癒しました。
2017年01月22日 13:47撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサマ2000バス停に戻ってきました。帰りのバス発車時刻まで、時間があったので、再び、雪上車に乗って高峰温泉に行って、温泉で疲れを癒しました。
1

感想/記録

白黒プリンの浅間山を見たくて2日続けて、黒斑山に登りました。
1日目は吹雪の中、アイゼンでスタートしましたが、フカフカの新雪だったので、スタートしてすぐにスノーシューに履き替えました。今シーズン初のスノーシュー歩きで疲れました。
黒斑山山頂直下で、ラッセルをしてトレースを作ってくれたご夫婦に追いつき、山頂でお礼の言葉を。山頂で熱々のカフェオレを飲んで少し待っていましたが、浅間山を見ることができずに下山。

2日目は雪は降っていませんが、雲が低く垂れ下がっていました。それでも、どうしても白黒プリンの浅間山を見たくて登頂開始。アサマ2000の途中からは新雪が積もったトレースの上をスノーシューで気持ちよく歩きました。
黒斑山から蛇骨岳までは、最初の1人が、蛇骨岳までの半分ほど所までトレースを付けて撤退されていました。樹林帯を抜けたところから、2番目の私が膝上から腰までのラッセルを開始、久々のラッセルを楽しんでしましたが、年寄りには応えます。すぐに、3番目のお兄ちゃんが追いついてきて、ラッセルを交代で進むも、蛇骨岳直下で、3番目のお兄ちゃんが撤退を決意、私1人では不安なため、私も撤退です。
黒斑山に戻ってきたら、ラッセルしたご褒美でしょうか、ほんの少しだけ浅間山山頂を見せてくれました。
中コースからアサマ2000のスノーシューコースは、時間的な余裕もあったので、スノーシューに履き替え、トレースを外れてスノーシュー歩きを満喫。楽しく歩きました。
訪問者数:975人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ