ヤマレコ

記録ID: 1051660 全員に公開 アイスクライミング奥秩父

笛吹川東沢、清兵衛沢アイスクライミング

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ!気持ちよく。途中、雲がでて風が強く吹くシーンもあったけど、一瞬ですみ、全体的には苦労のない天候でした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
5時くらいに都内出発。行きも帰りもノー渋滞で、2時間弱で西沢渓谷駐車場へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アプローチルートは、東沢への分岐後も特に問題なし。
事前に徒渉箇所は靴脱ぐことになるかも?と恐れていましたが、無事に凍って雪が乗ってました。踏み抜いて沢へズボ!が怖く、そーっとそーっと歩きましたけども。
東沢へのへつり的な道は登りはノーアイゼン。下りはアイゼンのままで。細く、片側が切れ落ちていてやっかいなのですが、6割方の場所でロープや針金などの(実際に荷重に耐えられるかはともかく)安心を与えてくれるようなフィックスがあり、心理的にたいへん助かりましたw。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

7時過ぎに駐車場到着。準備して、7時半過ぎに出発。
2017年01月22日 07:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時過ぎに駐車場到着。準備して、7時半過ぎに出発。
道路には雪はない。
2017年01月22日 07:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路には雪はない。
西沢渓谷の方に進む。
2017年01月22日 07:57撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢渓谷の方に進む。
西沢渓谷の大きな看板のところで右へ。河原へ降ります。
2017年01月22日 08:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢渓谷の大きな看板のところで右へ。河原へ降ります。
沢の河原歩き。
2017年01月22日 08:12撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の河原歩き。
いつもはもっと先の鶏冠分岐のとこで徒渉だけどなー、とリーダーが言うも、踏み跡を追って川の反対に渡ってみた。しかしこれはやはり間違いなのでしたw
2017年01月22日 08:16撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもはもっと先の鶏冠分岐のとこで徒渉だけどなー、とリーダーが言うも、踏み跡を追って川の反対に渡ってみた。しかしこれはやはり間違いなのでしたw
結局、2〜3分程度進んだら川にぶつかってしまい進退窮まり。戻って、やはり結局鶏冠分岐のところで渡りなおすのでした。
2017年01月22日 08:25撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、2〜3分程度進んだら川にぶつかってしまい進退窮まり。戻って、やはり結局鶏冠分岐のところで渡りなおすのでした。
で、沢の右側(左岸)をへつる道を進む。ここから登る傾向。
2017年01月22日 08:33撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、沢の右側(左岸)をへつる道を進む。ここから登る傾向。
トラロープがかかった急傾斜下り。非常に不安なロープだがロープに全体重を掛けるしかない。
2017年01月22日 08:39撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープがかかった急傾斜下り。非常に不安なロープだがロープに全体重を掛けるしかない。
1
で、清兵衛沢の入り口。
2017年01月22日 08:56撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、清兵衛沢の入り口。
装備装着。
2017年01月22日 09:20撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
装備装着。
滝、ちゃんと凍ってる?登れるかなー?な状態。ま、今日はせっかくなので進む。
2017年01月22日 09:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝、ちゃんと凍ってる?登れるかなー?な状態。ま、今日はせっかくなので進む。
リーダーがまだ準備中につきわたくしが先に取り付きまで進んだけど、ズボズボだったり落ち葉下に氷だったり、やっかいだった。
2017年01月22日 09:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リーダーがまだ準備中につきわたくしが先に取り付きまで進んだけど、ズボズボだったり落ち葉下に氷だったり、やっかいだった。
リーダーを待つ間、暇なので、証拠の自撮り。
2017年01月22日 09:35撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リーダーを待つ間、暇なので、証拠の自撮り。
1
リーダーやってきた。
2017年01月22日 09:37撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リーダーやってきた。
さっそくクライミング。最初は、斜度が弱いので、ダブルロープを保険的に1本だけ使って、リーダーがリード。
2017年01月22日 09:51撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっそくクライミング。最初は、斜度が弱いので、ダブルロープを保険的に1本だけ使って、リーダーがリード。
2ピッチ目は氷が薄く、右側の岩側を登る。
2017年01月22日 10:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2ピッチ目は氷が薄く、右側の岩側を登る。
次のピッチ、まだ斜度は緩い。
2017年01月22日 10:54撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピッチ、まだ斜度は緩い。
私は経験が少ないので、スクリュー打つのにもガン見。
2017年01月22日 11:00撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私は経験が少ないので、スクリュー打つのにもガン見。
つか、結局ここは氷が薄くてスクリュー入らず、ピック的な確保ギアを使って心ばかしの確保。これは何というギアなのか。
2017年01月22日 11:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つか、結局ここは氷が薄くてスクリュー入らず、ピック的な確保ギアを使って心ばかしの確保。これは何というギアなのか。
3ピッチ目は、途中からロープ解除してコンテ的に登った。その後4ピッチ目。
2017年01月22日 12:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3ピッチ目は、途中からロープ解除してコンテ的に登った。その後4ピッチ目。
ひゃうー。立ってるね。わたくしは怖い。
2017年01月22日 12:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひゃうー。立ってるね。わたくしは怖い。
1
ここまで保険のロープ1本だったけど、ここはわたくしが「落ちる可能性あるので、まじやばいす」と主張し、ロープ2本にしてもらった。
2017年01月22日 12:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで保険のロープ1本だったけど、ここはわたくしが「落ちる可能性あるので、まじやばいす」と主張し、ロープ2本にしてもらった。
甘い氷。
2017年01月22日 12:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甘い氷。
細かく支点を作りながらのぼるリーダー。
2017年01月22日 12:15撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細かく支点を作りながらのぼるリーダー。
ちなみにこちらは、ワタクシがそのビレイのために初めて一人でスクリューで作った支点。氷が薄く、タイオフしてます。
2017年01月22日 12:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみにこちらは、ワタクシがそのビレイのために初めて一人でスクリューで作った支点。氷が薄く、タイオフしてます。
いやん、怖そう!
2017年01月22日 12:22撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやん、怖そう!
1
この上のバーチカルがまじやばかった。リーダーも躊躇するような甘い氷。それをバーチカル初のワタクシがのぼることになるとわ。
2017年01月22日 12:31撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この上のバーチカルがまじやばかった。リーダーも躊躇するような甘い氷。それをバーチカル初のワタクシがのぼることになるとわ。
1
抜けたら、氷は終わり。清兵衛沢の氷、いちおう上までのぼりきったった!こっちは、上に抜けるとしたら、の右側の沢。
2017年01月22日 13:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けたら、氷は終わり。清兵衛沢の氷、いちおう上までのぼりきったった!こっちは、上に抜けるとしたら、の右側の沢。
こっちは岩の立った左側の沢。
2017年01月22日 13:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは岩の立った左側の沢。
さ、懸垂でおりましょ、てことで。
2017年01月22日 13:46撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さ、懸垂でおりましょ、てことで。
懸垂2ピッチ目待つ間、のぼったところを別の角度から。
2017年01月22日 14:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂2ピッチ目待つ間、のぼったところを別の角度から。
懸垂3ピッチ目から、ロープを1本にしてしまった。失敗。登るの4ピッチ、懸垂も4ピッチ。50m×2本でちゃんと懸垂したら3ピッチ懸垂で済んだのにね。
2017年01月22日 15:07撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂3ピッチ目から、ロープを1本にしてしまった。失敗。登るの4ピッチ、懸垂も4ピッチ。50m×2本でちゃんと懸垂したら3ピッチ懸垂で済んだのにね。
下り登山路も、へつりで怖い。
2017年01月22日 15:38撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り登山路も、へつりで怖い。
行きもきつかったこの箇所。ま、登りのが(下山路だけど)楽でした。
2017年01月22日 15:42撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きもきつかったこの箇所。ま、登りのが(下山路だけど)楽でした。
無事に徒渉も終え、装備解除。
2017年01月22日 16:09撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に徒渉も終え、装備解除。
ちなみに、今日もわたくしはVBLをしてたけど、弱いニトリルは気づいたら破れてた。
2017年01月22日 16:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに、今日もわたくしはVBLをしてたけど、弱いニトリルは気づいたら破れてた。
入り口到着。ちなみにここから右に向かうと東沢です。
2017年01月22日 16:17撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入り口到着。ちなみにここから右に向かうと東沢です。
鶏冠尾根くっきり。確かに鶏冠っぽい。
2017年01月22日 16:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠尾根くっきり。確かに鶏冠っぽい。
行きに気づかなかった看板。雪が溶けて、こんなんあったんやー、的な。
2017年01月22日 16:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きに気づかなかった看板。雪が溶けて、こんなんあったんやー、的な。
16:45ゴール到着。日が長くなってよかった。
2017年01月22日 16:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:45ゴール到着。日が長くなってよかった。

感想/記録
by hnhn

凍傷の足をかかえながら、奥秩父へアイスクライミング。
わたくしの体調と天候を考慮いただきながらも、元気元気!なわたくしは「是非行きましょう」と。奥秩父、笛吹川東沢、という行き先も、わたくしは当初まったく知りませんでしたが、ああ、西沢渓谷の付近なのね。いろいろ調べて臨みました。
乙女の滝が有名らしいですが、けっこうアプローチに時間がかかる。調べていくうち、手前でもけっこうアイス練習はできそうってことで、ま、行ってみてから考えましょう、ということにし、今回は「清兵衛沢」に臨むことになりました。
沢の入り口からみた感じ、決して良い状態の滝ではなかったけど、取り合えず入ってみましょう、ということになりました。
我々が装備を準備している途中、少し後からきたパーティから「乙女の状態とか情報あります?」ときかれました。残念ながら存じ上げないのでその旨伝えましたが、少し休憩の後、奥まで入られたようだから、乙女に行ったのかしら・・・。4名くらいでしたが…。時間かかったでしょうがどうだったでしょうかね。我々が下山後もまだ降りてこられませんでした。

さて我々は。
今回、4ピッチの行程となりました。前半は念のためのロープ、て感じでダブルロープ1本だけ使用。途中、緩いところはロープ解いて束ねて行ったくらい。ただ、最終4ピッチ目だけは、しょっぱかったー!!バーチカル気味なうえ、氷が緩く。わたくしはほんとに経験ないのに、アイゼンの1本爪に祈りを込めながら立つ感じ。それでも足がきかず、腕パンプ。途中、「落ちてロープにぶらさがったらどういうことになるだろうか」ということを(一瞬で)本気で考え、5分の1引き上げシステムのことなどをシミュレーションしたものの(一瞬ね)、その方が無駄に時間がかかることに、弱い心を立て直し思いを引き締め、なんとかかんとか登ったのでした。めちゃ怖かった!やー、フォローなのにね。アイス、まだ全然慣れませんわ。
人工アイス壁1回しか経験ない人間が、いきなり来ちゃいけないすね。もう少しトップロープで練習します。はい。
訪問者数:618人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/21
投稿数: 94
2017/1/24 20:45
 ようこそ東沢へ!
前日、乙女ノ滝を偵察に行った者です。
清兵衛沢から先にも沢山楽しい場所があります。
是非、また来てください。
乙女ノ滝も登れますよ。
登録日: 2014/6/23
投稿数: 107
2017/2/3 11:03
 Re: ようこそ東沢へ!
そうですね、ぜひ奥まで行ってみたいと思いましたww。
今シーズン中に行けるかな・・・?

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ