ヤマレコ

記録ID: 1053141 全員に公開 山滑走磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山inホワイトアウト

日程 2017年01月26日(木) [日帰り]
メンバー
天候ガス&強風&低温
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道路はスタッドレス必須。2駆はチェーンを積んでおいた方が無難。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
30分
合計
4時間35分
Sスタート地点10:0010:45薬師岳10:5512:30分岐12:3512:45安達太良山12:5012:55分岐13:0514:00勢至平分岐14:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書きですので正確ではありません。
コース状況/
危険箇所等
藪はほぼ雪で埋まり、あまりストレスなく登れました。
山頂直下も快適な滑降ができそうでしたが、ホワイトアウトのため断言は出来ません。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 バラクラバ 着替え ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール クトー

写真

那須から93km運転してあだたら高原スキー場へ。
予想通り北西の風で稜線はガス&強風です。
午後には晴れると読みリフトへ。
2017年01月26日 09:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
那須から93km運転してあだたら高原スキー場へ。
予想通り北西の風で稜線はガス&強風です。
午後には晴れると読みリフトへ。
リフト2本(920円)乗り継ぎゲレンデトップへ。

10:00 シールを張り出発。 トレースが有難い!
2017年01月26日 10:00撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト2本(920円)乗り継ぎゲレンデトップへ。

10:00 シールを張り出発。 トレースが有難い!
藪はだいぶ埋まり、ほぼストレスなく進めます。
2017年01月26日 10:05撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪はだいぶ埋まり、ほぼストレスなく進めます。
15分後、先行者に追いつき、お礼を言追って自分が先行。
2017年01月26日 10:16撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分後、先行者に追いつき、お礼を言追って自分が先行。
足首〜脛ラッセルなので、それほど負担になりません。
2017年01月26日 10:19撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足首〜脛ラッセルなので、それほど負担になりません。
薬師岳が見えてきました。
ここも、登山通りに進めば藪に阻まれることは無かったです。
2017年01月26日 10:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳が見えてきました。
ここも、登山通りに進めば藪に阻まれることは無かったです。
青空が見えていい感じ!
2017年01月26日 10:41撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が見えていい感じ!
1
10:45 薬師岳着。 3年前から冬季のゴンドラ運行をやめたため、ここまで一苦労です。
2017年01月26日 10:44撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:45 薬師岳着。 3年前から冬季のゴンドラ運行をやめたため、ここまで一苦労です。
この先も登山通りに進みます。 赤テープあり。
2017年01月26日 10:46撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先も登山通りに進みます。 赤テープあり。
最初の斜面が見えました。この視界なら滑降できますが、、、、。
2017年01月26日 11:06撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の斜面が見えました。この視界なら滑降できますが、、、、。
分岐着。  ガスは晴れるどころか、ますます濃くなってきました〜!
2017年01月26日 11:43撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐着。  ガスは晴れるどころか、ますます濃くなってきました〜!
そんな視界の時、30mおきに立てられた篠の道標がすごく有難い!
2017年01月26日 12:00撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんな視界の時、30mおきに立てられた篠の道標がすごく有難い!
安達太良山の山頂部は疎林帯。さらに進むと、白い雪面が広がりホワイトアウト寸前です。
2017年01月26日 12:13撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良山の山頂部は疎林帯。さらに進むと、白い雪面が広がりホワイトアウト寸前です。
ここで完全ホワイトアウト。ほぼホワイトアウトは何度も経験がありますが、完全ホワイトアウトはこれで3度目。初めての山なら迷わず撤退ですが、
2017年01月26日 12:14撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで完全ホワイトアウト。ほぼホワイトアウトは何度も経験がありますが、完全ホワイトアウトはこれで3度目。初めての山なら迷わず撤退ですが、
1
雪の安達太良は5度目。地形や危険地帯などを把握しているので山頂を目指します。
2017年01月26日 12:17撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の安達太良は5度目。地形や危険地帯などを把握しているので山頂を目指します。
1
山頂直下の分岐着。
ここまで来れたのもGPSのお蔭なんですけどね〜。
2017年01月26日 12:34撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の分岐着。
ここまで来れたのもGPSのお蔭なんですけどね〜。
12:45  せっかくなので山頂へ。
安達太良山は6度目ですが1度も敗退していません。相性がいい!?
2017年01月26日 12:46撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:45  せっかくなので山頂へ。
安達太良山は6度目ですが1度も敗退していません。相性がいい!?
2
山頂では強風&低温で、ストックもご覧のとおり凍てついてます。なので速攻で鞍部に下り、
2017年01月26日 12:45撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂では強風&低温で、ストックもご覧のとおり凍てついてます。なので速攻で鞍部に下り、
シールを剥がし、スキーで勢至平に向かいます。
2017年01月26日 13:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シールを剥がし、スキーで勢至平に向かいます。
この視界ですから、快適な滑降など不可能。
安全に下る訓練です。
2017年01月26日 13:06撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この視界ですから、快適な滑降など不可能。
安全に下る訓練です。
その先では、たびたび完全ホワイトアウトになり、平衡感覚を失います。そして雪酔いで気分も悪くなします。これも想定内。こんな時、冷静さを失わないための訓練です。
2017年01月26日 13:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先では、たびたび完全ホワイトアウトになり、平衡感覚を失います。そして雪酔いで気分も悪くなします。これも想定内。こんな時、冷静さを失わないための訓練です。
2
この先に篠の道標が見えます。 ホント有難いです!
自分はGPS、そしてバックアップとしてスマホ&地図・コンパスそして4度ここに来ている経験に基づいて突入しましたが、確信が持てなかったら突入しません。
2017年01月26日 13:28撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先に篠の道標が見えます。 ホント有難いです!
自分はGPS、そしてバックアップとしてスマホ&地図・コンパスそして4度ここに来ている経験に基づいて突入しましたが、確信が持てなかったら突入しません。
1
視界があるところを少し滑降したら谷筋に行き過ぎたので、
2017年01月26日 13:46撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界があるところを少し滑降したら谷筋に行き過ぎたので、
勢至平へ登り返します。
2017年01月26日 13:49撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勢至平へ登り返します。
勢至平着。 ここまで来れば安心〜。
スキーで滑降できるのでようやくスピードアップ。
2017年01月26日 14:01撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勢至平着。 ここまで来れば安心〜。
スキーで滑降できるのでようやくスピードアップ。
くろがね小屋からのトレースに合流。
2017年01月26日 14:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋からのトレースに合流。
トレースに沿ってどんどん滑り、


2017年01月26日 14:11撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースに沿ってどんどん滑り、


林道着。 ここからは林道をショートカットしてツリーラン〜。
2017年01月26日 14:14撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道着。 ここからは林道をショートカットしてツリーラン〜。
快適なパウダー〜。
2017年01月26日 14:17撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適なパウダー〜。
しばしパウダーランを楽しみます。
2017年01月26日 14:20撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばしパウダーランを楽しみます。
林道の最後は登りなので、スキーを担ぎ、
2017年01月26日 14:29撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の最後は登りなので、スキーを担ぎ、
14:35  ちょっぴりゲレンデを滑りスキー場着。
 無事戻れて一安心。やはり完全ホワイトアウトは恐ろしい。
 吹雪や強風より恐ろしい。
2017年01月26日 14:37撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:35  ちょっぴりゲレンデを滑りスキー場着。
 無事戻れて一安心。やはり完全ホワイトアウトは恐ろしい。
 吹雪や強風より恐ろしい。
3
帰りに撮影した安達太良山。
天候が回復したのは日が暮れてからのようです。
やはり、厳冬期の裏磐梯や安達太良の天候は厳しいです。
2017年01月26日 15:47撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに撮影した安達太良山。
天候が回復したのは日が暮れてからのようです。
やはり、厳冬期の裏磐梯や安達太良の天候は厳しいです。

感想/記録

 やはり、厳冬期の安達太良は甘くなかった。 高気圧の中心が抜け、南西の風に変わり、寒気がすっかり抜けないと天候は回復しませんでした。 午後には天候が回復するだろうという読みは甘すぎでした。

 快適な滑降は出来なかったけど、完全ホワイトアウトのなか、パニックにならず安全に下りてくる訓練ができたという成果はありました。ただ、結果オーライの部分も否めず、もし、GPSが機能しなくなったら、雪崩が起きたら、ハザードに嵌ったらなど危険がいっぱいでした。

 そして、3度目の完全ホワイトアウトですが、改めてその恐ろしさを体感し、確信が持てないときは迷わず撤退だと実感しました。
訪問者数:427人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ