また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1055782 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

笹尾根(上川乗-浅間峠-生籐山-和田峠-陣馬高原下バス停)

日程 2017年01月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:武蔵五日市駅から数馬行バスで上川乗下車
帰り:陣馬高原下から高尾駅行バスで終点下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
39分
合計
6時間42分
S上川乗バス停07:5808:58浅間峠09:0309:10栗坂峠09:25栗坂の丸09:32栗坂峠09:38浅間峠09:4209:50栗坂峠10:01栗坂の丸10:35熊倉山10:4410:58軍刀利神社元社11:13三国山11:1611:21生藤山11:2311:40茅丸11:4812:08連行峰12:33山ノ神13:10醍醐丸(篠窪ノ峰・灰平ノ峰)13:1513:20醍醐峠(篠窪峠・白沢峠)13:35高岩山13:50和田峠13:5314:20上案下配水所14:40陣馬高原下バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

明け方は少し降ったようであるが、駅に降り立った時には止んでいた。(五日市駅)
2017年01月29日 06:55撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明け方は少し降ったようであるが、駅に降り立った時には止んでいた。(五日市駅)
上川乗バス停に到着。山の方は少しガスもかかっているようだが、天気が持ってくれれば良いが。
2017年01月29日 07:57撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上川乗バス停に到着。山の方は少しガスもかかっているようだが、天気が持ってくれれば良いが。
バス道路を上流に向かって少し歩く
2017年01月29日 07:59撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス道路を上流に向かって少し歩く
三叉路を神奈川方面に折れて、2曲りほど上がる
2017年01月29日 08:01撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路を神奈川方面に折れて、2曲りほど上がる
上がっている途中から上川乗の集落と浅間嶺方面を見上げる
2017年01月29日 08:04撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上がっている途中から上川乗の集落と浅間嶺方面を見上げる
道路のチェーン装着用のスペースの中に登山口がある
2017年01月29日 08:08撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路のチェーン装着用のスペースの中に登山口がある
最初は九十九折れを何曲がりかすると、平らになったところに祠がある
2017年01月29日 08:36撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は九十九折れを何曲がりかすると、平らになったところに祠がある
その先は曲がりは少なくなるものの、緩やかな登りが続き、非常に歩き易い
2017年01月29日 08:56撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は曲がりは少なくなるものの、緩やかな登りが続き、非常に歩き易い
浅間峠に到着。東屋で一息入れる。
2017年01月29日 08:59撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間峠に到着。東屋で一息入れる。
高尾山や陣馬山方面とは全く異なる静けさである。しかし、この静けさを満喫し過ぎたようだ。
2017年01月29日 08:59撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山や陣馬山方面とは全く異なる静けさである。しかし、この静けさを満喫し過ぎたようだ。
尾根道を陣馬方面に取る
2017年01月29日 09:02撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道を陣馬方面に取る
積雪が結構長く続いたので、先行きに不安を感じながら歩いていたが、結局今回歩いた中で最も積雪が長く続いた箇所であった。
2017年01月29日 09:04撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪が結構長く続いたので、先行きに不安を感じながら歩いていたが、結局今回歩いた中で最も積雪が長く続いた箇所であった。
時々先の方の山が見え隠れする。右に見える遠くの山は三國山付近と思われる。
2017年01月29日 09:15撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々先の方の山が見え隠れする。右に見える遠くの山は三國山付近と思われる。
一つピークを越え、
2017年01月29日 09:53撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つピークを越え、
次のピークのこの看板を撮ろうと思ったところ、サブカメラが無いことに気付く。浅間峠から既に25分くらい進んできている、が、これまで撮った写真データを諦める訳にはいかず、引き返した。浅間峠では撮影した記憶があるのであるとすればあそこの東屋だ。少し焦りながら20分足らずで峠に戻ったところ、ありました! 良かったー(ホッ)
2017年01月29日 10:01撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークのこの看板を撮ろうと思ったところ、サブカメラが無いことに気付く。浅間峠から既に25分くらい進んできている、が、これまで撮った写真データを諦める訳にはいかず、引き返した。浅間峠では撮影した記憶があるのであるとすればあそこの東屋だ。少し焦りながら20分足らずで峠に戻ったところ、ありました! 良かったー(ホッ)
時々見える大岳山
2017年01月29日 10:04撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々見える大岳山
1
熊倉山の登り。と言っても、大した登りではないが。
2017年01月29日 10:33撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊倉山の登り。と言っても、大した登りではないが。
熊倉山山頂
2017年01月29日 10:36撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊倉山山頂
1
狭い山頂ですが、ちょっと休めるようになっています
2017年01月29日 10:37撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い山頂ですが、ちょっと休めるようになっています
小さなアップダウンを繰り返しながら進むと、軍刀利神社の元社を過ぎる。と言っても、ここの上り下りはその後の急なアップダウンの始まり。
2017年01月29日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなアップダウンを繰り返しながら進むと、軍刀利神社の元社を過ぎる。と言っても、ここの上り下りはその後の急なアップダウンの始まり。
一旦井戸集落への分岐まで降りて、三國山の登りにかかる
2017年01月29日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦井戸集落への分岐まで降りて、三國山の登りにかかる
三国山が近い
2017年01月29日 11:09撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山が近い
ここも雪があるが、平坦なので気にならない
2017年01月29日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも雪があるが、平坦なので気にならない
三国山到着。南に富士山肉眼では確認できるのだが写真にすると微妙である。
2017年01月29日 11:13撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山到着。南に富士山肉眼では確認できるのだが写真にすると微妙である。
1
山頂の様子。何組かのハイカーが休んでいた。
2017年01月29日 11:16撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の様子。何組かのハイカーが休んでいた。
次のピークは、生籐山
2017年01月29日 11:22撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークは、生籐山
1
生籐山からの富士
2017年01月29日 11:23撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生籐山からの富士
1
下りで見上げる生籐山の登山道
2017年01月29日 11:28撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りで見上げる生籐山の登山道
茅丸は今回唯一1000mを越えるピーク
2017年01月29日 11:41撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅丸は今回唯一1000mを越えるピーク
茅丸の山頂を振り返る
2017年01月29日 11:48撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅丸の山頂を振り返る
前方の醍醐丸の山影
2017年01月29日 12:02撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方の醍醐丸の山影
連行山を過ぎる
2017年01月29日 12:06撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連行山を過ぎる
1
和田峠への最後の登り
2017年01月29日 13:35撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田峠への最後の登り
陣馬高原下のバス停着。40分ほど時間があったので、そば屋でそばを食べ、八王子のお酒「八王子城」を一杯頂いた。
2017年01月29日 15:05撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬高原下のバス停着。40分ほど時間があったので、そば屋でそばを食べ、八王子のお酒「八王子城」を一杯頂いた。

感想/記録

上川乗のバス停付近に雪が残っていたのには少々驚いたが、浅間峠まではほとんど無かった。しかし峠の先の尾根道で早速雪道になり、先がどうなるか少し心配になる。そのせいかどうかは定かではないが、浅間峠の東屋にカメラを置き忘れてしまった。20分ほど歩いた栗坂の丸付近で気付き、慌てて引き返した。東屋では親子と思しき2人連れが私のカメラを手に持って調べておられたが、私から声掛けさせていただき無事手に戻った。約1時間のロスである。
その後は比較的順調で、心配した雪もほとんど気になる場所は無かった。生籐山や茅丸、醍醐丸とその手前のピークなど、巻道のあるところもピークを踏んで歩いた結果、和田峠から陣馬山に登り返す気にならず、車道を高原下のバス停まで歩いた。結局、拝島で購入した缶ビールも茶屋のビールも飲むチャンスが無く、陣馬高原下バス停手前のそば屋で一杯やって帰宅したのであった。
訪問者数:960人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 高原 東屋 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ