また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1055823 全員に公開 ハイキング関東

大蔵経時山〜八人山

日程 2017年01月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
大蔵経時山登山口までは石和温泉駅から徒歩移動。
下山後は酒折駅まで徒歩移動。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間14分
休憩
27分
合計
4時間41分
Sスタート地点08:2708:32大蔵経寺山登山口08:3308:52山神宮09:38大蔵経寺山09:54防火線の頭09:5710:22深草山10:2310:45八人山分岐11:0511:34三ツ石地区下降点11:3512:09八人山12:1012:24物部山13:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
残雪なし。
木が落葉しているためマーカーが探しやすかったです。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 靴(ROWA Tibet) ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ
備考 唇が荒れてしまったので日焼け止めのリップクリームを持って行けば良かった。

写真

昨日スルーしてしまった積石塚古墳。遺跡だと思わなかった。
2017年01月29日 08:57撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日スルーしてしまった積石塚古墳。遺跡だと思わなかった。
地面が所々ほじくり返してあるのは猪でしょうか。
2017年01月29日 09:44撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面が所々ほじくり返してあるのは猪でしょうか。
防火帯の頭を覗き込んでみた。国土地理院の地図でも歩道として記載されていますがなかなかの斜度。
2017年01月29日 09:54撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防火帯の頭を覗き込んでみた。国土地理院の地図でも歩道として記載されていますがなかなかの斜度。
あった!道の真ん中に!
2017年01月29日 10:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あった!道の真ん中に!
八人山経由で不老園あたりへの下山を試みます。
2017年01月29日 11:03撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八人山経由で不老園あたりへの下山を試みます。
えー、ここ行くの…。
急に踏み跡が薄くなり不安になる。
2017年01月29日 11:07撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えー、ここ行くの…。
急に踏み跡が薄くなり不安になる。
しかし進んでいくと登山道らしい場所も。
木に赤いマーカーが(登山道を示す為じゃないかもしれないけど)。
2017年01月29日 11:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし進んでいくと登山道らしい場所も。
木に赤いマーカーが(登山道を示す為じゃないかもしれないけど)。
地図で尾根をつたっていくことも分かっていたので迷いませんでした。
2017年01月29日 11:29撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図で尾根をつたっていくことも分かっていたので迷いませんでした。
道標もありました。
桜井方面下山とありましたが、どこを下ればいいのかよく分かりませんでした。
2017年01月29日 11:32撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標もありました。
桜井方面下山とありましたが、どこを下ればいいのかよく分かりませんでした。
古墳なのか住居跡なのかそれっぽい場所が。
2017年01月29日 11:47撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古墳なのか住居跡なのかそれっぽい場所が。
住居跡の雰囲気。要害山みたいな山の上に大将が住んでたりするのだからこの辺も昔は防衛の要所だったのかもしれません。
2017年01月29日 11:47撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住居跡の雰囲気。要害山みたいな山の上に大将が住んでたりするのだからこの辺も昔は防衛の要所だったのかもしれません。
八人山に到着。
さてここからが問題、どうやって降りようか。
2017年01月29日 12:07撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八人山に到着。
さてここからが問題、どうやって降りようか。
八人山の奥にマーカーがあったので不老園方面に続く登山道を期待して進んでみます。
2017年01月29日 12:11撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八人山の奥にマーカーがあったので不老園方面に続く登山道を期待して進んでみます。
登山道を期待していたら奥にもう一カ所名前のついたピークがありました…。
2017年01月29日 12:24撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を期待していたら奥にもう一カ所名前のついたピークがありました…。
しっかり二等多角点まである。
この先にマーカーは見られないこと、また不老園に続く尾根ではないことに気づきここから少し引き返しました。
2017年01月29日 12:20撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかり二等多角点まである。
この先にマーカーは見られないこと、また不老園に続く尾根ではないことに気づきここから少し引き返しました。
斜面をトラバースしつつ不老園を目指します。
自分が歩いたルートでは登山道以外も明るい樹林帯が続き藪などはほとんどありませんでした。
2017年01月29日 12:34撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面をトラバースしつつ不老園を目指します。
自分が歩いたルートでは登山道以外も明るい樹林帯が続き藪などはほとんどありませんでした。
と、高度を下げていくと古い住居跡を発見。石垣はあるのですが屋根や柱の残骸の類いは見られないことから結構古いものでしょうか。
2017年01月29日 12:36撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、高度を下げていくと古い住居跡を発見。石垣はあるのですが屋根や柱の残骸の類いは見られないことから結構古いものでしょうか。
住居跡があるなら町に降りる道跡があるかもと住居跡を伝って下っていくと工場の敷地らしきものが。
2017年01月29日 12:40撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住居跡があるなら町に降りる道跡があるかもと住居跡を伝って下っていくと工場の敷地らしきものが。
敷地まで高度差がありそうだったので東側から回り込みます。
2017年01月29日 12:43撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敷地まで高度差がありそうだったので東側から回り込みます。
急に笹藪に突入。ゴールはすぐそこのはず。
2017年01月29日 12:44撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急に笹藪に突入。ゴールはすぐそこのはず。
まもなく笹藪を抜けて敷地が見えました。
最初敷地を臨んだ場所は右手の崖の上だったようです。
無理に直進しなくて良かった…。
2017年01月29日 12:46撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく笹藪を抜けて敷地が見えました。
最初敷地を臨んだ場所は右手の崖の上だったようです。
無理に直進しなくて良かった…。
撮影機材:

感想/記録

昨日の山行で落としてしまった衣類を探しに行きました。
昨日僕の後に通った人もいないと思われ、パーカーは風で飛んでいくこともなく登山道の真ん中で待っていてくれました。

その後下山のため比較的近いと思われた八人山から不老園付近への下山を試みましたが、結果、不老園とは少し離れた所に出てしまいました。
今回下山後の予定もあったことから最短を目指して無理矢理進んだ傾向があります。
時間をかければ見通しも悪くないので歩きやすい場所を探して降りて行くことが可能だと思います。

不老園への下山にはまた今度挑戦してみようと思います。
また、伴部山(物部山?)からの下山も面白そうなのでまたの機会にやってみます。
訪問者数:616人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

山行 防火帯 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ