また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1056724 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走比良山系

赤坂山 雪たっぷり。

日程 2017年01月31日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り、小雪。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 羽島ICから木之本ICまで、高速道路はスムース。
 木之本からマキノ高原まで、ほぼ除雪されています。

 マキノ高原の駐車場はスキスキです。平日駐車料は500円です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

5:48自宅―7:34マキノ高原駐車場―8:06出発―9:42東屋10:07―11:20お地蔵さん―11:35赤坂山山頂11:44―12:56東屋13:07―14:04駐車場
コース状況/
危険箇所等
 駐車場でアイゼンを装着し、雪上車で綺麗に圧雪されたゲレンデを進みます。
 正面右手のゲレンデを登ります。ゲレンデ上部からの階段は雪で覆われています。雪は締まっていますが、トレースを外れると踏み抜きます。汗が出始めフリースを脱ぎます。
 東屋でひと休みし、朝食。アイゼンを外し、スノーシューを装着。東屋から出る時、庇で頭をゴツン。
 堰堤の手前で急な尾根に取り着きます。急登ですが、堰堤からの登りに比べれば安全です。
 先行者のスノーシューの跡を辿ります。枝が行く手を遮り、跨いだり回り込んだり踏みつけたり、厄介です。
 小雪舞い散る頂上、琵琶湖は見えますが伊吹山は見えません。ホワイトアウトではありませんが、天候が回復する気配はありません。寒風縦走は断念し、元来た道を下ります。
 尾根への道を通り過ぎてしまい、気が付いた時は堰堤への急な下りに入っていました。アイゼンの踏抜き跡が固まって、スノーシューで下るのは大変です。横向きになったり、後向きになったり、尻餅をついたり、ほうほうの体で何とか降りる事が出来ました。尾根を通るにしても、堰堤に下るにしても、ここはアイゼンが安全でしょう。
 東屋でひと休み。出る時、再び頭をゴツン。あとはスノーシューで快適に下って無事駐車場に戻りました。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

朝の駐車場、スキスキです。
2017年01月31日 07:34撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の駐車場、スキスキです。
9
最初からアイゼンを装着。
2017年01月31日 19:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初からアイゼンを装着。
18
ここを上がって、
2017年02月01日 09:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを上がって、
12
階段は雪に埋もれています。汗が出始め、フリースを脱ぎます。
2017年01月31日 19:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段は雪に埋もれています。汗が出始め、フリースを脱ぎます。
11
雪は締まっていますが、
2017年01月31日 19:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は締まっていますが、
7
少しトレースを外れると、ズボッ。
2017年01月31日 18:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しトレースを外れると、ズボッ。
20
ちょっと立ち寄りました。
2017年01月31日 19:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと立ち寄りました。
7
やっと東屋に到着。
2017年01月31日 09:42撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと東屋に到着。
10
朝食とします。
2017年01月31日 19:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食とします。
36
アイゼンをスノーシューに替えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンをスノーシューに替えます。
8
左、堰堤への道を避け、右の尾根に取り着きます。
2017年01月31日 19:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左、堰堤への道を避け、右の尾根に取り着きます。
7
気持ちの良い雪道となります。
2017年01月31日 10:53撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い雪道となります。
13
灌木が行く手を遮ります。
2017年01月31日 19:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木が行く手を遮ります。
5
お地蔵さんに手を合わせ、
2017年01月31日 18:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さんに手を合わせ、
16
山頂を目指します。
2017年01月31日 19:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を目指します。
11
週末は天気も良く、大勢の方が登られたようです。
2017年01月31日 11:31撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
週末は天気も良く、大勢の方が登られたようです。
13
頂上に到着。
2017年01月31日 19:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に到着。
19
誰もいない山頂で記念撮影。
2017年01月31日 19:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない山頂で記念撮影。
57
琵琶湖は見えますが、
2017年01月31日 19:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖は見えますが、
19
伊吹山は見えません。
2017年01月31日 19:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山は見えません。
10
日本海方面、怪しげな雲が立ち込めています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海方面、怪しげな雲が立ち込めています。
9
寒風方面、晴れることはなさそうです。ヤ〜メタッと。
2017年02月01日 10:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒風方面、晴れることはなさそうです。ヤ〜メタッと。
10
頭だけ。
2017年01月31日 19:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭だけ。
11
堰堤に降りてしまいました。
2017年01月31日 19:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤に降りてしまいました。
6
冬芽、ブナでしょうか。
2017年01月31日 12:09撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬芽、ブナでしょうか。
11
コナラでしょうか。
2017年01月31日 12:25撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コナラでしょうか。
8
芽鱗が新芽を守っています。
2017年01月31日 12:25撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芽鱗が新芽を守っています。
11
東屋でひと休み。
2017年01月31日 19:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋でひと休み。
9
無事駐車場に戻りました。
2017年01月31日 19:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事駐車場に戻りました。
8
メタセコイヤの並木です。
2017年01月31日 14:15撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メタセコイヤの並木です。
27

感想/記録
by onisan

 2度の寒波襲来で山には雪がたっぷり積もっています。寒波去り、週末から春の陽気に替わり雪も締まっていることでしょう。天気予報では曇りのち晴れ、気温も上がるようです。霧氷は期待できませんので、赤坂山から寒風への道を楽しむ事にしました。

 マキノ高原、予想通り雪はたっぷり、締まっています。アイゼン、快適ですが東屋までの道の長い事。冬の赤坂山は4回目ですが、1年ごとに長くなって行きます。東屋からはスノーシュー、これまた快適です。

 誰もいない小雪舞い散る頂上、周囲の山々を見渡します。北側には黒雲が、西側にも雲が低く垂れ込めています。天候の回復は見込めません。寒風はヤ〜メタッと。

 登って来た足跡を辿って下ります。途中、堰堤への急坂に入ってしまい、難儀、滑落寸前。こんな場所でスノーシューをアイゼンに替える事は出来ません。そのままスノーシューで悪戦苦闘、無事堰堤まで降り立つ事が出来ました。ほっ・・・、でした。
訪問者数:1500人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ