また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1057060 全員に公開 ハイキング奥武蔵

関八州見晴台〜高山不動尊、黒山三滝、顔振峠を周回〜

日程 2017年01月31日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間14分
休憩
1時間39分
合計
6時間53分
S西吾野駅08:3509:23赤坂09:2409:50高山不動09:5310:27関八州見晴台入口10:33関八州見晴台11:1911:32七曲り峠11:42花立松ノ峠11:4412:20黒山三滝12:4113:31大平山14:06顔振峠14:3215:28吾野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースの一部(高山不動尊〜花立松峠、561地点〜吾野駅)は関東ふれあいの道で、道標が多数あり、危険な個所はない。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

閑散とした西吾野駅からスタート。
2017年01月31日 08:23撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
閑散とした西吾野駅からスタート。
民家の脇を通り抜け、高山不動尊へ向かう。
2017年01月31日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の脇を通り抜け、高山不動尊へ向かう。
2
萩の平コースの杉林の急登を登る。
2017年01月31日 08:57撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萩の平コースの杉林の急登を登る。
パノラマコースとの合流点にある石地蔵。
2017年01月31日 09:25撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマコースとの合流点にある石地蔵。
高山不動尊の本堂。関東三大不動尊のひとつだけあって大きな堂だ。
2017年01月31日 09:49撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山不動尊の本堂。関東三大不動尊のひとつだけあって大きな堂だ。
3
高山不動から見た富士山と川乗山。
2017年01月31日 10:00撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山不動から見た富士山と川乗山。
1
富士山は棒ノ折山と御前山の後ろ頭を出している。
2017年01月31日 09:59撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は棒ノ折山と御前山の後ろ頭を出している。
4
奥多摩の蕎麦粒山(左)と三ッドッケ(天目山)。
2017年01月31日 10:00撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩の蕎麦粒山(左)と三ッドッケ(天目山)。
2
すぐ間近に聳える武甲山。
2017年01月31日 10:03撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ間近に聳える武甲山。
3
特異な山容の両神山。
2017年01月31日 10:03撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特異な山容の両神山。
2
関八州見晴台を目指して山道を登る。
2017年01月31日 10:27撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関八州見晴台を目指して山道を登る。
山頂は広場になっており、展望図もある。
2017年01月31日 11:03撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は広場になっており、展望図もある。
2
山頂にある高山不動尊の奥宮と東屋。
2017年01月31日 11:04撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にある高山不動尊の奥宮と東屋。
1
大山(左)から大室山(右)まで続く丹沢の山並み。
2017年01月31日 10:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山(左)から大室山(右)まで続く丹沢の山並み。
2
丹沢の東端の山々。経ヶ岳、仏果山、大山三峰山、大山、二ノ塔、三ノ塔(左から)。
2017年01月31日 10:40撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢の東端の山々。経ヶ岳、仏果山、大山三峰山、大山、二ノ塔、三ノ塔(左から)。
丹沢主脈・主稜の山々。二ノ塔、三ノ塔、丹沢三峰、丹沢山、不動ノ峰、蛭ヶ岳、檜洞丸(左から)。
2017年01月31日 10:40撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢主脈・主稜の山々。二ノ塔、三ノ塔、丹沢三峰、丹沢山、不動ノ峰、蛭ヶ岳、檜洞丸(左から)。
2
丹沢の大室山(左)と奥多摩の大岳山。
2017年01月31日 10:46撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢の大室山(左)と奥多摩の大岳山。
御前山越しに見える富士山。
2017年01月31日 11:07撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山越しに見える富士山。
2
富士山と川苔山。
2017年01月31日 10:44撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と川苔山。
蕎麦粒山(左)と三ッドッケ(天目山)。
2017年01月31日 10:44撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山(左)と三ッドッケ(天目山)。
武甲山と両神山。二つの山の間には遠く御座山が見える。
2017年01月31日 10:41撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山と両神山。二つの山の間には遠く御座山が見える。
1
幾何学的な模様に見える武甲山の採石場。
2017年01月31日 10:44撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幾何学的な模様に見える武甲山の採石場。
西武秩父線を挟んで向かいにある伊豆ヶ岳。
2017年01月31日 10:43撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西武秩父線を挟んで向かいにある伊豆ヶ岳。
3
白根山から女峰山までの日光連山。
2017年01月31日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根山から女峰山までの日光連山。
2
存在感のある男体山。その左に太郎山、右に女峰山。
2017年01月31日 10:39撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
存在感のある男体山。その左に太郎山、右に女峰山。
2
日光白根山。その左の雲があるあたりに錫ヶ岳や皇海山(?)。
2017年01月31日 10:47撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山。その左の雲があるあたりに錫ヶ岳や皇海山(?)。
2
スカイツリーと新宿の高層ビル群も見えた。
2017年01月31日 10:39撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイツリーと新宿の高層ビル群も見えた。
3
花立松峠から見た関八州見晴台。
2017年01月31日 11:43撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立松峠から見た関八州見晴台。
黒山三滝を目指して車道から山道へ下る。
2017年01月31日 11:47撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒山三滝を目指して車道から山道へ下る。
1
黒山三滝のひとつ男滝。
2017年01月31日 12:31撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒山三滝のひとつ男滝。
2
大平山に祀られている役行者像。江戸時代の末期に作られたものだという。
2017年01月31日 13:25撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山に祀られている役行者像。江戸時代の末期に作られたものだという。
2
顔振(かあぶり)峠の茶屋で休憩。顔振峠の名前は、義経と弁慶が素晴らしい展望に顔をふりふり眺めたことが由来とのこと。
2017年01月31日 14:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔振(かあぶり)峠の茶屋で休憩。顔振峠の名前は、義経と弁慶が素晴らしい展望に顔をふりふり眺めたことが由来とのこと。
2
顔振峠から見た富士山は霞んでいた。左に大室山、右に御前山を従えているように見える。
2017年01月31日 14:07撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔振峠から見た富士山は霞んでいた。左に大室山、右に御前山を従えているように見える。
大持山、子持山、武川岳、武甲山(左から)。
2017年01月31日 14:40撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持山、子持山、武川岳、武甲山(左から)。
ロマンチックな名前の風影(ふかげ)の集落。
2017年01月31日 14:42撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロマンチックな名前の風影(ふかげ)の集落。
2
木の根元のウロに六体の七福神(?)があった。
2017年01月31日 14:49撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根元のウロに六体の七福神(?)があった。
1
こちらは木の切り株の上に招き猫とフクロウ。誰が置いたのだろう?
2017年01月31日 14:50撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは木の切り株の上に招き猫とフクロウ。誰が置いたのだろう?
国道沿いの鉄工所でユニークな薪ストーブが売られていた。
2017年01月31日 15:19撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道沿いの鉄工所でユニークな薪ストーブが売られていた。
ゴールの吾野駅に到着。
2017年01月31日 15:28撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの吾野駅に到着。
3
撮影機材:

感想/記録
by ayanao

歴史のある高山不動尊や修験道の霊場の黒山三滝そして眺望の良い顔振峠を巡るコースは、車道の歩行もあるが、里山を感じさせる趣のあるコースだった。
途中立ち寄った顔振峠の平九郎茶屋のおばあさんから、店の名前は渋沢平九郎から取ったと聞きました。渋沢平九郎という名は知らなかったが、渋沢栄一の義弟(で養子)で、戊辰戦争の時に敗残してこの店に立ち寄り、その後黒山で自刃した人物だそうです。店の前の立派な顔振峠の石碑もおばあさんが自費(80万円)で建てたそうです。
思いがけず、歴史を身近に感じたハイキングだった。
訪問者数:365人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ