また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1057640 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳南稜

日程 2017年01月28日(土) 〜 2017年01月29日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候2017年1月28日(快晴)/29日(晴れのちくもりのち小雪)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コースタイム [注]

舟山十字路→青ナギ手前(テント泊)→P1.2.3.4→阿弥陀岳頂上→御小屋尾根→舟山十字路

一昨年の12月、P2で後ろ髪を引かれながら撤退した阿弥陀南陵。
それからずっと立ちはだかる岩陵P3の先が気になって仕方がなかった。

・青ナギ(テン場)へ
(舟山十字路0950→南稜取り付き1040→1100尾根→1430青ナギ手前)
今回も同じルートで青ナギへ向かう。舟山十字路でさっさとアイゼンを着け、ゲートをスルーして林道を道なりに進む。右に広河原沢が近くなり、支沢を渡ると南陵への分岐は近い。今回、堰の手前を渡渉したが堰の奥から渡るのが正解!私たちの他に1パーティ同じ方向へ進んでいる。ダブルアックスがザックに付いていたのでてっきり広河原沢アイスだろうと思ったが方向は同じ南陵のようだ。急登を20分もこなすと尾根に上がる(先行パーティは急登を上がれずアイゼンを着けていた)。雲ひとつない青空!お日様が暖かい。視界も開けて南側の稜線が見える。尾根を立場岳に向かって登っていく。ピンクテープが続いていて迷うことはない。そこそこの傾斜を登り続け傾斜が緩んでしばらく歩くと立場岳に到着。なだらかでひっそりした山頂。更に進む。立場岳を少し下ると右側が切れ落ちた青ナギチックな場所に出るが無視して進む。青ナギの少し手前の樹林帯が今晩のお宿だ。フカフカの雪を整地してテントを張る。綺麗な雪で水をたっぷり作ってからUシェフの豚しゃぶを頂いた。

・無名峰へ
(テン場0645→青ナギ0655→無名峰ピーク0750)
翌朝04:50のコールで目をさます。支度を済ませテントを畳み出発。今回は私がテント係なのでこれで登攀出来るのか少々心配。。青ナギでテント泊の1パーティ、先の樹林帯の1パーティを抜き、無名峰へと向かう。私は登攀の為にここでシューズの紐を締め直した。

・P1-P2-P3へ
(無名峰ピーク0750→P3取り付き0900)
P1-P2のトラバースはなんとなく記憶に残っている。危険箇所は無いはずだ。さてその先。リーダーは「あれ?もしかしたらP3取り付きを知らないうちに通り過ぎたかも?」というくらい上がっていく。P3取り付きへは下りながらのトラバース、と記録を読んでいたので完全に「???」状態。トレースもあるし後続パーティが来るのも確認し、ルートミスしてないよね?とドキドキしてるとP3へのトラバースが見えた。

・P3取り付きにて
(0900→?)
P3トラバースはワイヤーも張ってあり足場も悪くなく問題なく通過。取り付きには1パーティ。中間支点が埋もれて見つからずトップは苦労している様子。取り付き出だしは青氷が張っていて傾斜も急だ。後ろのパーティから「えー俺ダブルもってこなっかったよ〜登れっかなあ」という声が聞こえる。最初は風がなかったが待っている間に風が出て来てかなり寒い。待ち時間=後悔の時間(やっぱり来なきゃ良かったとかもっと着てくればよかったとか・・・)。15分くらい待っただろうか?ダブルアックスのリーダーが登攀開始(後続の私たちはシングル)。渋滞しているのかコールがない。セカンドのUちゃんがコールしても反応なし。もう登っちゃう!と言ってビレイ解除するUちゃんを制止しロープを引っ張ってみる。と、上から、引っ張るなあ!と声が。やはり渋滞中なのだ。その間、バンドの下側をトラバースしてガイドが偵察後、私たちの左をすり抜け登って行った。しばらくしてコールがありUちゃんがダック(簡易アッセンダー)をセットして登り始めるが、エイトでフィクスしている私と彼女との距離が近すぎ危ないため私が一度フィクスを外す。するとどんどんロープが引かれるではないか!ひえーっあたしのロープがなくなるっっっ!慌ててクローブでカラビナにフィクス。後ろのパーティから声が掛かる。ロープがなくなったら僕らのトップでリードしてーいいっすよ。オイオイ(^^;)…リーダーはどうやらUちゃんと私を同時登攀させたかったようだ。。

・P3_1ピッチ目
そんなこんなで時間がかかりお待たせした後ろのパーティさんごめんなさい状態で私も登り始める。ピッケルを青氷にアタックするも一度ではヒットしない。何度か打つ。アイゼンの前爪を思い切り蹴り込む。さすがアイス用なのでこちらは気持ちよく刺さる。傾斜が急なのは出だしだけであとは楽しく攀じ登り「15ー20m程上ルンゼ左側のリングボルト1個の支点」に到着。ここまで中間支点ナシ。リングボルト1個の支点に先行パーティのセカンドと私たち3人がセルフを取る。その状態を見た後続パーティはアイススクリューで支点構築。ルンゼはロート状でここから上は自由にルートを選択できるためガイドパーティは60mロープで一気に左端を詰めて行った。そしてどういう理由か上部からフリーソロでクライムダウンしてくるソロの男性がひとり。降ってくるなよっ!

・P3_2ピッチ目
リーダーからコールがあり2ピッチ目登攀開始。支点の上部は階段状アイスなのでそこを右に逃げ登る。Uちゃんが登るのを待ってるとくだんのクライムダウン男が「どんどん登ってと言ってますよ」。ホントか?下りるのに私が邪魔なだけじゃないのか?迷いながらも取り付く。10mほどどんどん登るとUちゃんがアイス箇所でフリーズしている。どんどん登った私のロープはたるたるだ。少し待ってたるたるを引いて貰ってから上がった。中間支点はぺツルがアイスの上部に1カ所、ぺツルからはルートを右に取った。ペツルから7.8m右上でリーダーはしっかりした灌木で支点を作っていた。後続パーティも同じ灌木で支点を取る。

・P3_3ピッチ目(?→P3頂上1130-1145)
支点から直上、その上を右に迂回するように上部に向かう。傾斜は緩いが灌木の枝が出ている箇所があり足が引っかかる。ツルツルは無くあっという間に次の支点へ(ここはスルーしたので支点不明)。私がトップでそのままトラバースして上に抜けなさいと指示。トラバースは安定していたので難なくP3の頭に出た。素晴らしい天気!素晴しい眺め!天狗尾根が間近に見えて大迫力だ。風は10mも無いであろう最高のコンディション。テンション上がりまくりで動画を取る。北側には阿弥陀岳頂上が見える。どこを上がって行くのか自分の目で追ってみる(ほぼ正解だった!)。

・P4(1200→)
このトラバースが今回の登攀で一番厳しかった!下は切れ落ちている。ピッケルを仕舞って通過したが、思い切り掴めるガバは無いのでアイゼンも身体もビミョーなバランスで抜けなければならない。思い切りも必要だがあまり思い切ると落ちてしまいそうだ・・2カ所目のトラバースでリーダーはロープを出してくれたが1カ所目のほうが全然悪かった。阿弥陀頂上までは傾斜はまあまあだが悪い箇所はないのでそのまま上がる。私はロープがたるたるして岩に引っかかるのでフィクスをほどいて登った。

・阿弥陀岳頂上(1240-1250)
登頂おめでとう!握手!赤岳から横岳への主領線もよく見える。感動。景色を見ながらおやつを食べたかったが、風があり寒いという事で早々に御小屋尾根を下山。

・御小屋尾根→舟山十字路(1250→1750)
下り始めは傾斜が急なので後ろ向きで下りる。でもここまででの経験でかなり余裕がでているのかルンルンと楽しい。摩利支点の梯子と鎖も難なくこなし、雪稜歩きを味わいながら下って行く。途中1カ所だけフィクスロープが張られた急斜面が凍っていて緊張したが樹林帯までの1時間の下りを楽しんだ。御小屋尾根を全て下りきるのに5時間ほど要したが、もう少し早めに足を運べば時間は節約できるだろう。舟山十字路の分岐標識は全部で3個と記憶している。人気ルートでトレースもしっかりあるので間違えることはないと思うがしっかり地図とコンパスを利用したい。心配した天気もどうにか持ってくれた。(今回、諸事情あり歩きがかなりゆっくりだったので、タイムテーブルは参考程度にm(_ _)m)
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

車窓から見える南稜の尾根
2017年01月28日 08:53撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車窓から見える南稜の尾根
1
舟山十字路から林道を歩く
2017年01月28日 09:53撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舟山十字路から林道を歩く
サクサク歩く
2017年01月28日 10:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクサク歩く
広河原沢を徒渉。この堰の上流から徒渉するのが良い
2017年01月28日 10:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原沢を徒渉。この堰の上流から徒渉するのが良い
堰の下はこんな徒渉
2017年01月28日 10:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰の下はこんな徒渉
急登を上がる。アイゼン必要。
2017年01月28日 10:48撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を上がる。アイゼン必要。
1
尾根の上の日だまりでおやつ。
2017年01月28日 11:04撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の上の日だまりでおやつ。
1
尾根をサクサク行きます
2017年01月28日 12:30撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根をサクサク行きます
1
目指す阿弥陀さま
2017年01月28日 14:33撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す阿弥陀さま
2
空が青い
2017年01月28日 14:33撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が青い
2
今回は3人用テントに3人。
あたしゃ間違えてシュラフ裏返しに使ったせいか、少々寒かった。今回は厳冬期の気温ではなかったので薄手ダウンとベストだったが、厳冬期なら厚手が必要かも。
2017年01月28日 15:12撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は3人用テントに3人。
あたしゃ間違えてシュラフ裏返しに使ったせいか、少々寒かった。今回は厳冬期の気温ではなかったので薄手ダウンとベストだったが、厳冬期なら厚手が必要かも。
1
期待してるよ、お天気!
2017年01月29日 06:46撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
期待してるよ、お天気!
1
期待してるよ、リンクス!
2017年01月29日 06:46撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
期待してるよ、リンクス!
1
ヘッデンはギリギリ不要
2017年01月29日 06:46撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッデンはギリギリ不要
青ナギ、ここまで10分ほど。
2017年01月29日 06:54撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ナギ、ここまで10分ほど。
1
岩稜がみえます。本日のルート。
2017年01月29日 06:54撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜がみえます。本日のルート。
1
絵になるなあ・・・
2017年01月29日 06:54撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絵になるなあ・・・
1
北アルプスから、南から、御岳から、全部見えました!
2017年01月29日 06:57撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスから、南から、御岳から、全部見えました!
1
無名峰に向かいます
2017年01月29日 07:35撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名峰に向かいます
1
足元こんな感じ
2017年01月29日 07:35撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元こんな感じ
1
楽しーーい!
2017年01月29日 07:35撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しーーい!
1
樹林帯を出ました!
2017年01月29日 07:48撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を出ました!
さて、ふんどしの紐締め直して出発!
2017年01月29日 07:52撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ふんどしの紐締め直して出発!
2
稜線は気持ちいいっす
2017年01月29日 08:06撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は気持ちいいっす
1
トラバースもるんるん1
2017年01月29日 08:11撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースもるんるん1
1
トラバースもるんるん2
2017年01月29日 08:11撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースもるんるん2
1
後ろを振り返るとこの景色
2017年01月29日 08:11撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろを振り返るとこの景色
1
たぶん天狗尾根
2017年01月29日 08:11撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん天狗尾根
1
こちらは進行方向
2017年01月29日 08:11撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは進行方向
1
ここにテン場ひとつ発見。ということは先行パーティがいるはずです。
2017年01月29日 08:17撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにテン場ひとつ発見。ということは先行パーティがいるはずです。
1
先を急ぎます
2017年01月29日 08:17撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を急ぎます
1
後ろを振り返って、次のパーティの位置確認。あのピークはP1?
2017年01月29日 08:18撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろを振り返って、次のパーティの位置確認。あのピークはP1?
1
これがP2のような気がする。前回敗退したのはこの先だったと思う。
2017年01月29日 08:25撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがP2のような気がする。前回敗退したのはこの先だったと思う。
1
富士山。斜めで済みません・・・
2017年01月29日 08:31撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。斜めで済みません・・・
2
草付きを上がります
2017年01月29日 08:41撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草付きを上がります
2
あたし・・・
2017年01月29日 08:41撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あたし・・・
1
あれがP3。空が紺色だ!
2017年01月29日 08:51撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれがP3。空が紺色だ!
2
このトラバースを通ってP3取り付きへ。ピョコっと飛び出た岩が目印。
2017年01月29日 08:58撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このトラバースを通ってP3取り付きへ。ピョコっと飛び出た岩が目印。
1
これが噂のワイヤー
2017年01月29日 09:04撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが噂のワイヤー
1
かっこいいオネーサンがビレイしてます。
2017年01月29日 09:04撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かっこいいオネーサンがビレイしてます。
1
取り付きは回り込んでいるので、後ろの人は上部が見えません。
ここから先はしばらく写真なし!
2017年01月29日 09:05撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きは回り込んでいるので、後ろの人は上部が見えません。
ここから先はしばらく写真なし!
1
2ピッチ目の支点。灌木で取っています。
2017年01月29日 10:57撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2ピッチ目の支点。灌木で取っています。
1
リーダーが行きます
2017年01月29日 10:57撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リーダーが行きます
1
ビレイします
2017年01月29日 10:57撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビレイします
1
後続パーティのおにいさん。陽気な方で救われました。お待たせして申し訳なかったです。
2017年01月29日 10:57撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続パーティのおにいさん。陽気な方で救われました。お待たせして申し訳なかったです。
1
富士富士富士!雲海スバラシイ!
2017年01月29日 11:32撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士富士富士!雲海スバラシイ!
2
赤岳天狗尾根
2017年01月29日 11:32撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳天狗尾根
2
阿弥陀方面、ルートを読みます。正解でした!
2017年01月29日 11:32撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀方面、ルートを読みます。正解でした!
2
後続パーティのおふたり。最後の支点と思われます。
2017年01月29日 11:33撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続パーティのおふたり。最後の支点と思われます。
1
正面の岩の右側をトラバースしてこちらに来ました
2017年01月29日 11:33撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の岩の右側をトラバースしてこちらに来ました
2
風はまあまああります
2017年01月29日 11:33撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風はまあまああります
1
しばしのスナックタイム
2017年01月29日 11:42撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばしのスナックタイム
2
お天気に恵まれたよねっ♪
2017年01月29日 11:42撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お天気に恵まれたよねっ♪
1
目指す阿弥陀さま
2017年01月29日 11:42撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す阿弥陀さま
P4トラバース!ここしょっっっぱい!
2017年01月29日 11:59撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4トラバース!ここしょっっっぱい!
しょっぱすぎてのど乾く!
2017年01月29日 11:59撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しょっぱすぎてのど乾く!
1
さて、阿弥陀さまの肩に上がりました。
2017年01月29日 12:39撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、阿弥陀さまの肩に上がりました。
1
てっぺんへ向かいます。
2017年01月29日 12:39撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てっぺんへ向かいます。
1
赤岳主領線を撮りそこねた・・
2017年01月29日 12:42撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳主領線を撮りそこねた・・
1
御小屋尾根を下山します、出だしはちょっと急です。
2017年01月29日 12:52撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋尾根を下山します、出だしはちょっと急です。
1
楽しい雪稜歩き♪
2017年01月29日 12:52撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい雪稜歩き♪
1
支利摩天通過
2017年01月29日 12:55撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支利摩天通過
2
どんどん下ります
2017年01月29日 12:58撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下ります
1
気持ちいい雪稜です
2017年01月29日 13:00撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいい雪稜です
1
少し曇って来ました。
2017年01月29日 13:00撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し曇って来ました。
1
所々氷化しています。避けられるところは避けます。
2017年01月29日 13:31撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々氷化しています。避けられるところは避けます。
後続パーティ
2017年01月29日 13:31撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続パーティ
まだ樹林帯には届きません。というか樹林帯に入りたくない。。
2017年01月29日 13:31撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ樹林帯には届きません。というか樹林帯に入りたくない。。
14:00頃樹林帯に入りました。不動清水通過。
2017年01月29日 14:58撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:00頃樹林帯に入りました。不動清水通過。
1

感想/記録







・アイス・草付き・岩の登攀、悪夢のトラバースと記憶に残る充実した山行だった。いつか師匠パーティの後続パーティとして誰かとつるべで登ってみたい(夢)。
・待ち時間は寒い。やはりベストを一枚インしても良かったかも。脚も寒かったので、今回のオーバーパンツ+デナリパンツの下に薄手のメリノでも良かった。
・気温も風も強くなく、フェイスガードは薄手のメリノで事足りた。
訪問者数:833人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ