また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1063567 全員に公開 雪山ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

青空の期待外れてモノトーンな高見山

日程 2017年02月12日(日) [日帰り]
メンバー
 kettini(CL)
 maama(記録)
天候曇り時々雪 たまに強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東名阪→名阪→針テラス→たかすみの里の駐車場
トイレあります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
16分
合計
4時間54分
Sたかすみの里09:0409:10平野登山口09:1210:10高見杉10:53杉谷・平野分岐10:5512:01高見山12:1012:53杉谷・平野分岐13:11高見杉13:1313:49平野登山口13:5013:57たかすみの里13:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありません
整備された歩きやすい登山道です
その他周辺情報たかすみ温泉
http://higashiyoshino.com/pg66.html
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン チェーンスパイク 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

針ICからナビをたよってきたら、20km手前からこんな雪深い山道を通らせられました。対向も出来ないぐらい狭い山道(-_-;)
2017年02月12日 08:19撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ICからナビをたよってきたら、20km手前からこんな雪深い山道を通らせられました。対向も出来ないぐらい狭い山道(-_-;)
2
「たかすみの里」駐車場にもこの雪の量。アイゼン装着して出発です。
2017年02月12日 09:19撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「たかすみの里」駐車場にもこの雪の量。アイゼン装着して出発です。
1
駐車場の階段を下りて、川沿いを歩いて左折(下山に撮影)ここの水はとても綺麗でした。
2017年02月12日 14:00撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の階段を下りて、川沿いを歩いて左折(下山に撮影)ここの水はとても綺麗でした。
赤い橋を渡ると左手に
2017年02月12日 09:19撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い橋を渡ると左手に
2
平野登山口があります。今日はここから出発です!
2017年02月12日 09:20撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平野登山口があります。今日はここから出発です!
長い階段が始まります。
2017年02月12日 09:41撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い階段が始まります。
7
1時間ほど登ると避難小屋と鳥居と高見杉に到着です。
2017年02月12日 10:21撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ほど登ると避難小屋と鳥居と高見杉に到着です。
1
樹齢700年だそうです。
2017年02月12日 10:20撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹齢700年だそうです。
5
この先、だんだんと勾配がきつくなっていきます。
2017年02月12日 10:20撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、だんだんと勾配がきつくなっていきます。
2
杉谷登山口との分岐までやってきました。
2017年02月12日 11:02撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉谷登山口との分岐までやってきました。
森の中は風もなくて寒くなく歩きやすい道です。
2017年02月12日 11:19撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中は風もなくて寒くなく歩きやすい道です。
2
「曇り時々晴れ」を信じてやってきたけど、青空は期待出来なそうですね(^^ゞ
2017年02月12日 11:24撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「曇り時々晴れ」を信じてやってきたけど、青空は期待出来なそうですね(^^ゞ
2
エネルギーチャージをしたら、一気に山頂を目指します。山頂手前からは風の通り道で冷たい風に吹き付けられ写真も撮れなかった・・・
2017年02月12日 11:24撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エネルギーチャージをしたら、一気に山頂を目指します。山頂手前からは風の通り道で冷たい風に吹き付けられ写真も撮れなかった・・・
4
山頂の高角神社です
神武東征で案内役を務めた八咫烏を祀っているそうです
(^人^)
2017年02月12日 12:13撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の高角神社です
神武東征で案内役を務めた八咫烏を祀っているそうです
(^人^)
9
山頂手前の避難小屋は予想通り登山者であふれかえっていましたし、山頂は寒すぎて長居できそうにないので、写真だけ撮ってすぐ下山!
2017年02月12日 12:08撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の避難小屋は予想通り登山者であふれかえっていましたし、山頂は寒すぎて長居できそうにないので、写真だけ撮ってすぐ下山!
5
霧氷が立派に育っていました!
2017年02月12日 12:16撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が立派に育っていました!
5
青空だったら、さぞ綺麗なことでしょう。
2017年02月12日 12:16撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空だったら、さぞ綺麗なことでしょう。
2
ほんとに大きな霧氷です。
2017年02月12日 12:18撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんとに大きな霧氷です。
3
人が入らないように時間待ちしてると体が冷えてきます。
2017年02月12日 12:23撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が入らないように時間待ちしてると体が冷えてきます。
1
手が冷たい(-_-;)
指の感覚がなくなってくる〜(-_-;)
2017年02月12日 12:18撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手が冷たい(-_-;)
指の感覚がなくなってくる〜(-_-;)
2
大賑わいの高見山なんですが
2017年02月12日 12:18撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大賑わいの高見山なんですが
4
この絵を見たら静まり返っているかのようですね・・
2017年02月12日 12:18撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この絵を見たら静まり返っているかのようですね・・
6
ここからノンストップで下山開始〜。時々渋滞しました。
2017年02月12日 12:30撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからノンストップで下山開始〜。時々渋滞しました。
2
高見杉まで下山してお茶を飲もうとしたら、なんと!凍っていました!
2017年02月12日 13:23撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見杉まで下山してお茶を飲もうとしたら、なんと!凍っていました!
11
撮影機材:

感想/記録
by maama

2017年の登り始めは霧氷で有名な高見山へ出かけました。
奈良県と三重県の県境にあり、台高山脈の北端に位置します。
関西のマッターホルンとも呼ばれているそうです。

昨年末に体調を崩して、久々の山歩きなので、無理をせず、様子をみながら
ぼっちらぼっちらと登ることにしました。

名阪を針ICでおりてから、ナビにまかせて進んでいたら「たかすみの里」手前20kmの地点から鋭角に狭い山道を右折するように命ぜられ・・・
スタッドレスタイヤでもあがる事が出来なかったので、とうとうチェーンを巻くことになり大幅に時間ロスをしてしまいました。
いざ通って見ればタイヤの轍が5台ほどしかなく、これはきっと他に大通りがあるに違いないと思いながら駐車場に無事到着。
ここで一句「時間ロス。ナビを信じてひと仕事」才能なしですみません(-_-;)

駐車場にはすでにたくさんの車が停まっていました。
曇り空でテンション上がらない気分でアイゼン装着していたら、まさかの雪が降ってきました(^^ゞ
今日の天気予報では「曇り時々晴れ」か「曇りのち晴れ」のつもりでやって来たんだけどな〜

登山口からは森の中に入れば雪もなくなり、風もなく、山頂直下までは寒さを感じなく歩けました。
今回は初めて登る山にもかかわらず・・天気も悪いし、私の体調も完全じゃなく最後までテンション上がらず、全く写真を撮る気もおこらず仕舞いでした。

杉谷登山口との分岐を過ぎると、途中に「乳岩」「揺岩」「息子岩」とかいろんな岩がありましたが、写真はすべてスルーして山頂に向かいました。
山頂に近づくにつれ、霧氷もだんだんと大きく立派になっています。
いつもなら写真を撮りまくるところですが、寒いし手は冷たいしで、あとまわし(-_-;)
山頂手前に避難小屋があり、その上には展望台があります。
霧氷で人気の山で日曜日なので、当然登山者で大賑わいでした。
ここは人が多すぎて写真撮れず、高角神社も人と人との隙間から1枚だけ撮影しました。
狭い山頂と避難小屋は登山客でいっぱいだろうと予想通りなので、下山してから昼食をとることにしました。
山頂付近の立派な霧氷だけ撮影したら下山開始です。
雪質とアイゼンがしっくりきて、まったく滑らずとても歩きやすい道でした。

三百名山 8/100座目  関西百名山 13/100座目
訪問者数:392人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/28
投稿数: 883
2017/2/13 19:39
 maamaさん、こんばんは♪
maamaさん、こんばんは♪
引きこもりあらため、appeさまのバースデーから精力的に登ってるedusです。

今年初めての山が真っ白とは、なんてラッキーな方だなぁと思ってました。靴につかせた御守りのおかげでしょうか?

でも、一面、真っ白ですね! 寒そう。でも、楽しそう(*´∀`)♪
今年は、予告どおり雪がたっぷりですね!
登録日: 2012/6/23
投稿数: 2651
2017/2/13 20:58
 ここは雪国?
maamaさん
こんばんは
今年初の山は真っ白な世界でしたね。
本当にここは近畿地方と思ってしまいました。
年末は今年も雪が少ないのかしらと思っておりましたが
雪害を感じる位の雪模様。
しかしスノーモンスターと思うほどの雪のつき具合感動ものですね❗
登録日: 2013/5/28
投稿数: 335
2017/2/13 22:27
 Re: maamaさん、こんばんは♪
edusさん こんばんはhappy01
最近はすっかり引きこもりを返上して、出まくりに変貌していますね
しかも遠方ばかりでフットワークが軽いじゃないですか〜
その反対に私は、しばらく引きこもっておりました(笑)
ところで
真っ白な山がラッキーとは・・どういう意味でしょう?
雪山が大好きなedusさんからの言葉として、素直に受け取っておくことにしましょ〜
でもでも、私としては青空のブルーがなかったので、気持ちもブルーになりましたdownbearing
青空リベンジにまた行きたいです
登録日: 2013/5/28
投稿数: 335
2017/2/13 22:39
 Re: ここは雪国?
kazuさん こんばんはhappy01
この霧氷で有名な高見山は三重県側からでも登れるみたいです。
今日ちょうどタイムリーにTVで放送していました。
番組では樹氷と言っていましたが、以前からどれだけ調べても
私には樹氷と霧氷の境目がわかりません(笑)
だから蔵王の樹氷以外は霧氷と呼んでいます
ここの霧氷はエビの尻尾を超えてスノーモンスター級ですねsign01sign01

今回は天気が悪かったので、とっても後ろ向きなレコになってしまいました
登録日: 2011/1/23
投稿数: 2335
2017/2/13 23:03
 文明の利器は信用ならず
maama さん こんばんは!
凄い雪ですね。霧氷の高見山が樹氷でいっぱいの信州のお山みたい。
考えようですが駐車場からこれだけの雪ならば靴もアイゼン泥んこにならず逆にさぞかしきれいになったんでは?

ところで、ナビのおかげで一苦労されたみたいですが僕はあの鈴鹿の上高地での道迷い以来、ナビとかGPSとか文明の利器を全くと言っていいくらい信用しないことにしました。信用するのは己の勘と経験のみ。多分またドツボにはまるでしょうが・・
登録日: 2013/5/28
投稿数: 335
2017/2/13 23:47
 Re: 文明の利器は信用ならず
sugi-chanさん こんばんはhappy01
そうなんですよ。雪の上ばかり歩いていたので、靴もアイゼンもキレイでした
おまけに踏み固まれた登山道はアイゼンがしっくりきて歩きやすいし
登りの階段も下山も無雪期よりも、歩きやすいのでは?と思うほどでした

実は我が家は、今の時代に乗り遅れてナビを車にとりつけてないんですよ。
基本的には下調べプラス相方の勘でして、最後の頼みの綱がスマホのナビなのです。
時々このスマホがやらかせてくれますね〜(笑)
チェーンを巻く前にもっと疑っておくべきでした!bearing

今年もお互いに体を労わりつつ、山歩きを楽しみたいものですねnote

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 避難小屋 テン 霧氷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ