また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1064092 全員に公開 山滑走谷川・武尊

高倉山(保登野沢→湯蔵山)

日程 2017年02月11日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間1分
休憩
58分
合計
6時間59分
Sスタート地点06:2709:36湯蔵山10:23高倉山11:0311:20保登野沢1000m付近11:3012:22湯蔵山12:3013:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

湯檜曽川の橋が見える
2017年02月11日 06:28撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯檜曽川の橋が見える
道がかすかにあるようだ。帰りは左手の斜面を滑ってこれた。
2017年02月11日 07:15撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道がかすかにあるようだ。帰りは左手の斜面を滑ってこれた。
1
大穴スキー場が見える
2017年02月11日 07:27撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大穴スキー場が見える
やはり道がある
2017年02月11日 08:05撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり道がある
2
ホワイトバレーの尾根との合流地点
2017年02月11日 08:24撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホワイトバレーの尾根との合流地点
1
登ってきた尾根とむこうに奥利根スキー場
2017年02月11日 09:30撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根とむこうに奥利根スキー場
1
阿能川岳と小出俣
2017年02月11日 09:43撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿能川岳と小出俣
2
山頂をみあげたとこ
2017年02月11日 10:09撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂をみあげたとこ
1
登ってきた尾根と水上の町
2017年02月11日 10:12撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根と水上の町
1
高倉山に着いた。天神平スキー場がすぐそこ
2017年02月11日 10:20撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高倉山に着いた。天神平スキー場がすぐそこ
2
お、団体さんが登ってきた
2017年02月11日 10:59撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、団体さんが登ってきた
1
南西の尾根を少し降りて、この辺から沢へ入った
2017年02月11日 11:05撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西の尾根を少し降りて、この辺から沢へ入った
湯蔵山へ登り返しながら降りてきた斜面を眺めた
2017年02月11日 11:30撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯蔵山へ登り返しながら降りてきた斜面を眺めた

感想/記録
by stya33

尾根の登り始めは新雪ふかふかだが、少し登るとガリガリの上に薄い新雪となって、この尾根下部は行きも帰りもちょっと苦労した。
あるていど上がると足首程度まで沈む新雪となって快適だった。

この辺はちょうど雪雲と晴れの境になってるようで北側の山は雲に隠れたり出てきたりしてるが南側はずっと青空が見えていた。

高倉山直下の南斜面は無木立、真っ白な急斜面だ。
南西尾根を少し降りた下には大斜面が広がっている。
そのまま沢でホワイトバレースキー場まで降りれるのかはわからないが、湯蔵山南峰へ向かう尾根を登り返すのは快適でした。
訪問者数:477人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

コル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ