また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1065100 全員に公開 雪山ハイキング六甲・摩耶・有馬

ガーデンテラスで氷華鑑賞 <天狗岩南尾根〜最高峰〜筆屋道>

日程 2017年02月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候午前中快晴 正午過ぎから曇時々雪 終日風は穏やか
山上気温 2〜5℃
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:JR摂津本山駅北口(スタバの前)BS〜 神戸市バス31系統〜 渦森台4BS
   運賃 \210
復路 : 神鉄有馬温泉〜有馬口〜谷上 →(北神急行)→地下鉄三ノ宮 \930
   JR神戸線 三ノ宮〜摂津本山 \180
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
1時間15分
合計
5時間46分
S渦森台4BS07:4507:50尾根取り付き07:5308:13第一鉄塔08:1508:51ベンチ場08:5409:16天狗岩09:2009:51六甲ガーデンテラス10:0310:18県防災無線中継局(スパイク装着)10:2310:30極楽茶屋跡11:15六甲最高峰11:2011:28一軒茶屋(昼食休憩)11:5212:27筆屋道分岐12:39瑞宝寺谷ベンチ場(スパイク外す)12:5613:13太鼓滝13:16瑞宝寺公園13:31銀の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登高合計(渦森台4〜天狗岩〜ガーデンテラス〜極楽茶屋跡〜最高峰)
 210min 3時間30分 純歩行合計 171min 2時間51分
周回合計(最高峰〜一軒茶屋)
 13分 純歩行08分
下山合計(一軒茶屋〜筆屋道分岐〜瑞宝寺公園〜銀の湯)
 99min 1時間39分 純歩行合計 82min 1時間22分

行動総計 322min 5時間22分 純歩行総計 261min 4時間21分
山行総計 346min 5時間46分

渦森台4〜天狗岩 91min 1時間31分
ガーデンテラス〜六甲最高峰 62min 1時間02分
コース状況/
危険箇所等
積雪は存外少なく、日陰を中心に10cm〜15cm程度。
凍結もなく、注意を要するのは踏み固められた圧雪箇所のみ。
下りの脚運びが上手い方なら全般にアイゼン不要とも思いましたが、
チェーンスパイク持参がマァ無難(保険ですね)。

〇天狗岩南尾根〜天狗岩
 標高500m付近から日陰に残雪あり
〇天狗岩〜ガーデンテラス〜最高峰
 縦走路全般、日陰で10~15cm程度、日向はほぼ融雪。
 但し、凍結箇所はほとんど無し。車道は通過全線ほぼ融雪。
〇最高峰〜魚屋道〜筆屋道〜瑞宝寺公園
 最高峰直下に凍結箇所あり、続く魚屋道上部は積雪5〜10cm程度。
 700m付近から下部はほぼ融雪。
 筆屋道〜瑞宝寺谷は積雪箇所ほとんど無し。
その他周辺情報言わずと知れた金泉銀泉、入浴後の飲食店にも事欠かず
有馬は本当に便利で楽しくなりました。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 半袖Tシャツ(吸汗速乾) 中厚手化繊ミドル(バラクラバ付) 厚手ソフトシェル サポートタイツ ソフトシェルパンツ 防寒帽(イヤーフラップ付) ウール+化繊混紡ソックス トレランシューズ ショートゲイター 防風グローブ 化繊綿インナー(着用せず) M社チェーンスパイク 保温水筒(500cc)

写真

朝の徒渉は気持ちイイですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の徒渉は気持ちイイですね
1
0813 第一鉄塔、小休止
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0813 第一鉄塔、小休止
ぼちぼち日陰は残雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぼちぼち日陰は残雪
1
ここまで展望がないので、思いの外の高度感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで展望がないので、思いの外の高度感。
1
平坦の繰り返し、この尾根の魅力です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦の繰り返し、この尾根の魅力です。
2
0851 やっとの思いでベンチ場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0851 やっとの思いでベンチ場
どてッとヘタりこむ。不摂生がコタえてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どてッとヘタりこむ。不摂生がコタえてます
3
おおっ、西お多福にうっすら霧氷。急がねば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ、西お多福にうっすら霧氷。急がねば
1
日陰は残雪が深くなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰は残雪が深くなってきました
2
ここを歩きたいから来てるようなもので
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを歩きたいから来てるようなもので
2
笹の残雪越しに阪神間
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の残雪越しに阪神間
1
ピーカンに映える圧雪を踏んで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーカンに映える圧雪を踏んで
2
はい、ラストぉ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、ラストぉ!
1
ワクワクの瞬間ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワクワクの瞬間ですね
2
今朝の天狗さんは・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝の天狗さんは・・
1
白帽子かぶってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白帽子かぶってました
2
油コブシに長峰、摩耶山。お馴染みの三山揃い踏み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油コブシに長峰、摩耶山。お馴染みの三山揃い踏み
3
三ノ宮の彼方には淡路から四国まで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ宮の彼方には淡路から四国まで
2
おッ、最高峰から・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おッ、最高峰から・・
1
ガーデンテラスがまだ白い。800mから上は・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガーデンテラスがまだ白い。800mから上は・・
2
霧氷が生き残ってる。こりゃホンマに急がねば・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が生き残ってる。こりゃホンマに急がねば・・
3
盛り上がって参りましたよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盛り上がって参りましたよ
2
テラス直下はこんな感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラス直下はこんな感じ
1
0951 ガーデンテラス。ほぼ期待通りの様相ですが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0951 ガーデンテラス。ほぼ期待通りの様相ですが・・
4
あと1時間、早起きしときゃ良かった(後悔先に立たず)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと1時間、早起きしときゃ良かった(後悔先に立たず)
2
お馴染みのリースも雪に映えて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みのリースも雪に映えて
6
眩しい陽光に・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眩しい陽光に・・
4
煌めく氷華。これを見に来たわけで・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煌めく氷華。これを見に来たわけで・・
4
雪の「見晴らしの塔」三態
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の「見晴らしの塔」三態
2
青空がバックなら・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空がバックなら・・
10
ひときわ映えますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひときわ映えますね
3
誰もいない貸し切り状態
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない貸し切り状態
4
霧氷越しの阪神間と
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷越しの阪神間と
2
天狗岩の向こうにポーアイ、六アイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩の向こうにポーアイ、六アイ
3
いや、ため息もんです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや、ため息もんです
7
本日のベストショット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のベストショット
8
恒例のつららは40cm級
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恒例のつららは40cm級
2
「六甲枝垂れ」うっすら白化粧
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「六甲枝垂れ」うっすら白化粧
2
ポストもカンカチコ(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポストもカンカチコ(笑)
2
1018 県防災無線中継局P899
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1018 県防災無線中継局P899
2
ここからの下りがコワいので
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの下りがコワいので
1
いったん「保険」のスパイクを着ける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん「保険」のスパイクを着ける
3
高まる期待に焦りまくる足どり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高まる期待に焦りまくる足どり
2
このあたりから日向でも残雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから日向でも残雪
1
氷華爛漫の最高峰。イイですねぇ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷華爛漫の最高峰。イイですねぇ
3
ここまで来れば全部モフモフ状態
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来れば全部モフモフ状態
2
好きな道標で小休止して・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
好きな道標で小休止して・・
1
ナマった脚にはキツい最後の難関
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナマった脚にはキツい最後の難関
1
私称「まだでっか坂」を越えて・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私称「まだでっか坂」を越えて・・
1
ヤレヤレ、これで一段落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤレヤレ、これで一段落
2
1115 最高峰。
しばらく来ない間に、標柱のバックが伐り開かれてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1115 最高峰。
しばらく来ない間に、標柱のバックが伐り開かれてます
6
おかげで新鮮な眺め、最高峰から見る石の宝殿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかげで新鮮な眺め、最高峰から見る石の宝殿。
1
六甲でこれだけ見られれば上等でしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲でこれだけ見られれば上等でしょう
5
霧氷の向こうに主稜線。見慣れた景色が一変してます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷の向こうに主稜線。見慣れた景色が一変してます
5
1128 価値ある500円なり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1128 価値ある500円なり
5
スパイク付け直し、ボチボチ行きますか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スパイク付け直し、ボチボチ行きますか
1
凍結箇所はここだけでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結箇所はここだけでした
1
魚屋道、こんな感じは序盤のみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚屋道、こんな感じは序盤のみ
1
相変わらず通行者は少ない感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず通行者は少ない感じ
1
1239 スパイク外して一服
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1239 スパイク外して一服
2
もちろん谷道を一目散
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん谷道を一目散
1
「また来るよ〜」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「また来るよ〜」
3
1331 愉しい六甲縦断、これにて終了
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1331 愉しい六甲縦断、これにて終了
2
一杯ヤってたら、いつの間にやら温泉街はボタン雪。風情がありますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯ヤってたら、いつの間にやら温泉街はボタン雪。風情がありますね
7

感想/記録
by notung

往路のバス車窓から白い主稜線を視認。一気に昂まる期待と焦り。
「こりゃ急がなアカンぞ」これが六甲ハイカー特有の「業」ですが(苦笑)
長らくの体調不良と不摂生でナマッた脚が、云うことを聞いてくれません。
・・・ところどころヘタり込みながら、辿り着いた天狗岩。
いつ来ても素晴らしい眺望に励まされ、何とかペースを取り戻す。

オメアテのガーデンテラスで久々にたっぷりと氷華鑑賞。
展望所は、ほぼ誰もいない貸し切り状態、ニコニコご満悦。
ところが、そのあと最高峰まで、シャリバテ気味のスローペースが祟り、
だいぶ融けてしまったのが残念でした。
そんなこんなで、久々のスノーハイクを満喫できた一日。
晴天と生き残ってくれた霧氷に感謝。
訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ